世相・風俗
朝日新聞社

セックス面倒?なめんなよ ラクして成果は得られません

初出:朝日新聞2016年1月19日、2月26日、3月15日
WEB新書発売:2016年3月31日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 避妊具メーカーの調査で週1回以上セックスする人の割合は、26カ国・地域でギリシャが87%と最多で、日本は最も少ない34%。日本に住むギリシャ人男性(29歳)は「『朝ご飯食べてない? なんで?』と同じで『セックスしてない。なんで?』」という感じだと話す。韓国人女性(23歳)は「セクハラ・下ネタ……日本人は性にオープンマインドで、セックスもよくするというイメージ。セックスレス事情は驚きです」。社会学者の上野千鶴子さんは「面倒くささを回避して、いいセックスなんてできない」と一喝する。セックスレスの国・ニッポンを考察しました。

◇日本人よ、もっとラブを
◇意外と違う?男女の関係――日本に来て感じたこと
◇愛される=尊重される


日本人よ、もっとラブを

 「セックスレスの国」ニッポンは、外国人の目にどう映っているの? 日本で暮らすフランス、ギリシャの出身者に聞きました。

[フランス]/関係、年を取っても
 《来日25年で日本人の夫がいるフランス人女性(52)。セックスレスは「夫婦の終わりの始まり」。》
 フランスでは、片方が関係に不満を持ったら別れる原因になる。人生は短い。いやになった人と一緒にいたくないし、浮気はいや。新しい人を見つけた方がいい。経済的理由で思いとどまることは少ないですね。
 夫婦でいるなら、新鮮な気持ちでいられるようお互いがんばる。2人で食事に行ったり、話をちゃんと聞いたり。セックスがすべてではないけど、夫婦が長続きするコツ。特に女性は、レスになると夫の欠点が目につきやすくなるんじゃないかな。
 フランスのカップルは70、80代になり若いときとセックスの形は変わっても、性生活はなくならないと言われている。街で仲の良い老夫婦を見ると、性的な関係も続けているはずと私は思う。年をとっても夫婦関係をあきらめないのが大切ですね。

◎ちゃんと見て、私を
 《1991年に来日し、日本人と結婚したフランス人女性(47)は、夫婦の関係が全く違うと感じる。》
 日本の男性は子どもですね。「愛してる」ってグイグイ引っ張らないし、女性に母を求める。子どもがうまれて「パパ」「ママ」と呼び合うのも私は嫌。自分じゃなくなる。妻や母という役割ではなく、「ユニークな私」を大切に思いあうのが、本来の人間関係じゃないですか。
 肌をふれ合わせると、日本人は「イチャイチャしている」と恥ずかしがりますが、理解できません。私はラブいっぱいの家庭をつくりたい。それに日本は、何かを買ってあげるとかお金で愛を表現する。料理や掃除をして、互いに「ありがとう」というのが大事だそうですが、それではサービスの交換でしょ。
 フランス人は仕事を減らして収入が下がっても、早く帰って一緒にいたい気持ちが強い。「愛してる」って何度も言ってほしいです。

◎寝室が別、なんで?
 《来日20年余りのフランス人男性(44)には日本人の妻がいる・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

セックス面倒?なめんなよ ラクして成果は得られません
216円(税込)

避妊具メーカーの調査で週1回以上セックスする人の割合は、26カ国・地域でギリシャが87%と最多で、日本は最も少ない34%。日本に住むギリシャ人男性(29歳)は「『朝ご飯食べてない? なんで?』と同じで『セックスしてない。なんで?』」という感じだと話す。韓国人女性(23歳)は「セクハラ・下ネタ……日本人は性にオープンマインドで、セックスもよくするというイメージ。セックスレス事情は驚きです」。社会学者の上野千鶴子さんは「面倒くささを回避して、いいセックスなんてできない」と一喝する。セックスレスの国・ニッポンを考察しました。[掲載]朝日新聞(2016年1月19日、2月26日、3月15日、6800字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る