マイコンテンツ

宝塚プレシャス

男役の行方〜正塚晴彦の全作品

IV−1『二人だけの戦場』
  男と女の絆:平和への道程

(2007.11.27)
二人だけの戦場
雪組公演 1994年1月 宝塚バウホール
主な配役
ティエリー・シンクレア…一路真輝
ライラ…花總まり
クリフォード・テリジェン…轟悠
シュトロゼック…汝鳥伶
ハウザー大佐…古代みず希
アルヴァ…和央ようか
クェイド大佐…泉つかさ
ノヴァロ・ジョクレア…矢吹翔 ほか
作曲・編曲:高橋城
振付:謝珠栄
装置:大橋泰弘
衣装:任田幾英
照明:沢田祐二

 バウホール第7作、1994年雪組『二人だけの戦場』は、架空の国を舞台にしているが、当時世界の注目を集めていたユーゴスラビア紛争を下敷きにしているのは間違いない。

 この紛争は幾つもの民族が入り乱れ、複雑な様相の下に戦われた。善対悪という単純な図式では割り切れず、舞台化には独自の切り口が必要になる。恐らくそのせいもあって、この戦争をモチーフにする日本の劇作品は少なかったが、正塚晴彦は明確な視点を持っていた。

 第2次大戦後チトー大統領の下に成立した旧ユーゴスラビアはバルカン半島の6つの共和国と2つの自治州から成る連邦国である。しかし21世紀を待たず、スロベニア、クロアチア、マケドニア、ボスニア・ヘルツェゴビナの4つの共和国が連邦から独立し、旧ユーゴの中核だったセルビア共和国は、残るモンテネグロ共和国と共に、新ユーゴ連邦を作った。2つの自治州は旧・新ユーゴ両方で、セルビアの国内にある。さらに、作品上演後のことになるが、新ユーゴ連邦もまた、セルビアとモンテネグロの2つの共和国に分裂してしまう。

 旧ユーゴ崩壊・解体のこの長いプロセスが、ひと口にユーゴ紛争と呼ばれるものである。

 作品上演の時点では、ボスニア・ヘルツェゴビナの独立を巡る熾烈な紛争が進行していた。

       ★        ★       ★

 舞台は、一路真輝元陸軍少尉ティエリー・シンクレアが、ある作家のインタビューに答えて、自分の半生を振り返るところから始まる。後に星組のトップになる安蘭けい作家を演じていた。

 シンクレアには、陸軍士官学校の同期卒業生、轟悠クリフォード・テリジェンという親友がいた。すると『二人だけの戦場』という題名は、戦場における男同士の連帯を語っているかのようである。しかしインタビューは意外な方向へそれていく。

 「思えばすべては徒労だったような気がする。結局軍とは力であり……私の理想は幻だったのかもしれない。今でも思い出さない日はないよ。けれどもすべては遠い、遠い、空しい戦いだった」

 このせりふにかぶせるように裁判長の声が聞こえてきて、舞台はシンクレア少尉を裁く軍事法廷の場になる。起訴事実は上官殺害である。

 彼は士官学校を首席で卒業したため、「参謀本部でも国防省でも好きなところへ行けただろうに」といわれながら、人の行きたがらない辺境の自治州の基地を志願し、そこで上官殺害を犯した。そのいきさつが劇中劇の形で演じられる。

 ユーゴ紛争に当てはめると、シンクレアはセルビア人であろう。彼は初め旧ユーゴ連邦軍に属し、旧ユーゴ崩壊後に新ユーゴ連邦軍の法廷で罪を問われている。

 この作品は全体として三重構造を形作っている。インタビューの中に過去の法廷があり、法廷の中で、さらにそれ以前に起きた上官殺害の経緯が再現される。

 法廷に立って被告の罪を鋭く追及する風早優の検事に対し、弁護人を引き受けてくれたのは、ほかならぬ親友のテリジェンである。士官学校の同期卒業生のうち、彼だけがシンクレアと同じ基地に赴任して、一部始終を見ていた。

 上官殺害は本来銃殺刑に処せられるが、判決は死一等を減じて、終身刑を宣告した。親友テリジェンの真情あふれる弁護が大きく物を言ったが、そこには同時に、旧ユーゴから新ユーゴへという情勢の変化が投影されている。

 テリジェンの役割は主人公のよき理解者ということである。この役割は法廷でこそ遺憾なく発揮される。戦場で主人公が経験したのは、独自の内面的なドラマだった。

               ★        ★       ★

 旧ユーゴ崩壊の根本的原因は民族の多様性にある。民族の区分は自然人類学的差異よりも、むしろ歴史的文化的違いによって生まれるが、古くから東西の勢力がせめぎ合うバルカン半島は、そこが複雑にからみ合っている。

 この地は第1次大戦までは、オスマン帝国とオーストリア・ハンガリー帝国の分割統治下にあり、旧ユーゴは2つの帝国の辺境にまたがる形で生まれた。

 ユーゴ紛争の中で最も早く独立したスロベニアは、元はオーストリア・ハンガリー帝国の版図である。宝塚の観客は後に『エリザベート』で、この帝国の多民族性と、それに伴う帝国崩壊の予兆を、最後の皇后エリザベートの死において、つぶさに眺めることになる。

 『二人だけの戦場』は、歴史的にはその後日談に当たり、上演史としては『エリザベート』に先立って、同じように多民族国家の落日の中で、主人公がどのように自分の生き方を尋ねたかを描いている。

 新任士官シンクレアが赴任したルコスタ自治州は、民族自決の気運がひときわ強かった。彼がここを選んだのもまたそのためで、軍人としての自分をためそうと考えていた。

 旧ユーゴから最初に独立したのはスロベニアなので、ルコスタ自治州とはスロベニアのことであろうか。あるいは自治州という設定からすると、コソボ自治州がモデルかもしれない。ここはセルビア国内にありながら、アルバニア人が多数住んでいる。

 コソボ自治州の独立志向こそが、ユーゴ紛争の発端をなしていた。セルビアのミロシェビッチ大統領がこれを強権で弾圧したために、逆に民族自決の勢いは、連邦を構成する各共和国に燎原の火のように広がっていく。しかも紛争の最終段階が再び振り出しに戻ったのは、記憶に生々しい。やはり作品上演後のことになるが、1999年にはNATO(北大西洋条約機構)が、コソボ自治州に対するセルビアの軍事行動を停止させるために、首都ベオグラードに空爆を加えた。

 舞台が設定するルコスタ自治州という架空の地域は、こうした現実の個々のケースを踏まえつつ、1つの象徴的な意味を担っているのであろう。

               ★        ★       ★

 新任士官シンクレアは、赴任早々基地駐屯軍の内部が、ハト派とタカ派に割れているのを知る。ハト派は基地司令官古代みず希ハウザー大佐である。古代は二枚目系の明るい芸風の持ち主で、ここでもそれがよく生かされていた。タカ派は副司令官泉つかさクェイド少佐は体格に優れ迫力があり、役の上でも力の信奉者である。住民の独立運動を弾圧しようとするが、司令官の制止で辛うじて思いとどまっている。

 基地内にはもう1つ、新任士官シンクレアに反感を持つ邪悪な古参兵グループがいた。ボスは矢吹翔ノヴァロ・ジョクレアである。矢吹の低いざらざらした声は、喧嘩を売られた者をぞっとさせずにはおかない。

 古参兵の反感は深い根を持っていた。シンクレアが陸軍士官学校の卒業式を終えて街にくり出した時、ジョクレア伍長のグループに出会う。彼らが民間人の兄妹―和央ようかアルヴァ花總まりライラ―に暴力を振るっているのを見て、これを制止すると、かえって反抗的な態度を示すので、憲兵隊に連絡した。その結果伍長らは降格のうえ、この辺境の基地に送られてきた。そこで因縁の再会になる。

 ハト派の基地司令官は、自治州議会の議長汝鳥伶シュトロゼックと親しかった。立場は違うが、流血を避けたいとする同じ思いを抱いている。

 シンクレア少尉は、司令官のお供をして議長宅を訪問して、再びライラと出会う。アルヴァライラ兄妹は議長の子供たちで、ダンスの名手である。少尉と初めて出会った時は、故郷を離れて各地を巡業しているところだった。

 新任少尉異国の娘は再会を機に愛し合うようになる。

 その一方で自治州と基地の間には緊張が高まり、基地は襲撃される。

 基地の襲撃がアルヴァライラ兄妹の帰郷と重なり合うので、基地ではアルヴァに疑いをかけて捜すが所在がつかめない。彼はひそかにシンクレア少尉に会いにくる。

 アルヴァは基地が疑っているようなテロリストとは違う。流血を嫌う父の議長と共に、テロをやめさせようとしたが、かえって過激派に命を狙われ、巡業の旅は身を隠すためだった。

 その旅先でシンクレアに助けられたので、恩返しに、情勢を教えにきたのである。民衆のエネルギーは沸騰点に達している。父の議長ももはやこの勢いを押さえることは不可能だ。独立宣言は避けられない。民衆は最後の一人まで戦うつもりだから、基地は窮地に陥るであろう。

 そう説明した後で彼は遠回しに脱走を勧める。

 「あんたが逃げれば妹は喜ぶ」

 「俺が逃げるっていうのか」

 「その気がないんなら仕方がない。もっともあんたが逃げるって言やあ、軽蔑してたかもしれないがな」

 事態はアルヴァが語ったとおりになり、基地は武装した民衆に包囲される。連邦中央政府は軍隊を送ろうとするが、州境で立ち往生してしまう。うっかり越境すれば、今は他国への侵略という国際問題を引き起こすからである。

 ハト派の司令官は包囲されたまま動かない。タカ派の副司令官は総攻撃に出ることを主張する。基地と民兵の間に戦闘が始まれば、中央政府に将兵救出という絶好の口実を与えることができる。自治州側もそのことを知っていて、攻撃を仕掛けてこない。

 副司令官は参謀本部とひそかに連絡を取り、邪悪な古参兵たちを味方につけ、司令官に銃を向けて、解任・逮捕しようとする。シンクレアはとっさに副司令官を撃った。その結果戦争は回避され、外国の承認も相次ぎ、連邦政府は基地駐屯軍に撤退命令を出さざるを得なくなった。自治州の独立は揺ぎないものになる。しかしシンクレアライラは生き別れになった。

               ★        ★       ★

 終身刑の囚人として、いま中年にさしかかったシンクレアが、作家の質問に自分の半生をこのように語り終えた時、親友テリジェンが面会に訪れて報告する。かつて連邦中央政府が置かれていた共和国と、独立をとげた自治州との間に国交が樹立されたのを機会に、シンクレアが特赦されることになった。

 親友のかたわらには夢にも忘れたことのないライラその人が立っている。

 上官殺害から15年、裁判から10年たっていた。事件と裁判の間の5年間、シンクレアは各地の前線で戦い続けていた。

               ★        ★       ★

 ユーゴ紛争は旧ユーゴという国の自己同一性の崩壊の過程である。

 連邦軍のありかたがそのことを端的に物語っている。

 中央政府の派遣する連邦軍が国境で立ち往生したのは、自治州の独立によって、連邦軍の概念そのものが意味を失ってしまったからである。

 自治州の独立宣言は、連邦という制度に対する上官殺害に当たるであろう。新しい展望はこのような非常手段によってしか切り開かれなかった。

 かつて連邦中央政府が置かれていた共和国と、独立を成しとげたかつての自治州との国交樹立。シンクレアの特赦。2つが同時に行われたのは当然である。モラルの枠組みが一変してしまったのだ。

 ここでは1国の運命と1人の軍人の自己同一性の行方が重ね合わされている。演出家の明確な視点とはこのことにほかならない。

 シンクレアの行為は軍人の論理から民衆の論理への転換だった。この転換をもたらしたのは女性ライラの存在である。

 『二人だけの戦場』という題名の「二人」とは、戦友同士の連帯を語っているように見えて、実は恋人同士を指し、「戦場」とは銃弾の飛び交う場所ではなく、男と女の愛の絆のことである。

 政治と軍隊のモラルがいくら変わっても、男と女の絆は変わることがない。それが平和への道程だった。

               ★        ★       ★

 次回は『WANTED』(94年月組 宝塚バウホール)

(天野道映)

バックナンバー

「男役の行方〜正塚晴彦の全作品」について

 宝塚の男役の姿は時代とともに変化していく。演出家正塚晴彦に注目するのは変化の方向を見定めるためである。彼の描く男役は他の演出家の男役とは少し違う。この独特の性格がどういうもので、どのようにして生まれ育ったか。それを知るために演出家のデビュー作以来の全作品を見直してみようと思う。


このページのトップに戻る