世相・風俗
朝日新聞社

女は心でセックスするの 愛し合ったころに戻るには

2016年01月21日
(7000文字)
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 転勤族の夫とはセックスレスの40代女性。かつて「2人目がほしいね」と甘えた時、「俺は種馬じゃない!」と拒まれた。拒絶されたのが惨めだった。その夫が、いま体を求めてくる。「でも、いまさら何? 女は心で抱かれるし、心で抱くんです」。年上の優しい男性と3年ほど付き合い、「彼の前では女になれました」――。「産後」や「勃起不全」はパートナーとの関係が変わるきっかけになります。愛し合ったころに戻るにはどうすればいい? 読者らが悩みをぶつけます。

◇産後のつらさ、分かって
◇年を重ねて、変わる関係
◇女と性、軽く見ないで


産後のつらさ、分かって

 セックスレスになる大きなきっかけの一つは「産後」。心もからだも、きしむとき。パートナーと思わぬ溝が広がってしまう。

◎世話で精いっぱい
 《おととし結婚し、半年ほどで妊娠。子どもが無事生まれ、かわいくてたまらない。だけど、産後がこんなにつらいものだったとは……。41歳の主婦は不調に苦しみ、年下の夫との関係をまだ取り戻せない。》

 つわりもひどかったのですが、産後は想像以上に大変。子どもの世話をするのが精いっぱいで、ほとんど寝たきりでした。からだ全体に湿疹もできてしまいました。
 子どもは夜泣きがひどくて眠れないし、体はしんどいし。わずかの間横になっていると、夫は「なんで寝てるの?」って。イライラしながら「しんどいから」と言うと、夫婦げんかになりました。
 授乳していると子どもへの愛情で満たされて、性的なことはもういいという気持ちでした。だから、そんな雰囲気になると逃げ出したくなりました。でもダンナは待ちきれなかったみたいで、産後4カ月ぐらいから、しぶしぶするように。1カ月半に1度ぐらいのペースで夫は不満だったようですが、私はそんなことをするくらいなら家事をしたい、休憩したいと思っていました。
 「なんでダメなのか」と、夫にしつこいほど聞かれました。男と女は違うんです。欲求だけで女はできない。男のひとには理解できないのでしょう。
 正直、このままレスになってほしい。でも知人には、「そういう関係がなくなると激しい夫婦げんかをしたとき、歯止めがなくなる」と言われます。けんかするくらいなら、しぶしぶでもするしかないのか。でもやはり、その気になれない。夫のことが嫌いになったわけではないのですが、いまは、ただ一緒に暮らしている人という感じです・・・

続きを読む

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

女は心でセックスするの 愛し合ったころに戻るには
216円(税込)

転勤族の夫とはセックスレスの40代女性。かつて「2人目がほしいね」と甘えた時、「俺は種馬じゃない!」と拒まれた。拒絶されたのが惨めだった。その夫が、いま体を求めてくる。「でも、いまさら何? 女は心で抱かれるし、心で抱くんです」。年上の優しい男性と3年ほど付き合い、「彼の前では女になれました」――。「産後」や「勃起不全」はパートナーとの関係が変わるきっかけになります。愛し合ったころに戻るにはどうすればいい? 読者らが悩みをぶつけます。[掲載]朝日新聞(2015年10月20日、11月17日、12月15日、7000字)

    ビューアで読む

    スマートフォン、iPadでも読めますこの商品のアドレスをメールで送る

    Facebookでのコメント

    ご利用上の注意

    • WEB新書は、インターネットにつないだパソコン、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどインターネットブラウザを搭載した情報端末からの閲覧に対応しています。携帯電話からの閲覧には対応していません。
    • WEB新書は、著作権保護のためパソコンのローカル環境への保存はできない仕様となっています。あらかじめご了承ください。
    • WEB新書の購読には指定の料金が必要です。料金は商品のご購読時に1回発生します。ご購読後は何度でも繰り返しご覧いただけます。商品の閲覧権は1年間保証されます。ただし、著作権者や出版社などの事情により、販売停止や閲覧停止になる場合があります。
    • WEB新書の料金のお支払いはクレジットカードでの決済となります。朝日新聞社が提供する課金・認証サービス「朝日ID」への会員登録および、購読手続きが必要です。
    • WEB新書の購読に伴う取引は、「朝日ID」を運営する朝日新聞社とお客様との間のお取引になります。
    • 購読手続きが完了した商品は、商品の記事を全文閲覧することができます。購読期間中は「マイWEB新書」に保存され、何度でも閲覧することができます。マイWEB新書へのアクセスおよび、商品の閲覧には「朝日ID」へのログインが必要です。
    • WEB新書のサービスの内容や購入手続きに関して不明な点は、こちらの問い合わせ窓口よりお願いいたします。

    このページのトップに戻る