社会・メディア
朝日新聞社

お前は人間じゃないよ 世界一好きな母に罵られ〜児童養護施設の子ら

初出:朝日新聞1998年2月23日〜2月27日
WEB新書発売:2017年2月9日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

「お前は人間じゃないよ」。日ごろ、「母さんが世界一好き」と話していた隆はその日、ひとことも口をきかなかった――。中部地方のある児童養護施設には、児童相談所を通して来た1歳から18歳までの約50人が生活する。入所理由は、親の離婚や家出、行方不明、病気、育児放棄、虐待など様々だが、受けてきた傷は一様に深くて残酷だ……。一人の記者が4カ月通いつめ、家族の絆を問い直した1998年のルポ「絆 家を追われた子ら」を電子書籍化しました。(敬称略、登場人物は仮名です)

◇第1章 〈姉と弟〉額寄せ「家には戻らない」
◇第2章 〈反抗〉家に帰りたいのに
◇第3章 〈中絶〉父に性虐待受けて母と施設に
◇第4章 〈傷あと〉 母には悪いが施設でホッとした
◇第5章 〈帰郷〉三人暮らし再出発


第1章 〈姉と弟〉額寄せ「家には戻らない」

 園長(五七)に呼ばれた母親(三八)は、隆(一四)の顔を見るなり「お前は人間じゃないよ」と怒った。
 日ごろ、「母さんが世界一好き」と話していた隆は、ひとことも口をきかなかった。
 一月初め、隆ら数人の小中学生が養護施設内で下級生に暴行し、大けがをさせた。隆はこの一、二カ月、施設の中でちょっとしたことでけんかし、学校でも授業放棄や集団生活を乱す言動が目立った。長く抑え込んでいた感情が一気に噴き出したのだ。
    ◇
 朝子(一五)と隆の姉弟に会ったのは昨年九月末のことである。義父(五七)の虐待から身を守るため、二人が入所して三カ月近くがたっていた。
 隆は私を見ると、すぐに百面相をしておどけ、ダンスのステップをして見せた。朝子は女子棟二階の自分の部屋で、たびたび発作を起こしていた。「寝るのがこわい」と、ナイフを振り回し、「黒い影が追いかけてくる」と口走った。
    ◇
 朝子の母がいまの夫と一緒に住むようになって八年になる。朝子と隆の実父は刑務所に入った。
 小学校入学まで朝子らは住まいを転々とした。母は別の男性と結婚しようとしたが、刑期を終えた朝子らの実父ともめ、裁判になった・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

お前は人間じゃないよ 世界一好きな母に罵られ〜児童養護施設の子ら
216円(税込)

「お前は人間じゃないよ」。日ごろ、「母さんが世界一好き」と話していた隆はその日、ひとことも口をきかなかった――。中部地方のある児童養護施設には、児童相談所を通して来た1歳から18歳までの約50人が生活する。入所理由は、親の離婚や家出、行方不明、病気、育児放棄、虐待など様々だが、受けてきた傷は一様に深くて残酷だ……。一人の記者が4カ月通いつめ、家族の絆を問い直した1998年のルポ「絆 家を追われた子ら」を電子書籍化しました。(敬称略、登場人物は仮名です)(1998年2月23日〜2月27日、7200字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る