【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

文化・芸能
朝日新聞社

〈争論〉シネコンは映画を滅ぼすか

初出:2011年7月1日
WEB新書発売:2011年8月12日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

〈争論〉シネコンは映画を滅ぼすか
 シネコンの普及が映画界を劇的に変えている。古くて汚いイメージは今は昔。快適な座席で前の人の座高も気にならない。手軽に映画を楽しめるようになり、観客が戻ってきた。一方で、アート映画離れが進んでいるというミニシアターの悲鳴も聞こえてくる。

◇市場が広がり邦画を強くする

映画ジャーナリスト 斉藤守彦さん


◇ブロイラーのような作品生む

映画評論家 寺脇研さん


市場が広がり邦画を強くする

映画ジャーナリスト 斉藤守彦さん


 ここ数年で、東京のミニシアターが相次いで閉館しました。映画文化の衰退だと言われていますが、営業努力の足りないところが閉館しただけのことです。営利事業ですから、観客が来なくなったら仕方がない。「赤字になっても営業しろ」とは言えません。
 映画興行は、作品によって当たり外れが極端に大きい。いわばギャンブルです。シネコンは10本程度の異なる作品を同時期に上映することで、リスクを回避しようとの発想から生まれました。これだけたくさん上映するんだから、一つは当たるだろう・・・

このページのトップに戻る