【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

教育・子育て
朝日新聞出版

ママ友会という地獄 お茶会、SNS、タワーマンションで広がる悪意

初出:2012年10月15日号、22日号
WEB新書発売:2012年10月26日
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

 都内の区立小学校の入学式で、ある通知が配られた。保護者間、特に母親同士の会合を禁止する「ママ友会禁止令」だ。トラブル防止を目的に、特定の親同士で仲良くせず、学校や保護者会を通じて幅広くつきあうように求めている。誕生会に誰を招待するか、どの親と「お茶」して何を話すのか――。子どもの友だちづくりや学校生活を心配するあまり、親の関係はこじれやすく、いじめにもつながりやすい。母親であることは、こんなにも生きづらいことなのか。5400件もの反響を得た緊急レポート。

◇「ママ友」会合に禁止令/都内の公立小学校が保護者に通知
◇ママ友会合「禁止」の賛否/「大反響」
◇小宇宙を作りたい女性、ママ友関係は「別世界」/漫画家の倉田真由美さんに聞く


「ママ友」会合に禁止令/都内の公立小学校が保護者に通知


 都内の公立小学校の入学式で、ある通知が配られた。「保護者間交流に関するお願い」と記され、内容はこうだ。
 「学校外での有志による保護者サークル等の開催について自粛をお願いします」
 保護者間、特に母親同士の会合を禁止する「ママ友会禁止令」だ。トラブル防止を目的に、特定の親同士で仲良くせず、学校が開く保護者会を通じて幅広くつきあうように求めている。
 学校関係者によると、2年前から入学式で配布するようになったという。中学受験を控えた5、6年生の保護者には、友だちの志望校を学校に問い合わせることも自粛するよう呼びかけている。同校では過去に、私立中学校に合格した子の親になりすまし、入学辞退の電話を中学校にかけた親がいたからだ。
 通知ではこのほか、ママ友同士のトラブルにつながりがちな学校への子どもの送迎も控えるよう求めている。フェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用や、メールアドレスの交換もだめ。保護者間の連絡は、学校の連絡先名簿を利用するように、としている。



◎「トラブル防止」と学校
 保護者の行動を事細かに制限する学校に対して、
 「やりすぎじゃないか」
 と、保護者から反発の声が上がることもあるという。だが、禁止令にはきっかけとなった事件がある。教師や女子児童に対する誹謗中傷がSNSサイト上に名指しで書き込まれて嫌がらせの電話などがあり、児童が転校に追い込まれた。
 「保護者同士のトラブルに関する相談が毎年少なからず寄せられます。学校は教育機関であり、このようなトラブルに対応する人員を配置しておりません」
 通知にはそう書かれ、トラブル防止のためのルールであることへの理解を求めているが、問題が起きても学校は関知しないという意思表示にも読める。
 校長は取材に対して、
 「危機管理のためには、不確かな情報のやり取りが子どもたちを混乱に巻き込む恐れがあり、保護者同士、保護者と学校、教師が顔を合わせて心を通わせることが重要です」
 と話す。しかし、学校が禁止令を出した後も、ママ友会がなくなったわけではない。数カ月前にも、子どもの仲間はずれにつながるトラブルが起きた。
 ある朝、同じマンションの上級生と手をつないで集団登校してくるはずの男児が、泣きながら1人で学校に来た。教師が声をかけると、
 「みんなが置いて行った」
 と訴えた。だが上級生の言い分は異なる。約束の集合時刻では遅刻するため、出発を10分早めることを決め、男児の家にも「ママが伝えた」というのだ。

◎きっかけはハワイ土産
 この児童たちが住むのは、高収入の家庭が集まるタワーマンション。中でもその上級生の母親は、きつめの言動が目立つ「ボス」格の存在だったらしい。そこで担当教師は、この一家が海外旅行で不在になった夏休み期間を利用して、同じマンションに住む10世帯以上を家庭訪問し、話を聞いた・・・

このページのトップに戻る