【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

経済・雇用
朝日新聞社

就活生よ、弱みは先にさらけ出せ 面接攻略法から仕事哲学まで

初出:2016年3月1日〜7月3日
WEB新書発売:2016年7月21日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「サントリーの履歴書に『3秒で友達になれる』と書いたんですね。男性面接官に『どういうことですか』と聞かれ、抱きつきました。赤くなった相手を『照れるな!』とひっぱたいた。『やってみなはれ』の精神を実践してみたんですけどねえ……」。明治大在学中に153社落ちた大川豊総裁。最後は自ら芸能事務所を立ち上げ、「自分に内定を出した。それでも生きていける、ということですよ」。ジャパネットたかた創業者の高田明さん・西武HD社長・合コン女王・元刑事の人事コンサルタント、JAXA宇宙飛行士選抜担当など、ユニークな面々による就活アドバイス。

◇第1章 悩むなかれ、努力するのみ/ジャパネットたかた創業者・高田明さん
◇第2章 自分らしさで会社に貢献/タカラトミー社長、ハロルド・ジョージ・メイさん
◇第3章 経験が個性、飾らず臨んで/元刑事の人事コンサルタント・森透匡さん
◇第4章 田舎で働くこと、選択肢に/いなかパイプ代表理事・佐々倉玲於さん
◇第5章 朝の来ない夜はない 西武HD社長、苦境に勝つ仕事哲学
◇第6章 「人工知能が勝つ方に賭けろ」 AI時代の就活入門
◇第7章 就活面接の攻略法は合コンで学べ 合コン女王・絵音さん
◇第8章 153社落ちて、自分に内定出した 大川豊総裁の就活論
◇第9章 宇宙飛行士の素質、圧迫面接で見極めた JAXA担当者
◇第10章 USJ大ヒット仕掛け人の就活論 「会社と結婚するな」


第1章 悩むなかれ、努力するのみ/ジャパネットたかた創業者・高田明さん


 ――2016年1月まで25年間、番組で商品を売ってきました。何を支えに続けてきたのですか。

 「商売ですから、やらないといけないという使命感があります。ビジネスに真摯(しんし)に向き合い、どう皆様に感動を伝えていくかを日々、考えてきました」



 ――ご自身はどんな学生でしたか。

 「大学生だった20歳前後の時には、特別こうなりたい、というものはありませんでした。英語が好きで、それだけは真面目に勉強しました。最初に入った機械メーカーでは欧州に約8カ月間駐在しました」

 ――その後、会社を退職し、家業のカメラ店を手伝い始めました。

 「カメラ店ではプリント、カメラ販売、撮影と写真に関する仕事は色々と経験しました。その後、ラジオショッピングをやったら面白いと感じました。素晴らしい商品を広く伝えたいと考えて、テレビ通販、ネット通販と続きました。やり続けていると、次の課題を発見できます。売上高1千億円超になったのは、情熱を持ち続けた結果なのです」

 ――これまでの経験から、若い人にどんな言葉を贈りますか。

 「『若者よ悩むなかれ』ですね。先のことは誰も決められません。社長のころ、会社説明会に出席した時には、『まだ内定が決まっていなくても暗い顔しなくていいよ』と話しました」
 「他の人が多く内定を得ても、その全部の会社で働けるわけではない。内定の数に意味はない。そんなことより現状を受け入れて、できることを精いっぱいやろう。1社でいいからひたすら研究して、採用されるようになろう、と」

 ――面接もしたそうですね。

 「社長退任までの数年間は最終面接に出て、1人で50〜60人の学生と話しました。5人ほどのグループと40分程度、出身校などの資料はもらわず、先入観を持たないように臨みました」

 ――面接ではどんな点を重視しましたか。

 「自らの言葉で発することができるかどうかです。自らの意思を持っていることは、しっかりとした生き方を持っていることにつながりますから」

 ――社長として、入社してきた社員にどう接しましたか。

 「非常に厳しかったです。叱るが9割、褒めるが1割。世間で言われているのと逆です。社員に関心があり、成長して欲しいと思うからこそ愛情を持って叱っていました」

 ――熊本地震を受け、2016年4月に番組に再登場し、その番組の売り上げの全額を被災地に寄付すると表明しました。

 「何か支援ができないかと思っている人が全国に多くいます。商品をお買い上げ頂き、売上金を義援金として贈呈すれば、お客様の思いも一緒に被災者に伝えられるのではないかと思いました。現社長と社員の強い依頼で番組に出させて頂きました」

 ――熊本地震の被災地の学生へのメッセージは。

 「大変な時期かと思いますが、年齢を積み重ねていく中で、予測ができない事が起きるのが人生です。一日も早い復興のためには、若い力が必要です。現実を受け止め、困難に立ち向かっていく強い気持ちで頑張られることを願っています・・・

このページのトップに戻る