マイコンテンツ

ここから本文エリア

スターファイル・フォトギャラリー

「天翔ける風に」

 ロシアの文豪・ドストエフスキーの「罪と罰」を幕末に舞台を移し、大胆に翻案した野田秀樹演出の「贋作・罪と罰」。主人公を女性志士に改変したこの戯曲に着想を得た謝珠栄が、セリフの妙味を活かしつつミュージカル化したのが「天翔ける風に」だ。2001年の初演以来再演を重ねてきた本作が、4年ぶりにキャストを一新して登場。現在、東京・シアタークリエにて6月25日まで上演中、次いで大阪・梅田芸術劇場「シアター・ドラマシティ」にて6月29日〜30日まで上演される。[記事詳細]

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。次々とめくって見ることもできます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

   

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ