社会・メディア
朝日新聞社

ひしめく金塊・うごめく欲望 密輸ルートの最前線

初出:朝日新聞2017年6月25日、26日
WEB新書発売:2017年7月27日
朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 消費増税の再延期表明は誤算だったという。香港で金を買い、日本でひそかに売るルートがある。消費税がかからない香港で買い付け、本来なら輸入時に支払う消費税を払わずに国内で売れば、消費税分が「丸もうけ」になる。金の密輸が利益を生むからくりだ。麻薬などに比べればリスクが低いのも特徴とされる。水面下のうごめきを追った。

◇第1章 香港の金塊「日本に密輸、と」
◇第2章 利ざや8%、国またぐ錬金術/密輸増「麻薬より低リスク」
◇第3章 密輸、フードコートで中継/国際空港、及ばぬ法律


第1章 香港の金塊「日本に密輸、と」

 ネックレス、腕輪、イヤリング、延べ板……。まばゆい光を放つ金の宝飾品が、ショーケースの中を埋め尽くしていた。

 世界的な金の市場として知られる香港。繁華街・旺角(モンコック)の目抜き通り「ネイザンロード」には、貴金属店が数百メートルにわたり軒を連ねる。そのうち1軒に入ると、金製品が所狭しとならぶショーケースが目に飛び込んできた。ライトアップされた店内で、女性店員が「香港は税金がかからないので、いろんな人が金を買いに来ます」と告げた。アクセサリーだけでなく、金塊も売られていた。

 「韓国人が香港で金を買い、日本に持っていくと聞いた」。そう明かす男性店員に持ち込み方を聞くと、笑った。「密輸ですよ。誰でも持っていけるし」
 「知り合い5人が日本に金塊を密輸していた」と言う会社社長の男性(59)に出会った。「5人は香港を去ったから、今なら話せる。グッドタイミングだな」。社長は、密輸の手口を話し始めた・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

ひしめく金塊・うごめく欲望 密輸ルートの最前線
216円(税込)

消費増税の再延期表明は誤算だったという。香港で金を買い、日本でひそかに売るルートがある。消費税がかからない香港で買い付け、本来なら輸入時に支払う消費税を払わずに国内で売れば、消費税分が「丸もうけ」になる。金の密輸が利益を生むからくりだ。麻薬などに比べればリスクが低いのも特徴とされる。水面下のうごめきを追った。(2017年6月25日、26日、4400字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る