医療・健康
朝日新聞社

誕生日祝いのユッケ、次男の死 腸管出血大腸菌で脳症に

2017年03月23日
(4800文字)
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 中学2年生だった久保大貴さんは、14歳の誕生日のお祝いに、家族4人で焼き肉店を訪れた。1皿280円のユッケも食べた。翌日に嘔吐。脳症で脳のしわがなくなるほど腫れ、大貴さんは半年後、亡くなった――。2011年に富山県や福井県などの焼き肉チェーン店でユッケを食べた客ら181人が食中毒になり、5人が死亡した事件。生肉を食べていない人からも腸管出血性大腸菌が見つかり、生肉で汚染したサラダなどを食べて感染したとみられている。「生肉と他の食材の包丁・まな板を分ける」など、家庭での予防法も紹介する。

◇第1章 誕生日祝う焼き肉、暗転
◇第2章 激痛、腎機能も悪化
◇第3章 全身けいれん、脳に腫れ
◇第4章 次男の死の責任、どこに
◇第5章 生肉、十分加熱し滅菌を


第1章 誕生日祝う焼き肉、暗転

 富山県小矢部市の自営業、久保秀智(くぼひでのり)さん(54)は2011年4月22日、自宅から車で約20分の焼き肉店「焼肉酒家えびす砺波店」(当時)に家族4人で訪れた。



 前日は次男大貴(ひろき)さんの14歳の誕生日だった。この日はお祝いのため、家族で外食する約束だった。
 「大貴、何食べたい?」
 久保さんが尋ねると、大貴さんは「焼き肉!・・・

続きを読む

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

誕生日祝いのユッケ、次男の死 腸管出血大腸菌で脳症に
216円(税込)

中学2年生だった久保大貴さんは、14歳の誕生日のお祝いに、家族4人で焼き肉店を訪れた。1皿280円のユッケも食べた。翌日に嘔吐。脳症で脳のしわがなくなるほど腫れ、大貴さんは半年後、亡くなった――。2011年に富山県や福井県などの焼き肉チェーン店でユッケを食べた客ら181人が食中毒になり、5人が死亡した事件。生肉を食べていない人からも腸管出血性大腸菌が見つかり、生肉で汚染したサラダなどを食べて感染したとみられている。「生肉と他の食材の包丁・まな板を分ける」など、家庭での予防法も紹介する。(2017年1月23日〜1月27日、4800字)

    ビューアで読む

    スマートフォン、iPadでも読めますこの商品のアドレスをメールで送る

    Facebookでのコメント

    ご利用上の注意

    • WEB新書は、インターネットにつないだパソコン、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどインターネットブラウザを搭載した情報端末からの閲覧に対応しています。携帯電話からの閲覧には対応していません。
    • WEB新書は、著作権保護のためパソコンのローカル環境への保存はできない仕様となっています。あらかじめご了承ください。
    • WEB新書の購読には指定の料金が必要です。料金は商品のご購読時に1回発生します。ご購読後は何度でも繰り返しご覧いただけます。商品の閲覧権は1年間保証されます。ただし、著作権者や出版社などの事情により、販売停止や閲覧停止になる場合があります。
    • WEB新書の料金のお支払いはクレジットカードでの決済となります。朝日新聞社が提供する課金・認証サービス「朝日ID」への会員登録および、購読手続きが必要です。
    • WEB新書の購読に伴う取引は、「朝日ID」を運営する朝日新聞社とお客様との間のお取引になります。
    • 購読手続きが完了した商品は、商品の記事を全文閲覧することができます。購読期間中は「マイWEB新書」に保存され、何度でも閲覧することができます。マイWEB新書へのアクセスおよび、商品の閲覧には「朝日ID」へのログインが必要です。
    • WEB新書のサービスの内容や購入手続きに関して不明な点は、こちらの問い合わせ窓口よりお願いいたします。

    このページのトップに戻る