マイコンテンツ

宝塚プレシャス

タカラヅカ★列伝

久世星佳さん ― 淡泊で粘り強い人

(2007.3.1)
 宝塚を退団して、各分野で活躍をするスターのなかで、もっとも幅広い女優としての顔を見せているのは久世星佳だろう。蜷川幸雄のシェイクスピアや帝劇のミュージカル、そして小劇場演劇が生んだ、たとえば鈴木裕美や鈴木勝秀といった才能との仕事も多い。それもそのはず、久世星佳の名を知らしめたのは、正塚晴彦と組んで生みだした『BLUFF』や『WANTED!』といった、バウホール芝居の傑作だったのだから。 (取材・文:榊原和子/写真:吉原朱美)
 
久世星佳

 くぜ せいか。女優。元宝塚歌劇団月組主演男役。東京都出身。
 83年、宝塚歌劇団入団。96年、月組主演。
 宝塚在団中の主な作品に「グランドホテル」(93年)、「風とともに去りぬ」(94年)、「ミー・アンド・マイ・ガール」(95年)、「銀ちゃんの恋」「CAN−CAN」「チェーザレ・ボルジア」(96年)ほか。97年「バロンの末裔(まつえい)」を最後に退団。
 退団後はストレートプレイを中心にさまざまな演出家の作品に出演。主な作品にTPT公演「署名人/マッチ売りの少女」(97年)、「ロマンチック・コメディ」「リチャード3世」(98年)、「マレーネ」「ニジンスキー」(99年)、「グリークス」「OUT」(00年)、「観客席」「欲望という名の電車」(01年)「モーツァルト!」(02年)、「KASANE」(04年)、「円生と志ん生」「ドレッサー」(05年)、「プライベート・ライヴズ」(06年)ほか多数。
 07年3月に「グッドラック、ハリウッド」に出演。

  普段はグダグダ!?

―― 女優さんになってから、今年でちょうど10年ですね。
 そうなんですよ。男役10年といいますから、女優になって10年目にはなんとかなっているかなと思っていたのですが、まだまだですね。何か進歩したかというと、何も進歩してない感じです。

 宝塚の男役10年は、型が身に付くということで、目に見える部分もあるんですけど、女に生まれてきて女優をするということは、逆に目に見えないから、ずっと続けていくしかないんだなと思います。
―― でも女優としての久世さんは、すごく幅広い役柄を演じて、フィールドも広い。
 自分のなかでは、ある程度背丈もあったりするので、なんとなくカチッとした役どころばかり多いなという思いがあって、もうちょっと崩れた役どころとかゆるい役にも、幅を広げていきたいなと思っているんです。
 桐野夏生さんの小説『OUT』を舞台化した雅子役をやってから、いまだにそのイメージが強く残ってることもあって、もうちょっと役柄のフィールドが広がればいいなと思っているんですが。
―― 雅子は、まさに久世さんというイメージで、素顔もあんなふうにすごく意志が強い人だろうなと思いました。
 そう見られがちなんですが、そうでもないんですよ。
 普段の私は、最低限、ここだけは譲れないというのはもちろんあるのですが、どちらかというとフラフラのグタグダなんです(笑)。人に言われるとすぐ「ああいいよ」ってなるし、目的もはっきりしてないほうなんです。役柄も、自分はこだわってなくて、執着心は意外とないし、女優としても、最終的に自分で思ってる方向にたどりついていればいいかな、くらいなんですよ。
―― でも、役柄のチョイスはされているのでは? 久世さんの選ぶ基本というのはなんですか?
 チョイスも実はなくて、たとえばお話をいただいたものは、1本目はやってみようかなと思うんです。とりあえず1回目はきちんとなんでもトライしてみる。やらないとわからないことが多いですから。
―― 今の話は意外なんですが、でも確かに淡泊にも見えるし、その実、粘り強い人にも見える。
 性格的には淡泊だと思います。喜怒哀楽があまり激しくないんです。そういう人間的な感情の欠けてるところがあるから、こういう仕事をやって、役や作品に、自分の足りないところを教えられたり補ってもらったりしているのかなと思います。
 他人の人生を生きることによって、自分とは違う感情だったり、実は自分のなかにあったものに気づかされたりする。
 私は普段がサボり魔なので、役を演じることで自分の内部が刺激されているんだと思うんです。だからこの仕事を続けていられるんだなと。
―― 無理してないんですね。だから着実にここまで結果を残して来た。
 ときとして面倒くさくなったり嫌いになったりすることもあるんですが(笑)、自分は演じることや、自分と違う人になることが好きなんだろうなと思いますね。

 私は中学を卒業してすぐ宝塚に入ったのですが、それは学校に厭きて続かなかったからで、家族には宝塚も絶対続かないと思われていたんです。それが意外とがんばれたし。今も、仕事の話をいただいて、始める前はしんどいなとか思っていても、深いところではやっぱり一番好きだし、毎回、一生懸命になってしまうんです。

  TPTがスタート

―― 10年で20作以上、舞台に出ていらっしゃるんですが、ご自分で印象的な作品は?
久世星佳さん
 最初のころに、TPTの作品によく出していただいてたのが印象的ですね。あの劇場では、麻実れいさんの舞台などを拝見して、いつも憧れていたので、すごく嬉しかったです。バウホールがもともと好きでしたから、客席が近い劇場を恐いと思わないし。TPTは空間も内容も憧れでした。

 それから演出家のボブさん(ロバート・アラン・アッカーマン)や、『マッチ売りの少女』のジョン・クローリーさんに会えたりと、いいかたたちに出会えたのもよかったです。でもやっている時は余裕がないから、今ならもっといろいろな発見があるだろうなと思ったり。それはきりがないんですけどね。
―― TPTもあれば帝劇ミュージカルもあるし、若手から蜷川さんまでとか、演出家もジャンルも、本当に多岐に及んでますね。
 自分でも意識せずにきたんですが、そういう意味で毎回環境の違うところで勉強させていただいた10年間という感じですね。
―― ご自分で、女優として大きな意味のあった作品は?
 『欲望という名の電車』の、とくに再演はすごく楽しかったですね。初演はただ一生懸命にやって終わったという感じでしたが、再演は1回経験してる安心感と、世代の近い役者さんが多くて気負わずにできたというので、私の中では一番楽しく舞台に立てた公演でした。すごく無防備でいられたんです。
―― ステラ役も意外と似合っていて、ああいう母性的な女性が似合う面があるんだなと。
 いえいえ、篠井英介さんがブランチだったからこそ成立した役で、普通の女優さんがブランチだったらありえなかったと思います。
 普通は来ないだろうなという役をやらせていただいて、古田新太さんや田中哲史さん、それに私という同年代グループを、篠井さんが見守ってくださっているという現場で、だから気負わずに自由にいられた作品でした。
―― これからやりたい役、女優であるならやってみたい役というのはありますか?
 あるんです。でも生意気に思われそうで(笑)。いつかその役をできる女優になりたいなと思ってるんですが、やはり秘密にしておきます。
 それから唐十郎さんのものとかも、興味あるんですよ。寺山修司さんの『さよならの城』をやらせていただいて、言葉が綺麗だし意外と宝塚と近い世界で、唐さんの世界はどうなんだろうと思っていて。その他にも、清水邦夫さんや近松物、もちろん翻訳劇もやっていきたい。いろいろ興味は尽きないんです。

後編では、「宝塚は私の庭?」「『愛してる』なんて言えない」「衣装部さんに誉められた理想の体型」など、宝塚歌劇団時代のお話を伺いました。動画メッセージもお楽しみに!

ちょっとほろ苦い人間ドラマ

グッドラック、ハリウッド
期間・場所:
・2007年3月2日(金)から18日(日)/新宿・紀伊國屋サザンシアター
・2007年3月27日(火)/福岡・メルパルクホールFUKUOKA
・2007年3月30日(金)/ 兵庫・兵庫県立芸術文化センター中ホール
・2007年4月1日(日)/名古屋・中日劇場

作:リー・カルチェイム
翻訳:小田島恒志
演出:山田和也
出演:長塚京三、久世星佳、筒井道隆
※詳しくは⇒公演情報へ

 3月2日から始まる『グッドラック、ハリウッド』は、3人芝居で、リー・カルチェイムというアメリカの脚本家が、有名なビリー・ワイルダー監督をモデルに書いた作品です。

 私の役のメアリーは、長塚京三さん扮する往年の名監督のボビー・ラッセルのもとで働き、女性としては不器用だけど仕事は有能で、彼の世話をするのに生き甲斐を感じている人なんです。

 メアリーは監督を好きなんですが、ボビーはちょっと偏屈な監督ですから、あまり“おんなおんな”した助手だと、おまえはもういらないと言われそうで。ですから、そのへんは抑えて、イメージでは、長方形のなかに薄いピンクのハートが見えたらいいかなと。押して押してというのではなく、好きという雰囲気だけ出していきたいなと思っています。

 長塚さんは、お稽古中からボビーそのものです。筒井道隆さんはデニスという新進脚本家なんですが、彼がやると普通の役者さんが演技しそうなところも、フッという力の抜けた面白さがあって見入ってしまいます。2人が演じる往年の名監督と新進脚本家という関係の中で、時代が変わっていくことにボビーが気づいていく。そのボビーを暗いほうにいかないように元気づけたい、人生には他にもやることがあるじゃないですかと伝えたいのがメアリーで、その思いをうまく見せていきたいですね。

 ハリウッドという、もはや憧れの世界というところではなくなっている、そういう世界の裏側や、昔の映画界に生きていた人間と新しい勢いのある世代との、ちょっとほろ苦い人間ドラマという部分を、きっと楽しんでいただけると思います。


バックナンバー

宝塚インタビュー

宝塚ZoomIn!

注目の公演・話題の舞台に臨む宝塚スター、演出家の素顔に迫る!

スターNow!

舞台やライブで活躍中のスターの“いま・この瞬間”を、5つのQUESTIONで探る。

タカラヅカ★列伝

退団後もますます輝きを増す宝塚スターにインタビュー。当時のお話や、退団後の活動を聞く。

スペシャル

話題作を手がけた宝塚歌劇団演出家へのインタビューなど、従来のコーナーにおさまらない特別インタビューをお届けします。


このページのトップに戻る