社会・メディア
朝日新聞社

東電テレビ会議記録が暴き出したもの

初出:朝日新聞2012年9月5日
WEB新書発売:2012年9月14日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京電力はなぜ、炉心溶融と水素爆発を防げなかったのか。大量の放射性物質が飛散するなか、テレビ会議記録に映し出された映像には、東京本店の理不尽な要求や問いかけに混乱する事故現場の姿があった。過酷事故への備えを怠り、打つ手もなく時間を空費し、被害を拡大させた事故直後の数日間を徹底検証。隠されていた真実が明らかになる。

◇13日午後。「自衛隊に頼みパネル吹っ飛ばせば」
◇「バッテリーはある?」「ない」「今、手配してる」
◇14日夜。「全員退避は何時」「ベントができれば」
◇「態勢表だして」「発電機の受け渡しは」
◇「ガンガン聞かれてもさ」
◇部分開示の49時間分を検証、60万字に
 ・2・3号機溶融、防げたはず
 ・東電に原発任せられぬ
 ・人命かかる対応、議論を


13日午後。「自衛隊に頼みパネル吹っ飛ばせば」

 原発暴走中と思えぬ緩慢な対応。戦略性のない物資補給。現場への理不尽な要求。東京電力が開示した福島第一原発事故のテレビ会議記録から見えたのは、失策を重ね、事態を悪化させる、人災の断面だった。(肩書は当時)

 ――「燃料が露出してからしばらく時間経ってますので、炉心溶融となっている可能性があります」。1号機が爆発した翌日の2011年3月13日、東電は最大限注意する必要があった3号機の炉水位の低下を見逃した。


 炉心溶融を防げなかった原因の一つが、圧力容器に水を送り込む高圧注水装置(HPCI)の停止に気づくのが遅れたことだった。
 「えっと、それから変わったことがあったので連絡しますけど、3号機。HPCIがですね、2時44分にですね、いったん停止しました」――。後の調べで実際の時刻は3月13日午前2時42分とされている。吉田昌郎(よしだまさお)所長の停止の報告は3時52分で1時間10分も遅れた。
 原子炉の圧力が5倍以上に上がり、消火ポンプでは水が押し返されて注水できなくなっていた。ホウ酸水注入装置が高圧注水装置に代わるものと期待されたが、電源ケーブルが破損して使えなくなっていた。
 注水には原子炉格納容器の圧力を下げる排気作業、ベントが必要だった。しかし、午前5時23分、福島第一原発から「すみません、すみません、吉田さん。弁を(開けるために)至急、ボンベを換えてあげなきゃいけないんで、これ30分ぐらいかかる」と、ベントが遅れるという報告があった。作業はずれ込み、ベント弁を開けられたのは炉心溶融の報告の約30分後だった。
 さらに圧力容器の蒸気を抜いて圧力を下げる主蒸気逃し安全弁(SR弁)を開き、消防車による注水に成功したとき、時計は午前9時20分を回っていた。

 ――午前9時42分、吉田所長は燃料損傷を念頭に3号機の水素爆発の心配を口にした。以降、テレビ会議で水素爆発対策が延々と話し合われた。良い案は出ず、3月13日はほぼ丸1日が無駄に過ぎた。

 「(3号機でも)1号機のようなこと、爆発などが起こる可能性があると思っているので、例えば(開ければ水素を逃がせる)ブローアウトパネルを開けるなどの対策を考えること、こういう指示がきております」。原子力安全・保安院から指示がきた。
 しかし、午後1時36分、それは難しいと判断した。
 「ブローアウトパネルを開けるとか色々考えましたけども、物理的にあるいは安全上の問題から難しい」
 「上の方からヘリコプターで来て、突き破らせる、そちらの方も選択する余地もあるかと思います」「荒唐無稽だけど、自衛隊に頼んでさ、火器でパネルを吹っ飛ばしてもらえば」――。午後2時45分以降は、本店でも福島第一原発でも、言いっぱなしの意見が飛び交うだけになった。
 3月13日の夕方から夜にかけては、ガソリンや水の不足も深刻になり、物資の確保に議論が移った。
 午後10時40分以降の話題の中心は計画停電だった。
 「政府の関係各省とか、それからいろんなとこからですね、自分のところはとにかく外してくれっていう要望がものすごく来てます。それに応えてるとですね、せっかく計画停電しようとしていた量がすべてなくなってしまいます。安易にまずOKは絶対に言わないでください・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

東電テレビ会議記録が暴き出したもの
216円(税込)

東京電力はなぜ、炉心溶融と水素爆発を防げなかったのか。大量の放射性物質が飛散するなか、テレビ会議記録に映し出された映像には、東京本店の理不尽な要求や問いかけに混乱する事故現場の姿があった。過酷事故への備えを怠り、打つ手もなく時間を空費し、被害を拡大させた事故直後の数日間を徹底検証。隠されていた真実が明らかになる。[掲載]朝日新聞(2012年9月5日、10900字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る