マイコンテンツ

ここから本文エリア

スターファイル・フォトギャラリー

「エニシング・ゴーズ」

 幕が上がるとそこは船上。舞台上が甲板で、船のてっぺんにオーケストラがいる。オーバーチュアの演奏が始まると、指揮者、塩田明弘のリズミカルな背中の動きに思わず目がいってしまう。塩田にうまく乗せられて、客席からも自然と手拍子が沸き起こる。コール・ポーターの心地よい音楽とともに、しょっぱなからノリノリな幕開きとなったのは、7日に帝国劇場で開幕したミュージカル「エニシング・ゴーズ」だ。日本でも1989年に大地真央主演で初演されて以来、何度か再演されている人気の作品だが、今回は演出を山田和也が担当し、キャストも一新しての久々の再演となる。[記事詳細]

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。次々とめくって見ることもできます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

写真

写真

写真

写真

 

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ