【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

スポーツ
朝日新聞社

〈耕論〉パ・リーグが強い理由

初出:2011年7月16日
WEB新書発売:2011年7月29日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 パ・リーグが強い。若く、たくましく、しかもイケメンの選手たちがグラウンド狭しと駆け回る。「人気のセ、実力のパ」も今は昔。ついにパ・リーグの黄金時代が到来した。どうやって強くなったのか。

◇好投手生む環境、セに勝る

福岡ソフトバンクホークス投手・和田毅さん

◇球団収入を上げ戦力充実

帝京大教授・大坪正則さん

◇松坂が実績、高卒選手育む

スポーツライター・小関順二さん


好投手生む環境、セに勝る

福岡ソフトバンクホークス投手・和田毅さん


 ゲームの勝敗や内容は投手によって左右されます。パには、力のある投手がそろっているという印象を受けます。
 個人的には、打者についてもパの方がパワーのある選手が多いと感じます。打者が、投手によって鍛えられる面があるかもしれない。いい投手がいれば、打者は打ち崩そうと必死になる。打たれた側も、打者の弱点を研究して次は抑えようとする。その切磋琢磨(せっさたくま)がお互いのレベルを上げることになります。
 わずかな差ですが、低めのコースへの制球力もパの投手の方がいいと思います。長打力がある打者には、低めに集めることが大事。仮に打たれてもヒットで済む。僕自身、10年はそこを強く意識して、リーグ最多の17勝の成績につながりました。
 パには、投手を鍛える要素が他にも・・・

このページのトップに戻る