社会・メディア
朝日新聞社

日本会議をたどって〔1〕 「全学連打倒」から始まった源流

2017年01月05日
(13800文字)
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

憲法改正運動を進める「日本会議」。2017年春で誕生から満20年を迎えるこの運動団体は、改憲の国民投票に向けた準備を着々と進めている。政権中枢にまで影響力を持つようになった日本会議の源流をたどった。

◇第1章 衆参3分の2「神業に近い」
◇第2章 始まりは長崎大学だった
◇第3章 民族派で自治会を握る
◇第4章 「東西の雄」並び立つ
◇第5章 左翼の退潮、力が抜けた
◇第6章 「三島事件」で息を吹き返す
◇第7章 三島さんが体当たりしても…
◇第8章 我々の手法は現実的か
◇第9章 勇ましいだけではだめだ
◇第10章 解釈ひとつで憲法は変わる
◇第11章 地方から「中央制圧」


第1章 衆参3分の2「神業に近い」


◎出発点は「全学連打倒」
 憲法改正運動を進める「日本会議」。2017年春で誕生から満20年を迎えるこの運動団体は、改憲の国民投票に向けた準備を着々と進めている。政権中枢にまで影響力を持つようになった日本会議の源流をたどった。

◎改憲署名754万人
 「『日本の誇り』通信」。
 題字の下に「部外秘」と記されたB5判6ページの「会報」がある。日本会議の実務を担う日本協議会・日本青年協議会(日青協)が、2016年9月30日に発行した。
 その1、2ページに、16年7月10日の参院選での与党勝利を受け、日本会議事務総長で日本協議会会長の椛島有三氏(71)が16年7月30日に実務者会議であいさつした内容が詳細に掲載されている。
 おおむねこんな内容だ。
 「参院選で憲法改正に必要な3分の2が獲得された。大事なことは7月10日に世の中が変わったことを深く思うこと。私たちは一変した新たな世界にいる」
 「衆参で同時期に憲法改正の状況が生まれたことは神業に近い。G7の首脳が伊勢神宮に正式参拝した。その後の選挙なのだから神業と思うほうが自然だ。現出した状況に感謝し、我々の責務を全うしたい」
 椛島氏は1970年、右派学生のOB組織「日本青年協議会」を立ち上げ、その後、改憲団体「日本を守る国民会議」(81年結成)の事務局長に就任した。「日本を守る会」と合流し「日本会議」となった97年以降、事務総長として常に改憲勢力の中心にいる。
 その日は、憲法改正の環境づくりとして、一昨年から始めた「1千万賛同者拡大運動」、地方議会で憲法改正を求める意見書採択といった運動にもふれた。
 日本会議によると、主導する「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の賛同者署名は16年7月末現在、全国で約754万人。16年度中に達成を目指すという。

◎長崎大生有志で
 日本会議の原点はどこにあるのだろう。
 日本協議会・日本青年協議会は運動史の中で、66年に「長崎大で学生有志が左翼過激派学生と対峙(たいじ)し、学園正常化運動に立ち上がる」と記している。
 新宗教「生長の家」信者だった椛島氏は65年に長崎大に入学。66年、学園正常化を求めるビラを配っている最中、左翼学生らに袋だたきにされ、「全学連打倒」を決意したという。
 そこで、彼らがとった手段は選挙による学生自治会掌握だった。生長の家学生会全国総連合(生学連)書記長で、後に新右翼「一水会」の代表になる早大生、鈴木邦男氏(73)はこう振り返る。「左翼全盛の時代。選挙で勝とうなんて誰も思いもしなかった」
 機関紙「生学連新聞」によると、椛島氏らは364対293で、国立大初とされる右派による自治会掌握を果たした。
 さらに、原理研究会(旧統一教会の学生組織)などと長崎大学学生協議会(長大学協)を結成。ノウハウはすぐに全国に広がった。
 影響を受け、行動を起こしたのが、大分大の衛藤晟一・首相補佐官(69)、静岡大・京大院の百地章・元日大教授(70)、新潟大の伊藤哲夫氏(69)、早大の高橋史朗氏(65)らだった。
 そして、いま、彼らが日本会議の支柱として安倍政権を支えている。
・・・

続きを読む

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

日本会議をたどって〔1〕 「全学連打倒」から始まった源流
216円(税込)

憲法改正運動を進める「日本会議」。2017年春で誕生から満20年を迎えるこの運動団体は、改憲の国民投票に向けた準備を着々と進めている。政権中枢にまで影響力を持つようになった日本会議の源流をたどった。[掲載]朝日新聞(2016年11月6日〜11月21日、13800字)

    ビューアで読む

    スマートフォン、iPadでも読めますこの商品のアドレスをメールで送る

    Facebookでのコメント

    ご利用上の注意

    • WEB新書は、インターネットにつないだパソコン、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどインターネットブラウザを搭載した情報端末からの閲覧に対応しています。携帯電話からの閲覧には対応していません。
    • WEB新書は、著作権保護のためパソコンのローカル環境への保存はできない仕様となっています。あらかじめご了承ください。
    • WEB新書の購読には指定の料金が必要です。料金は商品のご購読時に1回発生します。ご購読後は何度でも繰り返しご覧いただけます。商品の閲覧権は1年間保証されます。ただし、著作権者や出版社などの事情により、販売停止や閲覧停止になる場合があります。
    • WEB新書の料金のお支払いはクレジットカードでの決済となります。朝日新聞社が提供する課金・認証サービス「朝日ID」への会員登録および、購読手続きが必要です。
    • WEB新書の購読に伴う取引は、「朝日ID」を運営する朝日新聞社とお客様との間のお取引になります。
    • 購読手続きが完了した商品は、商品の記事を全文閲覧することができます。購読期間中は「マイWEB新書」に保存され、何度でも閲覧することができます。マイWEB新書へのアクセスおよび、商品の閲覧には「朝日ID」へのログインが必要です。
    • WEB新書のサービスの内容や購入手続きに関して不明な点は、こちらの問い合わせ窓口よりお願いいたします。

    このページのトップに戻る