社会・メディア
朝日新聞社

夫が亡くなったら、妻は何をするべきか 遺産相続「3つの締め切り」

2016年05月12日
(7000文字)
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 夫(妻)が亡くなったら、まず何をどうすべきか、ご存知でしょうか? 預貯金の名義変更などの手続きを、どう進めたらいいのでしょう。その心構えやポイントについて、5つに分けてノウハウを伝授します。

◇第1章 銀行からお金をおろせなくなるの?/預貯金や不動産は遺産相続が必要
◇第2章 「遺産分割協議」って何をやるの?/相続人が遺産の分け方を決める
◇第3章 遺産相続にある「三つの締め切り」って?/相続税の申告には特例をチェック
◇第4章 不動産の名義変更しなくていいの?/二次相続時にもめ「空き家」化も
◇第5章 名義変更が終わったら「次」に備える?/この経験を生かし遺言書の準備も


第1章 銀行からお金をおろせなくなるの?/預貯金や不動産は遺産相続が必要

 得子(とくこ) おじさんがお亡くなりになったってね。ご愁傷さまでした。おばさんは気を落とされているでしょう。

 金太郎(かねたろう) 定年後は夫婦仲良く暮らしていたからね。でもお葬式も済んで、これから何をどうやったらいいのか悩んでる。マネー博士の得子さんに、夫が亡くなった後の手続きについて聞いてきてって。

 得 おじさん、遺言書は残されたの?

 金 いや、ないと思うよ。

 得 そう。まずは遺産相続の手続きをしないとね……。

 金 ちょっと待って! おじは大金を残したわけじゃないし、残ったお金は、おばの生活費だよ。子供2人は独立しているし、大仰な相続手続きなんてしなくていいでしょ。

 得 うーん、わかってないな。法律的には、夫が残したお金は自動的に妻のお金になるわけじゃないのよ。

 金 じゃあ誰のお金なの? おじの口座の預金や年金でふたりは暮らしてきたわけだから。

 得 原則を言えば、夫が死んだ事実を銀行や郵便局が知ると、口座は凍結され、預貯金は妻もおろせないの。電気、ガス、水道などの自動引き落としもできなくなる。だから、家に請求が来るでしょうね。それまで妻がキャッシュカードで引き出していても、死去の瞬間から、預金は妻のものでなく「相続人」全員のものになる。遺産の相続が終わらないと、お金は妻でも自由にできないの。

 金 銀行が知る前に、いろいろと手を打てばいいじゃん。

 得 前もって夫婦で相談し、医療費分とか当座の生活費をキープしておくというケースもあるわ。銀行にも自動的に死亡の通知がいくわけじゃない。でも、都会に住んでいる場合と違って、地方在住で長く信用組合など地元の金融機関と付き合っていると、葬儀を出せばわかるでしょう。いずれ名義変更しなくちゃいけないし、そのためには遺言書がなければ、遺産分割協議書が必要。その具体的な話は次章以降にするね・・・

続きを読む

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

夫が亡くなったら、妻は何をするべきか 遺産相続「3つの締め切り」
216円(税込)

夫(妻)が亡くなったら、まず何をどうすべきか、ご存知でしょうか? 預貯金の名義変更などの手続きを、どう進めたらいいのでしょう。その心構えやポイントについて、5つに分けてノウハウを伝授します。[掲載]朝日新聞(2015年5月2日〜5月30日、7000字)

    ビューアで読む

    スマートフォン、iPadでも読めますこの商品のアドレスをメールで送る

    Facebookでのコメント

    ご利用上の注意

    • WEB新書は、インターネットにつないだパソコン、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどインターネットブラウザを搭載した情報端末からの閲覧に対応しています。携帯電話からの閲覧には対応していません。
    • WEB新書は、著作権保護のためパソコンのローカル環境への保存はできない仕様となっています。あらかじめご了承ください。
    • WEB新書の購読には指定の料金が必要です。料金は商品のご購読時に1回発生します。ご購読後は何度でも繰り返しご覧いただけます。商品の閲覧権は1年間保証されます。ただし、著作権者や出版社などの事情により、販売停止や閲覧停止になる場合があります。
    • WEB新書の料金のお支払いはクレジットカードでの決済となります。朝日新聞社が提供する課金・認証サービス「朝日ID」への会員登録および、購読手続きが必要です。
    • WEB新書の購読に伴う取引は、「朝日ID」を運営する朝日新聞社とお客様との間のお取引になります。
    • 購読手続きが完了した商品は、商品の記事を全文閲覧することができます。購読期間中は「マイWEB新書」に保存され、何度でも閲覧することができます。マイWEB新書へのアクセスおよび、商品の閲覧には「朝日ID」へのログインが必要です。
    • WEB新書のサービスの内容や購入手続きに関して不明な点は、こちらの問い合わせ窓口よりお願いいたします。

    このページのトップに戻る