マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 喜劇「十二夜」で兄妹2役
音月桂、演じ分ける男と女

2015年3月18日更新
写真:音月桂=大阪市北区、滝沢美穂子撮影 音月桂=大阪市北区、滝沢美穂子撮影

 【朝日新聞紙面より】この場面は男? それとも女? 宝塚歌劇団の元トップスター音月桂(おとづきけい)がシェークスピアの喜劇「十二夜」に主演する。双子の兄妹2役をどう演じ分けるか。退団後初めての大阪の舞台が楽しみだ。

 船が遭難して離ればなれになった双子の兄セバスチャンと妹ヴァイオラを軸に、勘違いが勘違いを生んで恋愛喜劇を巻き起こす。ヴァイオラは護身のため、兄の服に身を包んで男装するからややこしい。2・5役を演じるようだ。

 「気持ちは忙しい。でも、せりふに乗ると自然に女になったり男になったり。ぐちゃぐちゃにならないのが不思議です」。シェークスピアのせりふの魔術だろう。その自在な言葉を、どうかみ砕いて伝えるか。「歌うように。メロディーが届けばいいな」

続き(有料部分)を読む

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>