マイコンテンツ

ここから本文エリア

スターファイル・フォトギャラリー

「堀内元バレエUSA IV」

 ジョージ・バランシンに認められ、ニューヨーク・シティ・バレエ団に入団、東洋人として初のプリンシパルになった堀内元。彼は現在、セントルイス・バレエの芸術監督を務める。彼のことはバレエファンなら誰でも知っているが、4年前までは彼の振付作品や踊りを日本で観る機会はほとんどなかった。そんななか、4年前に兵庫県立芸術文化センターのオリジナル企画として「堀内元バレエUSA」という公演が誕生、以後、毎年夏に行われている。そこに今年は、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルとして長年活躍してきた吉田都がゲストとして加わった。[記事詳細]

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。次々とめくって見ることもできます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

 

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ