【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

世相・風俗
朝日新聞出版

本当の性愛は50歳から始まる 年下男子の「エキス」注入で若返りも

WEB新書発売:2010年9月17日
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

本当の性愛は50歳から始まる 年下男子の「エキス」注入で若返りも

 50代の女性たちが今、タイヘンなことになっているのだという。
 どうタイヘンなのか――。
 若い女性のみなさんも、どうぞ。
 学ぶべき点があるかもしれません。




 女としての喜びを教えてくれたのは、20年近く連れ添った夫ではなく、19歳年下の彼だった。

 「それまでセックスしなくても平気だったのが、しないと我慢できないカラダになっちゃったんです」
 そう言って、女性はクスッと笑う。現在50歳。ムッチリした二の腕がそそるいかにも熟女然とした彼女は、5年前、つまり45歳のとき、26歳の彼にインターネットのチャットで口説かれた。
 〈年上の40代の女の人が好きなんです〉
 女子高、女子大へと進み、20代前半で結婚。一度離婚し、30歳で再婚した。子どもも2人授かった。ただ、恋愛にはオクテで、モテないとずっと思っていた。男性経験も夫以外なし。妻として母として、まじめに家庭を守ってきた。
 3歳上のいまの夫とは恋愛結婚だったが、性生活は2人目の出産を契機に希薄になった。夫はいかにも「セックスをしてやる」という態度になった。子育てについての考え方を巡り、溝もできた。

3年間で33人とできた

 40歳を過ぎると完全にセックスレス。そんなとき、映画好きが集まるネット上のサイトで、愛知県に住む彼と出会い、ひと月もしないうちに・・・

このページのトップに戻る