社会・メディア
朝日新聞社

スマホ犯罪で人生終わった? 子供を守るウェブレンジャー

初出:朝日新聞2015年10月22日〜10月31日
WEB新書発売:2015年11月12日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「高校の制服が届いた! 着てみよう! 顔は隠して、位置情報も無効にして……これなら投稿してもいいよね!?」――特に何も起こらなかった。でも日本のどこかで「女子高校生 制服 届いた」というキーワードで検索してこの写真が性の対象になっているかもしれない……。警察庁が2015年10月に発表した統計では、ネットで見知らぬ人と交流できる「コミュニティーサイト」の利用から事件に巻き込まれた18歳未満は、2015年1月〜6月で796人と、上半期としては過去最多になった。激化するスマホトラブルから子供たちをどう守ればいいのか? 中高生・高専生を対象としたグーグル「ウェブレンジャープログラム」に入賞した中高生の姿から、子どもとネットとのつきあい方に迫ります。

◇第1章 スマホでダメにさせない
◇第2章 暴力的な動画見ている子も
◇第3章 一番身近なワンクリック詐欺
◇第4章 知らないうちに…画像拡散の恐怖
◇第5章 危険性、小学生こそ知って欲しい
◇第6章 スマホ持たせる?分かれた意見
◇第7章 親も教師も、子から教わろう


第1章 スマホでダメにさせない

 【問い】スマートフォンを渋谷駅のハチ公前で落としてしまった。どうしよう……
 (1)携帯キャリアに電話して指示を仰ぐ。
 (2)SNSを使って捜索に協力してもらう。
 (2)に進むと、こんなストーリーが展開される。

 ツイッターで「【拡散希望】ハチ公前でスマホを落としてしまいました! 黄色いクマさんのカバーをしています! 見かけた方、教えてくれるとうれしいです!」と流した。しばらくすると「スマホを見つけました! ハチ公前で待ってます!」という書き込みが来た。行ってみると、優しいお兄さんがいて無事に戻った。でも、実は、戻ったスマホから写真が(こっそり)盗み取られていた――。
 ネット上のこのゲーム「人生ゲーム ネットで生きる」(http://life.nextlav.xyz/)を作ったのは、埼玉県と北海道の高校生3人組だ。29の設問が準備され、ゲーム感覚で解き進めながら、インターネットやスマホを利用する上での「落とし穴」を学べる仕組みになっている。
 「ニュースサイトをみていると、ネットの使い方が問題で人生をダメにしている人が多いので、『人生ゲーム』で楽しく伝えようと思いました」と、埼玉県立三郷工業技術高校2年の楠原慈瑛(じえい)さん(17)はいう。
 楠原さんには、中学生のころからの友達がいる。北海道に住む同じ高2の通称・暖愛(ノア)さん(17)だ。スカイプのビデオ会議で、ネットゲームについて議論して知り合った。互いに「親友」と思っている。でも、一度も会ったことがなかった。
 そんな時見つけたのが、グーグルの「ウェブレンジャープログラム」の募集だ。ネットの安全な利用法の啓発を、中高生自身が考えて、ネット上にアップするという活動で、入賞者は、東京での表彰式に招かれるという。「うまくいけば、東京で会えるかもしれない。一石二鳥だと思った」と楠原さん。
 コンピューターでイラストを描くことが得意な同級生の鈴鹿沙知果さん(17)に声をかけ、3人で製作した。結果は、見事、最高の「アンバサダー賞グランプリ」を獲得。東京でようやく会えた。



 実は、暖愛さんは、脳性まひで生まれながらに足が不自由だ。3、4歳からパソコンを操り、小学生時代から、電化製品などの紹介動画などをネット上に投稿していた。「いじめられた時期にさらにネットに夢中になって……。でも、無知だったんですよね」
 ネットの世界で名前を売り込む大人のように、実名で顔も出していたのだ。中学生の時、警察と教育委員会から学校に連絡が入った。「犯罪ではないけれど、中学生なんだから、犯罪に巻き込まれる前にやめなさいと言われた。『危ない子』というレッテルをはられた感じでした」。その後、投稿した動画などをすべて削除しようとしたが、全部は削除しきれず、落ち込んだ・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

スマホ犯罪で人生終わった? 子供を守るウェブレンジャー
216円(税込)

「高校の制服が届いた! 着てみよう! 顔は隠して、位置情報も無効にして……これなら投稿してもいいよね!?」――特に何も起こらなかった。でも日本のどこかで「女子高校生 制服 届いた」というキーワードで検索してこの写真が性の対象になっているかもしれない……。警察庁が2015年10月に発表した統計では、ネットで見知らぬ人と交流できる「コミュニティーサイト」の利用から事件に巻き込まれた18歳未満は、2015年1月〜6月で796人と、上半期としては過去最多になった。激化するスマホトラブルから子供たちをどう守ればいいのか? 中高生・高専生を対象としたグーグル「ウェブレンジャープログラム」に入賞した中高生の姿から、子どもとネットとのつきあい方に迫ります。[掲載]朝日新聞(2015年10月22日〜10月31日、8000字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る