医療・健康
朝日新聞出版

あと5年で医療制度は破綻する 現役厚労幹部官僚が大胆告発

2016年10月13日
(9900文字)
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

少子高齢化が進む中、医療費が膨らみ続けるニッポン。「もう持たないのでは」と誰もが不安を覚えている状況に「もはや一刻の猶予もない」と警告する厚生労働省幹部が現れた。医療ガバナンスの専門家、上昌広さんが、その見方に切り込んだ。その他、一般社会と比べて10年は遅れているといわれる男社会の医療現場の実情や、米IBMのAI「ワトソン」が活躍する先端医療の現状などを含め、医療の今を伝えるレポート。

◇最短5年で医療制度破綻/現役厚労幹部官僚が大胆告発
◇10年遅れの男社会だ/女医の3割が結婚・出産などで離職
◇お手上げの医師、助ける人工知能/遺伝子を調べてがんを特定する


最短5年で医療制度破綻/現役厚労幹部官僚が大胆告発

 少子高齢化が進む中、医療費が膨らみ続けるニッポン。
 「もう持たないのでは」と誰もが不安を覚えている状況に「もはや一刻の猶予もない」と警告する厚生労働省幹部が現れた。
 医療ガバナンスの専門家、上昌広さんが、その見方に切り込んだ。
 
上昌広さん(以下、上) 日本の医療財政に破綻が迫っている。そう考えておられると聞きました。

厚労省幹部(以下、K) はい。社会保障財政も医療財政も、皆保険制度も破綻の瀬戸際です。
 国民健康保険の収支を見ると、毎年若干の黒字に見えますが、保険料収入と同等もしくはそれ以上の国庫支出金に支えられています。本来は赤字続きで、すでにシステムとしては破綻しているんです。

(上) 2014年度の総額が40兆円、15年度は41・5兆円と、医療費は膨張する一方です。団塊世代が75歳以上になる25年に向けて、今後ますますシビアになることが予想されます。

(K) 税金を補?し続けるのか、保険料や自己負担を上げるのか、選択肢は限られています。国債の発行も税金の負担増も、限界にきている。じき、膨らむ医療費に対応しきれなくなる。個人的な考えでは、25年まで現行制度が持つかもあやしい。消費税率の引き上げも10%では到底足りないでしょうし、引き上げがうまくいかなければ、最短5年で、医療制度は破綻します。

(上) 予想以上に早い破綻ですね。官僚たちは、その危機を理解しているんでしょうか。



◎対処は破綻してから?
(K) 財務省は、医療費の伸びを分析し、警告もしている。議論したがっていると思いますよ。一部の厚労官僚も認識しているはずですが、割り当てられた予算でしのいでいれば、責任は追及されない。結局、さまざまな支払いが滞り、破綻が現実的になってから、対処しようということになるのでしょう。

(上) なぜ、ここまで膨らんだのでしょう・・・

続きを読む

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

あと5年で医療制度は破綻する 現役厚労幹部官僚が大胆告発
216円(税込)

少子高齢化が進む中、医療費が膨らみ続けるニッポン。「もう持たないのでは」と誰もが不安を覚えている状況に「もはや一刻の猶予もない」と警告する厚生労働省幹部が現れた。医療ガバナンスの専門家、上昌広さんが、その見方に切り込んだ。その他、一般社会と比べて10年は遅れているといわれる男社会の医療現場の実情や、米IBMのAI「ワトソン」が活躍する先端医療の現状などを含め、医療の今を伝えるレポート。(2016年10月3日号、9900字)

    ビューアで読む

    スマートフォン、iPadでも読めますこの商品のアドレスをメールで送る

    Facebookでのコメント

    ご利用上の注意

    • WEB新書は、インターネットにつないだパソコン、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどインターネットブラウザを搭載した情報端末からの閲覧に対応しています。携帯電話からの閲覧には対応していません。
    • WEB新書は、著作権保護のためパソコンのローカル環境への保存はできない仕様となっています。あらかじめご了承ください。
    • WEB新書の購読には指定の料金が必要です。料金は商品のご購読時に1回発生します。ご購読後は何度でも繰り返しご覧いただけます。商品の閲覧権は1年間保証されます。ただし、著作権者や出版社などの事情により、販売停止や閲覧停止になる場合があります。
    • WEB新書の料金のお支払いはクレジットカードでの決済となります。朝日新聞社が提供する課金・認証サービス「朝日ID」への会員登録および、購読手続きが必要です。
    • WEB新書の購読に伴う取引は、「朝日ID」を運営する朝日新聞社とお客様との間のお取引になります。
    • 購読手続きが完了した商品は、商品の記事を全文閲覧することができます。購読期間中は「マイWEB新書」に保存され、何度でも閲覧することができます。マイWEB新書へのアクセスおよび、商品の閲覧には「朝日ID」へのログインが必要です。
    • WEB新書のサービスの内容や購入手続きに関して不明な点は、こちらの問い合わせ窓口よりお願いいたします。

    このページのトップに戻る