【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

世相・風俗
朝日新聞出版

友だち夫婦の脱セックスレス

初出:2011年8月29日号
WEB新書発売:2011年9月2日
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち夫婦の脱セックスレス


◇朝から求められて
◇親友を失いたくない
◇震災で感じた無常
◇克服には長い時間が
◇「一緒に入浴」が続き
◇夫婦間の距離見直す
◇両立の発想なかった

 仲いいよね、と言われる。震災後の不安もある。ただ手をつないでいたい。
 でも、このままでいいのだろうかと思う。
 ずっとセックスなしの友だち夫婦が別れない理由。




 映画館を出た。外はまだ明るい。日曜の夕暮れ、夫と自宅に近いカフェに寄る。
 この日、観た映画は、「未来を生きる君たちへ」。暴力に満ちたアフリカを舞台に、人々の希望のありかを描いたデンマーク映画だ。ワインを飲みながら映画の感想を言い、翌週に一緒に行く予定のコンサートについても語り合う。
 夫とは同い年で34歳。結婚4年、セックスをしなくなってから3年がたつ。夫婦仲はとてもいい、と思う。周囲の誰に聞いても、こんなふうに夫とデートをしている女性はいない。

朝から求められて

 大学の写真サークルで出会った。映画や音楽、本の好みが、ことごとく一致した。恋人というより親友かな。男性としての魅力は感じなかったが、「彼とならずっと趣味の話ができる」と確信した。気持ちは変わらない。彼を選んでよかった。後悔はない。ないのだけれど……。
 セックスレスになったきっかけは覚えている。結婚1年目。夫は朝、求めてくることが多かった。でも出勤準備であわただしい朝の時間帯に、身体を重ねる気になれない。「朝勃ちを利用してるだけじゃない?」と思うと、夫が情けなく見えた。
 拒否するときの声音に、トゲが含まれているのが、自分でもわかった。何度か拒否していると、夫からの誘いはなくなっていた。断ることが億劫になっていたので、内心ホッとした。
 欲求がないわけではない。既婚者というのを隠して合コンに参加し、年上の男性とその夜にセックスをしたこともある。でも、ベッドの上での相手の独りよがりな態度に辟易した。二度と会おうとは思わなかった。
 セックスがなければ、男女はつながらない。でも、夫とはセックスがなくてもつながっていられる。親友としての夫の存在がいかに大きいかを知った。
 学生時代の女友だちとは、20代後半の結婚ラッシュが終わると疎遠になった。もうできないだろうと思っていた親友が、私にはいる。それって・・・

このページのトップに戻る