経済・雇用
朝日新聞社

時代はシェアリング・エコノミー 資本主義が変質してきた?

初出:朝日新聞2017年1月1日〜1月10日
WEB新書発売:2017年2月16日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつて自宅に「百科事典」をそろえるのがステータスだった。それが小さなチップに入るようになり、やがてクラウドになって、必要な時に回線を通じて調べるようになった。その情報も、プロが報酬をもらって書くのではなく、その分野に詳しい人が無償で提供する。クルマも、高級車に1人で乗るのは無駄で格好が悪く、みんなで「シェア」する。能力に応じて提供し、必要に応じて分配を受ける時代。提供した分に応じて分配を受けるのが資本主義の正義だったのだが……。「民泊」や「カーシェアリング」以外にもいろいろある「シェア」の最前線を見た。

◇第1章 人と人、分かち合い変わる社会
◇第2章 マイカー相乗り、地域の足
◇第3章 空き場所、個人で貸し借り
◇第4章 個人スキル、発掘し仲介
◇第5章 スマホで広がれ、地域の輪
◇第6章 助け合い、欧州の知恵
◇第7章 みんなで解決、行政も後押し


◇第1章 人と人、分かち合い変わる社会


◎着物・洗浄機・子供服…ネットでやり取り
 熊本地震で大きな被害を受けた熊本県大津町。地震後の2016年7月、着物の貸し借りを仲介するビジネスが産声を上げた。
 上田剛士さん(31)が起業した「Wa Lend(ワ・レンド)」。拠点は実家の一軒家だ。着物を貸したい人がサイトに情報を登録。気に入った人がレンタルを申し込む。着物は所有者から借りる人へ送られ、レンタル料の一部が同社に手数料として入る。
 サイトは上田さんが独学でつくり、父と伯母がチラシを配った。今は20人から振り袖や留め袖、浴衣が50点余り出品されている。成人式の前撮りや式当日の予約も入ってきた。「今は1人の会社だが、人を雇う必要も出そうだ」・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

時代はシェアリング・エコノミー 資本主義が変質してきた?
216円(税込)

かつて自宅に「百科事典」をそろえるのがステータスだった。それが小さなチップに入るようになり、やがてクラウドになって、必要な時に回線を通じて調べるようになった。その情報も、プロが報酬をもらって書くのではなく、その分野に詳しい人が無償で提供する。クルマも、高級車に1人で乗るのは無駄で格好が悪く、みんなで「シェア」する。能力に応じて提供し、必要に応じて分配を受ける時代。提供した分に応じて分配を受けるのが資本主義の正義だったのだが……。「民泊」や「カーシェアリング」以外にもいろいろある「シェア」の最前線を見た。[掲載]朝日新聞(2017年1月1日〜1月10日、13500字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る