社会・メディア
朝日新聞社

天皇陛下「東北は、私が行きます」 被災地訪問に込めた思い

初出:朝日新聞2017年5月22日〜6月20日
WEB新書発売:2017年7月6日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「石原さん、東北は、私が自分で行きます」。東日本大震災発生の19日後、被災地訪問には皇太子、秋篠宮両殿下を差し向けられては、と進言した石原慎太郎氏に対して、天皇陛下はこう告げた――。これまで両陛下は、大きな災害が起きるたびに被災地を訪れ、被災者を見舞い続けている。かつての訪問では批判もあったが、いまそうした声はほとんど聞かれない。むしろ象徴天皇のあり方を語るとき、こうした訪問の姿を思い浮かべる人も多くなった。天皇、皇后両陛下はなぜ様々な被災地を訪問してこられたのか。被災者にどう向き合ってきたのか。東日本大震災、東日本大震災の直後に発生した長野県北部地震、熊本地震、2015年関東・東北豪雨などの例をたどる。

◇序章 天皇陛下「東北は、私が行きます」
◇第1章 サプライズ
◇第2章 よろける
◇第3章 たましずめ
◇第4章 その瞬間
◇第5章 ランチ
◇第6章 皇居で一夜
◇第7章 皇后さまが
◇第8章 負けないで
◇第9章 宮中祭祀
◇第10章 遺体は家族
◇第11章 津神社
◇第12章 ハマギク
◇第13章 膨らむ日程
◇第14章 イトヨ
◇第15章 まさに象徴
◇第16章 くまモン
◇第17章 再会
◇第18章 折り紙
◇第19章 汗だく
◇第20章 忠恕


序章 天皇陛下「東北は、私が行きます」

◎被災地訪問に込めた思い
 2011年の東日本大震災発生19日後。天皇、皇后両陛下の被災者見舞いは3月30日、福島県から東京に避難した人々が身を寄せていた東京武道館(東京都足立区)から始まった。
 天皇陛下より1歳年長の石原慎太郎氏(84)が都知事として迎えた。翌12年に心臓手術をする陛下の健康状態を知り「被災地は若い男宮の皇太子、秋篠宮両殿下を名代に差し向けてはいかがでしょう」と進言した。
 陛下は黙って聞いていたが、被災者見舞いを終えて武道館を出るとき、石原氏に歩み寄り、こう告げた。
 「石原さん。東北は、私が自分で行きます」
 それまで石原氏は、首都の知事でありながら、園遊会や宮中晩餐(ばんさん)会にあまり顔を出さなかった。
 珍しく両陛下を迎えた石原氏は陛下の言葉にあぜんとし、絶句した。その後、考えを変えた。「あれから東北3県に行かれて、みな感動した。行っていただいてよかった」と。
 両陛下は、大きな災害が起きるたびに被災地を訪れ、被災者を見舞った。
 かつての被災地訪問では、避難所でひざをつく姿に違和感を示す識者もいた。評論家の江藤淳氏は阪神大震災発生後の「文芸春秋」1995年3月号で「何もひざまずく必要はない。被災者と同じ目線である必要もない。立ったままで構わない」と批判した。
 皇太子時代の59(昭和34)年の伊勢湾台風の被災地訪問でも、好意的ではない反応があった。「中部日本新聞」(現中日新聞)の宮岸栄次社会部長(当時)は雑誌「日本」59年12月号に手記を寄せた。「印象として非常にいいものを残した」としつつ、「いま見舞っていただいてもなんのプラスもない」との声を紹介した。
 そうした異論は今、ほとんど聞かれない。むしろ象徴天皇を語るとき、被災地に寄り添う両陛下を思い浮かべる人も多くなった。陛下自身、昨年8月のお気持ち表明で、象徴天皇の務めとして「時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切」と語っている。
 東日本大震災の被災地訪問は「象徴天皇として一つひとつ、心をこめて積み重ねたことの集大成」と、随行した羽毛田信吾・元宮内庁長官(75)は言う・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

天皇陛下「東北は、私が行きます」 被災地訪問に込めた思い
216円(税込)

「石原さん、東北は、私が自分で行きます」。東日本大震災発生の19日後、被災地訪問には皇太子、秋篠宮両殿下を差し向けられては、と進言した石原慎太郎氏に対して、天皇陛下はこう告げた――。これまで両陛下は、大きな災害が起きるたびに被災地を訪れ、被災者を見舞い続けている。かつての訪問では批判もあったが、いまそうした声はほとんど聞かれない。むしろ象徴天皇のあり方を語るとき、こうした訪問の姿を思い浮かべる人も多くなった。天皇、皇后両陛下はなぜ様々な被災地を訪問してこられたのか。被災者にどう向き合ってきたのか。東日本大震災、東日本大震災の直後に発生した長野県北部地震、熊本地震、2015年関東・東北豪雨などの例をたどる。(2017年5月22日〜6月20日、20700字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る