マイコンテンツ

ここから本文エリア

読者の声 読者の声 2015年5月分

2015年5月25日更新

★スターファイル掲載記事への感想など(5月到着分より)

■【公演評】「The Beginning」 新たなステージへと進んだ凰稀と客席が一体となる

 凰稀かなめさんコンサートの記事ありがとうございます。地方に住み家庭がありという状態で東京大阪でのコンサートにはなかなか参加することがむずかしい状況です。なのでこのような記事はファンにとってとても有難いです。楽しそうなコンサートの様子が伝わりぜひ機会があれば観に行きたいと思いました。それから凰稀かなめさんのサイン当たりました。ありがとうございました。<希望>なかなか生の舞台を観に行くことができませんので今後もたくさんの舞台の公演評の記事をお願いします。(けーこさん)

■【インタビュー】「DOWNTOWN FOLLIES Vol.10」共演 玉野和紀×吉野圭吾、キャリアを積んだ役者だからできる

 10年目迎えるのですね。私は機会がなかったのか、まだ見ていないのです。今回が初めての観劇となります。玉野さんや吉野さんは違う舞台で拝見していますが、ご一緒の舞台、どうなるのか、とても楽しみにしています。クラブセブンも吉野さんがいらっしゃらなくて、とても後悔しました。ベテラン勢が活躍する舞台、期待していますので、ぜひ頑張ってください。<希望>雑誌などに載らない内容を掲載していて、とても嬉しいです。スターではなくて、スターの卵の登場も期待しています。(エルママ)

 吉野さんと玉野さんの作品に対する熱意がよくわかり、ダウンタウンフォーリーズがますます楽しみになりました。<希望>吉野圭吾さんの舞台が大好きなので、また是非圭吾さんの記事を載せて戴けたら嬉しいです。(けんけん)

 「CLUB SEVEN」でお二人を観て、大好きになりました。お二人の出会いを知らなかったので今回の記事を読めてよかったです。玉野さんが吉野さんを本当に信頼しているのだと伝わりました。「ダウンタウン・フォーリーズ」は知らなかったのですが、今回観に行ってみたいなとこの記事を読み感じました。<希望>劇団四季などの俳優さんも記事にしてほしいなって思いました。(rem)

 大好きなDTFを取り上げて頂きとても嬉しいです。日本にも「こんなステキなショーがあったのか」と思わせてくれます。力のある役者さんならではの舞台!観劇日が楽しみです。<希望>中村勘九郎・七之助兄弟も取り上げて欲しい。(岡山のくま)

 お二人の仲の良さや信頼感が伝わってきてほっこりしました。実力者揃いの作品がますます楽しみになりました。<希望>役者さん方の貴重な素の姿が垣間見れてとても楽しいです。これからも期待しております!(ANZU)

 玉野さんと圭吾さんがどのようにして出会ったのか知らなかったので、特に興味ある記事でした。(じゅんこ)

 ぜひ、公演が観たいですが、東京は遠くてなかなか行けないので、名古屋でも開催していただきたいです。(ばろ)

 ダウンタウン・フォーリーズと CLUB SEVEN を 比較した内容が掲載されていて、あらめてこの2種類のショーを見てみたいと思った。人生経験と様々な舞台経験を活かした皆さんが作る不条理の世界と、かかんに自分の限界に挑戦していくかのような熱い若者らが千穐楽までにぐんぐん成長していく様が見られる舞台、今後も見続けたいです。(りぼん)

 面白かったです。 2人の長年の信頼関係がよく分かり、今年もまた楽しみになりました。<希望>楽しい記事をお待ちしてます。(あひる)

 1人ではなく、影響のありそうな二人のトークは魅力があります。 今後もぜひ!!色々な組み合わせでのトークが見たいです。<希望>吉野圭吾さんと、東山義久さん。とか(めい)

■【インタビュー】「嵐が丘」出演 山本耕史、重いテーマだけどきらきらさせたい

 こんなに素敵な写真をアップしてくださるとは思いもよりませんでした!記事もしっかり楽しませて頂きました。ありがとうございます。(チビガブ)

 もう3回観劇しました。記事を読んでさすが、山本さんらしいコメントだと思いました。俳優という枠では収まらない、エンターティナーですね。(ruーru)

 記事を読む前から気になっていた舞台でしたが、山本さんのインタビュー記事を読んで、とても観に行きたくなり、昨日舞台を観てきました。とても素敵な舞台でした。(波瑠)

 山本耕史さんの演技には何回見ても心が動かされます。舞台を見るときは今度は何を見せてくれるのだろうと期待していきます。そして期待以上のものに出会えます。<希望>伊勢谷友介さんの素顔を見せてください。俳優とそれ以外の顔と。(ginchan08)

 2月に東京でメンフィスを観劇し、この嵐が丘もとても観たかったのですが頻繁に上京できないため我慢しております・・・ますます行きたくなっております・・・。(だだちゃ)

 山本耕史さんについて気になっていた、知りたいと思っていたことが書かれていて、びっくりするほどでした。読めて良かったです。(さくら)

 山本耕史さんの、役者としての生き様が、沢山語られていて、とても面白かったです。写真もどれも素敵です。<希望>今後も是非、山本耕史さんの特集をお願いします!(クマノミ)

 色んな作品で山本さんを拝見してますが、今回の記事を読み、考え方が素晴らしいなって思いました。こんな風に力を入れ過ぎないで物事を考えられるようになりたいです。嵐が丘は大好きな作品なので、是非観に行こうと思います。<希望>色々な俳優さんを幅広く記事にして下さるので毎回楽しみにしています。(フェリシア)

 公演は未見ですが、山本ヒースクリフの原作を超えた愛の形が楽しみになりました。舞台の嵐が丘の世界に早く浸りたいです。既に衣装写真を拝見してワクワクしています。

 今までとは違った切り口でのインタビューが新鮮でもあり、それに応える山本耕史くんのクレバーさが際立つ、読み応えのある内容でした。合わせて写真も素敵でした。自然な表情がよかったです!(アキコ)

 読み応えありました。内容的には大体知っていることでしたが、山本さんの俳優として個人としての遍歴がインタビューと共にうまくまとめられて良かったです。写真も素敵!(ひm)

 山本さんのファンです。!出演される舞台を拝見して、山本さんの存在感は、動の時も静の時も山本さんにしかないものだと思います。今回は弾けるミュージカルではありませんが楽しみにしています。(まめ)

 岩村さん、素敵な記事をありがとうございました。聞いてみたいことを質問いただいたお陰で、山本耕史さんの魅力が一層引き出されたインタビューでした。おのれナポレオンやロックオペラモーツァルトまで含めた記述、軽やかでいながら舞台ではその力を最大限発揮するところがかっこいいと伝えていただいことに感謝です。耕史さんの舞台役者としての生き方をくっきり浮かび上がらせていた文章がとても良かったです。<希望>どの役者さんもそれまで演じてきた舞台歴や作品というのはとても重要だと思います。今回のようにインタビュアーの方が舞台に詳しい方ですと読み応えが違ってくると思います。それぞれの役者さんのファンのためにもぜひインタビュアーの方はいろいろ観劇されている方をお願いします。(さちかげ)

 とても読み応えのあるインタビューでしたが、役者としての山本耕史さんの姿勢がよく分かり一気に読ませていただきました。 ますます今度の舞台<嵐が丘>が楽しみになりました。

 まだ、全文読めていません。有料部分も後程読ませていただきます。山本さんの、決して難しくないのに、彼独特の言葉の選び方が好きです。その言葉、ニュアンスをきちんと汲み取っていただいたであろう今回の記事、非常に読みごたえがありそうで、今から続きが楽しみです。(nakapi)

 演技に対しての真摯さが伝わってくる記事でした。今までの記事でなかったことも 新たな一面が見れたみたいで興味深かったです。

 以前山本さんの役が憑依した様なお芝居に惹き込まれました。役により目が変わる感じがします。(あや)

 聞き手がちゃんと相手の別作品も観てインタビューされているので読み応えがあり、大変良かったです。(かちゃみ)

 とても内容が深くて読み応えのあるインタビューでした。舞台の観劇から足が遠のいていた私が、再び劇場に足を運ぶきっかけを作ってくれたのが山本さんの演技でした。山本さんの演技は押し付けがましくなく自然で、観ている側にすっと役の心情が伝わってきて、それが抜け感からくるものだったのかと記事を読んで納得させられました。確立しているものはやらない、レ・ミゼラブルの話も面白かったです。確かに山本さんの出演している作品は日本では確立していない作品が多いし、そんな山本さんの舞台だから観る側も新たな発見があって楽しい。嵐が丘を重々しいテーマだけど、きらきらしている素敵だなと思う作品にしたいという山本さん。文学的な作品なだけにお客さんとの距離を取るような作品にはしたくない、という言葉にエンターテインメントに徹する山本さんの気持ちが伝わってきて、嵐が丘の観劇が益々楽しみになりました。岩村美佳さん素晴らしいインタビューでした。有り難うございました。<希望>地方在住なので、有料であれネットで手軽に記事が読めるのは有難いです。写真も豊富でしたし。東京版の夕刊等のインタビューなどもネットで見られると嬉しいです。(いつも取り寄せて読んだりしていますので。)(MO)

 とても山本耕史さんのファンです、嵐が丘は少女の頃に本を読みました、今はおぼろげに頭の片隅に残っています、とても素敵な舞台になる事でしょう、またDVDが出る事を望みます。(コウジ命)

 記事を拝見して「嵐が丘」がますます楽しみになりました!ロックオペラモーツァルトの役のお話がとても興味深かたったです。(milanda)

 「生きる」という表現者を感じることにワクワクするようになってしまって、その終着が「山本耕史」だったという気がしています。彼の言葉は本当に無理がなくて面白い!!(green lofto)

 6年前からファンです。おかげでそれまで縁のなかった舞台を見始め、出演作品以外も見るようになりました。新感線とか出て欲しいなとかいろいろ思っていましたけどダメかぁ。でも山本さんがどこへ向かおうと、どこまでもついていって、行く末を見届けるつもりです。どんな所へどこまで連れて行ってくれるのか、楽しみです。(いとまき)

 ここまで深いインタビューを掲載いただき、スターファイルさんに感謝です!山本さんの舞台は本当に沢山の方に観ていただきたい。心からそう思います。舞台というものはどんなに上手く演じていても、その役者さんの舞台に対する姿勢や情熱が出てしまうと、常々思っています。その意味で山本耕史さんは決して観客を裏切らない。共演者も巻き込んで、最高の作品世界に観客を連れて行ってくれます。「嵐が丘」本当に楽しみです!(penguin)

 インタビューされた方が山本耕史さんの舞台もちゃんと観劇されていて、深いところまで聞いていただいたところが嬉しかったです。今度の舞台のこともいろんな視点から聞いていただいてさらに楽しみになりました。<希望>これからも年齢を経ていく過程を楽しみにしています。よろしくお願いします。(赤い鳥)

 山本さんの記事を読むために会員になりましたが、期待を裏切らない、内容の濃い素敵なインタビューでした。いつもはこれから始まる作品についてのインタビューがほとんどなので今回2年前の大好きなモーツアルトのお話がきけたのは、うれしかったです。ありがとうございました。(さらら)

 舞台での役柄についていつも熱く語ってくださっている山本さん、記事が丁寧で写真沢山あるのがいいですね。 有料となると躊躇してしまう面もあります。

 山本耕史さんのインタビューは、いつも真摯に答えられとても好感が持てる。演技に対する考え方も昔からぶれず、観客を楽しませる事をいつも意識している。山本さんの演じる役は、その第一声を発した時からそこにいる。本当に素晴らしい役者さんです。

 毎回、新しい一面を見せてくれる山本耕史さんの舞台が大好きです。勿論映像も素敵ですが、舞台に立っている山本さんは本当に輝いていて、観客の心を鷲掴みです。今回の嵐が丘もどんなヒースクリフを見せてくれるのか楽しみです。(チコ)

 抜け感、軽やかとの表現を読んで腑に落ちました。山本さんは緩急軽重のバランスが絶妙だから、観客は自然に劇の中に引きこ込まれ思うままに翻弄される。泣いたり笑ったり時には打ちのめされたり。もう一度観たい何度でも観たいとチケットを買い足す魔力があります。(りょうじん)

 山本さんの役者観、及び人生観が感じられるインタビューで刺激的でした。最後のインタビュアーさんの感想も、山本さんの正直な人柄が表現されていて興味深かったです。(スローハンド)

 山本耕史さんが作品についてどのように思っているのか、詳しく知ることができてとても良かったです。観劇しにいくのでとても気持ちが高まりました。(抹茶)

 益々役者として年季が入ってきた山本さんらしい役づくりをされていることがよくわかりました。嵐が丘楽しみにしています。(minmi)

 岩村さんが書かれた山本さん出演作の劇評2つを拝見しています。今回のは初めてのインタビューでしょうか。初めての方が訊かれる方が、慣れている方の様な訊き方をされないので、内容が充実しているように思います。山本さんは聞けば何でも、たくさんの言葉で話してくれるように思いますので。(kiwi)

 山本耕史さんの舞台は欠かさず観ています。どの舞台も「今回が最高」と、思わせてくれる。期待しかありません。(にゃんこ)

 内容も人もとても幅広くインタビューされているので、色々知れたり、その人に興味を持ったり出来、とても楽しく拝見しています。(のり)

 最近山本さんのファンになりました!いつも素敵な演技で、今度の舞台もたのしみにしてます。(みきみきみっきー)

 以前から山本耕史さんが大好きで、今度公演する「嵐が丘」もとても気になっていたので、記事を読めてとても嬉しかったです。<希望>朝日新聞は購読しているのですが、スターファイルの存在は今までよくわからなかったので、今回知ることができて良かったです。購読してみたいと思いました。(ののか)

 山本耕史さんの舞台に対する姿勢がいつも一貫していて感心します。 嵐が丘、観に行くのがますます楽しみなりました。(Ayse)

 山本さんのインタビューを待っていました。とても読みごたえがあって良かったです。

■【インタビュー】坂東玉三郎演出「アマテラス」 小田洋介×愛音羽麗、成功祈願を終え、思いを語る

 見に行きたくなりましたが出産直後なので我慢して記事を見て楽しみます(ヤンヤン)

■【インタビュー】「シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~」出演 良知真次、芝居も歌もダンスも…だからミュージカル

 スリルミーを観てから、良知くんのファンになりました。今回、ダブルキャストに対しての気持ちを知る事ができてよかったです。良知くんは、色んな役をこなしているので本当に今後も活躍に期待しています。<希望>出版物にしてほしいです。絶対に買います。(レイレイ)

 平素軽々とやっているようにみえることにきちんとした努力がある、それを感じさせる記事でいいなと思いました。<希望>浦井健治さんの登場お待ちしてます。(だだちゃ)

 紹介記事や写真が盛りだくさんで嬉しいです。<希望>小西遼生さんの記事を是非お願いします。(ふぶき)

 舞台の宣伝のみではなく、当人の事も触れていて面白かった。(ニャンコママ)

 良知さんのインタビュー記事には、彼のお仕事に対する真摯な姿勢が表れていてとても嬉しく拝読しました。写真もどれもすごく綺麗で見応えあります。ありがとうございました。

 赤と黒。エドガーの役どころは謎が深まる一方ですが、作品を観るのがますます楽しみになりました。

 これから舞台を観劇するのに辺りインタビューの記事を読み一層楽しみに観劇を待ちどおしいです。<希望>これから一層沢山の舞台俳優さんのインタビューをより沢山載せてください。(ジブリ)

 良知さんの為人や演技に対する考え方を伺える、こういったインタビュー記事があまりないので、すごく興味深く読ませていただきました。とても面白かったし、記事の真似をするようですが(笑)ますます良知真次さんという役者さんに興味が湧きました。ありがとうございました!

 こ担当者様 この度は、良知真次さんを取り上げて頂き誠にありがとうございました。今回のシャーロックホームズの事だけでなくこの世界に入る以前のお話も伺えとても読み応えがあり良知さんのファンの私にはとても楽しい記事でした。<希望>正直、今回はじめて拝見させて頂きました。他の記事も読ませて頂き、良知さん以外の俳優さんやミュージカルに興味がわく内容も多くこまめに拝見させていただきたいと思います(みさとぅ)

 赤と黒で最終的な色がどうなるかなど、表現が私には思い付かないかんじだったのでとても関心をもてました!<希望>インタビューを受けてる時の写真もあればみていて楽しいのではと思いました!(さえ)

 なんでもこなす良知さん。この記事を読んで、次の作品に対して頑張っているんだなと分かりました。絶対、観に行きます<希望>本にして出版して欲しいです。(mirai)

 「シャーロック ホームズ2」Wキャスト両方とも行きます!めっちゃ楽しみ!(コヨーテ)

 宝塚BOYSのお芝居で良知さんのファンになり、今まで出演作はほぼ観ていますが、今回初めて知ったどんな子供時代だったのかとか、役へのアプローチ法など全編とても興味深い内容で感動して涙が溢れました。<希望>良知さんのインタビューがまたあったら嬉しいです。(アヒル)

 初めて拝見しました。舞台から遠く離れた地でネット上のお知らせに指をくわえている状態でしたが、スターの皆さんが一つ一つの舞台にのせる想いに少しでも近づけるような気持ちで、これからは拝見させて頂きます!<希望>舞台の様子が分かる写真を、可能なものだけでも載せてもらえるとありがたいです。(まめこ)

 良知さんの舞台はまだ2回しか観たことがないですが、その確かな演技力や華麗なダンスなど、巾の広さに驚いていたので、仕事に対する考え方について知ることが出来てよかったです。<希望>是非、小西さんと良知さんの対談もお願いいたします。今回の公演の後がいいかな~、スリルミー共演後のそれぞれの活動についてと、今回のWキャストの役作りの違いや共通点についてのお話を伺いたいです。(もも08)

 良知さんをインタビューしてくださり、ありがとうございます。数少ないメディアにたくさんの写真も載せて頂き本当に嬉しいです。(うさこ)

 中々雑誌に載らないミュージカル俳優さんの長いインタビューを有難く拝見させて頂いてます。<希望>共演者の対談も拝見したいです。(れい)

 どんなエドガーが観れるのか楽しみです。(チキンカツ)

 ロミオ&ジュリエットで初めて見て以来、良知くんのファンです。芸能界に入って紆余曲折あったのでしょうが、とても素敵な俳優さんになられたと思います。小西遼生さんとはまた違ったエドガーを拝見出来るのを楽しみにしています。<希望>Wキャストの2人の対談(小西遼生さんと良知真次さん、浦井健治さんと柿澤勇人さん)を読んでみたい。(ToMaTo)

 歌にダンスにお芝居に…となんでもこなす良知さんのファンになって、まだ数か月で、まだまだ知らないことがたくさんあるので、今回の小中学校時代や過去作品のお話嬉しいです。もともとミュージカルが好きなのですが、ますますシャーロック・ホームズ2楽しみになりました。(なみこ)