マイコンテンツ

ジャズストリート

ジャズ英語を読み解こう

ドナルド・バードの『レースに行こう(Off To The Races)』

(2010/12/24)

ドナルド・バードの『レースに行こう(Off To The Races)』

●自動車レースの歴史

自動車によるレースの歴史は古く、まだ自動車そのものが黎明期で蒸気自動車も走っていた19世紀後半には早くもヨーロッパで始まっていました。メルセデスやプジョー、ルノーなどといった現在まで続くヨーロッパの有名自動車メーカーはその頃すでに存在しており、レースにも積極的に参加していました。彼らはそれによって、エンジンや車体に関する技術を追求するとともに知名度もアップさせ、世界的な自動車メーカーへと成長していったのでした。

ここから先は購読者のみご覧いただけます
 
ジャズストリート
販売終了
 

プロフィール

吉井誠一郎:1967年東京生まれ。音楽評論家、翻訳家。1980年代末に交換留学生としてアメリカの大学に留学。多数のジャズ関連書の執筆に参加する一方、アメリカ文学の翻訳に携わった経験も持つ。
 

バックナンバー

  • ドナルド・バードの『レースに行こう(Off To The Races)』
  • ハービー・ハンコックの『未来の衝撃(Future Shock)』
  • ウェザー・リポートの『嵐(Heavy Weather)』
  • カーティス・フラーの『ブルースの小品(Blues-Ette)』
  • デューク・エリントンの『黒、茶色、そしてベージュ(Black, Brown and Beige)』
  • リー・モーガンの『コーンブレッド』
  • チャールズ・ミンガスの『ティファナの気分(TIJUANA MOODS)』
  • ウェス・モンゴメリーの『大入り満員(フルハウス)』
  • アルカーナの『深遠なる証の箱(ジ・アーク・オブ・ザ・テスティモニー)』
  • ポール・チェンバースの「宮廷内音楽(チェンバース・ミュージック)」
  • パット・メセニーとチャーリー・ヘイデンの『ミズーリの空高く』
  • ジョニー・グリフィンの『ザ・ケリー・ダンサーズ』
  • マイルス・デイヴィスの『ひっそりと、静かに(イン・ア・サイレント・ウェイ)』
  • マイルス・デイヴィスの『ちょっと憂鬱』
  • デューク・エリントンの『エリントン・アップタウン』
  • ジョー・ヘンダーソンの『飲んだくれの人生(ラッシュ・ライフ)』
  • リー・モーガンの『ヨコバイガラガラヘビ(ザ・サイドワインダー)』
  • マッコイ・タイナーの「このマッコイって奴は、本物だぜ(ザ・リアル・マッコイ)」
  • ホレス・シルヴァーの『6枚の銀貨(6・ピーシズ・オブ・シルヴァー)』
  • マイルス・デイヴィスの『魔女の鉄鍋(ビッチェズ・ブリュー)』
  • ディジー・ガレスピーの『やっぱり(ショー・ナフ)』
  • マイルス・デイヴィスの『何マイルも先に行っている(マイルス・アヘッド)』
  • オリヴァー・ネルソンの『ブルースとその真理』
  • オラシオ・エルナンデスの『イタリア+キューバ=イタルバ』
  • ディジー・ガレスピーの『やったな!(マンテカ)』
  • キャノンボール・アダレイの『わかるだろ?(ノウ・ホワット・アイ・ミーン)』
  • ソニー・クラークの『ダイヤルSを廻せ!(ダイヤル・S・フォー・ソニー)』
  • ソニー・クラークの『ソニーの小部屋(ソニーズ・クリブ)』
  • デューク・ジョーダンの『ヨルダン便(フライト・トゥ・ジョーダン)』
  • ハービー・ハンコックの『極楽の島々(エンピリアン・アイルズ)』
 

このページのトップに戻る