経済・雇用
朝日新聞社

柔らかな抵抗 習近平体制を揺るがす中国既得権層の不満

2017年03月16日
(6900文字)
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

経済の減速感が強まり、先行きの不透明感が高まる中、「反腐敗」を掲げた中国・習近平体制の統制の手が、これまで比較的政府の自律性が認められてきた経済分野にも及んできた。その結果、改革派と目された人物の退職や、時代錯誤な「指導」の乱発が相次いだ。中国はこれからどうなるのか? 視界不良な先途を読み解く。

◇第1章 鈍る成長、改革は「リスク」
◇第2章 反腐敗に「軟らかな抵抗」


◇第1章 鈍る成長、改革は「リスク」


◎名物閣僚、早すぎる退任
 拍手はしばらく、鳴りやまなかったという。
 2016年11月10日、北京市西部にある中国財務省の講堂で開かれた楼継偉(ロウチーウェイ)財務相の退任セレモニー。堅苦しい雰囲気が続く中国の役所の式典で、社交辞令ではなく、出席者が時間を忘れて拍手をするのは珍しい。
 改革派で、名物閣僚といわれた楼氏の退任は、想定よりも早かった。16年11月末には京都を訪れ、麻生太郎財務相と対談することまで内定しており、「寝耳に水」(外交筋)の交代劇だった。拍手は、楼氏を惜しむ気持ちだけでなく、「(出席した)幹部にだって覚悟がある」と同省関係者が言うように、無言の抗議の意もあったのかもしれない。・・・

続きを読む

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

柔らかな抵抗 習近平体制を揺るがす中国既得権層の不満
216円(税込)

経済の減速感が強まり、先行きの不透明感が高まる中、「反腐敗」を掲げた中国・習近平体制の統制の手が、これまで比較的政府の自律性が認められてきた経済分野にも及んできた。その結果、改革派と目された人物の退職や、時代錯誤な「指導」の乱発が相次いだ。中国はこれからどうなるのか? 視界不良な先途を読み解く。(2017年2月14日〜2月15日、6900字)

    ビューアで読む

    スマートフォン、iPadでも読めますこの商品のアドレスをメールで送る

    Facebookでのコメント

    ご利用上の注意

    • WEB新書は、インターネットにつないだパソコン、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどインターネットブラウザを搭載した情報端末からの閲覧に対応しています。携帯電話からの閲覧には対応していません。
    • WEB新書は、著作権保護のためパソコンのローカル環境への保存はできない仕様となっています。あらかじめご了承ください。
    • WEB新書の購読には指定の料金が必要です。料金は商品のご購読時に1回発生します。ご購読後は何度でも繰り返しご覧いただけます。商品の閲覧権は1年間保証されます。ただし、著作権者や出版社などの事情により、販売停止や閲覧停止になる場合があります。
    • WEB新書の料金のお支払いはクレジットカードでの決済となります。朝日新聞社が提供する課金・認証サービス「朝日ID」への会員登録および、購読手続きが必要です。
    • WEB新書の購読に伴う取引は、「朝日ID」を運営する朝日新聞社とお客様との間のお取引になります。
    • 購読手続きが完了した商品は、商品の記事を全文閲覧することができます。購読期間中は「マイWEB新書」に保存され、何度でも閲覧することができます。マイWEB新書へのアクセスおよび、商品の閲覧には「朝日ID」へのログインが必要です。
    • WEB新書のサービスの内容や購入手続きに関して不明な点は、こちらの問い合わせ窓口よりお願いいたします。

    このページのトップに戻る