【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

教育・子育て
朝日新聞社

カイシャ化する大学 学長はセールスマン、授業は外注、最高学府はどこへ行く

初出:2014年6月29日〜7月1日
WEB新書発売:2014年7月11日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「理事長のもとに、固く結束し……献身的に職務に精励します」。京都市の平安女学院大学の事務室の朝は、約40人の職員の唱和で始まる。経営コンサルタントから転身した理事長のもと、経営危機から立ち直った業績は、全国から注目されている。教職員組合の反発を抑え、給与を平均3割以上カットし、人事権を教授会から理事会に移行したことが、立て直しのカギになった。同大学は、全国で同じように進む大学の変貌の一つの例に過ぎない。政府主導のガバナンス改革で、大学運営に企業経営的手法の導入が進められて久しい。同じように改革が進む韓国や英国、米国の動向を踏まえながら、功罪相半ばする大学改革の実情に迫った。

◇第1章 学長、まるで社長 海外回り拠点設置
◇第2章 権限集約、攻める学長
◇第3章 「餅は餅屋」授業を外注
◇第4章 コンサル、改善策を伝授
◇第5章 職員、教授に教え方指南


第1章 学長、まるで社長 海外回り拠点設置

 海外進出に乗り出す社長のようだった。2014年6月19日、ミャンマーの首都ネピドーの教育省。名古屋大学の浜口道成総長(63)は切り出した。「政府の幹部のみなさんを博士課程に受け入れたい。そのための拠点をつくりたい」。相手の教育大臣は「我が国にも大きな助けになる」とうなずいた。
 聴衆に訴えかける名司会者でもある。ヤンゴン大学に名大が設置した日本法律研究センターの1周年記念行事では、軽妙なトークで笑いを誘いながら、名大が誇るノーベル物理学賞受賞者の益川敏英・特別教授との対談を盛り上げた。
 がん専門医の浜口総長が医学部長を経て総長に就いたのは2009年。すぐに「世界の名大」をめざす改革を打ち出した。18カ国を訪れ、約100の大学と研究や留学の協定を結んだ。
 「産業界はアジアで生きていける人材を求めているのに、大学は欧米を向いてきた。それを変えたかった」。秋には、モンゴル、カンボジア、ベトナムに博士課程の拠点を置き、教員も送り込む。「国内では東大や京大ほど注目されないが、アジアでは違う」
 学内では「急に計画が出てきて振り回されている」との声もあるが、調整と説明を重ねながら改革を進める手腕を文部科学省幹部は「戦略的なビジョンを持ち、学内外を巻き込むのがうまい」と評価する。
 学長のリーダーシップ強化は、国と財界の悲願だ。少子化や国際競争の時代に「大学力は国力そのもの。変わらなければ、日本も地盤沈下する」(下村博文・文科相)との危機感がある。世界で渡りあえる人材を養成するには、従来のやり方を改める迅速な判断が必要だとして、学長の権限を強める改正学校教育法が14年6月20日に成立したばかりだ。
 だが学長主導は、時に教員の激しい反発に遭う。・・・

このページのトップに戻る