医療・健康
朝日新聞出版

病院より市販薬? 「かかりつけ薬剤師」の時代

2016年11月17日
(7200文字)
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

 市販薬を服用したり休養したりして1週間ほどでよくなる体調不良は、医療機関にかかる必要はない、代わりに薬局へ――。こうした考え方の背景にあるのが、政府が成長戦略として推進する「セルフメディケーション」だ。普段から自分で健康を管理し、軽い体調不良なら薬剤師などを活用して自分で治すことを推奨している。2017年1月からは特定の市販薬を年間1万2千円以上購入した世帯への医療費控除が始まる。「かかりつけの薬剤師」を普及させようと、診療報酬も新設された。クスリとの付き合い方は変わりつつあるのか。

◇病院に行くか、薬局で十分か/忙しい人のクスリとの付き合い方
◇十分理解きちんと服用/薬の真実


病院に行くか、薬局で十分か/忙しい人のクスリとの付き合い方

 仕事に追われているときに限って、体のどこかが気になり始める。
 そんな経験をしたビジネスパーソンは少なくないだろう。
 病院に行くのもいいが、「2時間待って診療3分」では、あまりに非効率。
 ならば、市販薬があるじゃないか――そう思ったアナタ、「クスリ」との付き合い方を考え始めるチャンスです。

 東京都内の会社員の女性(32)は、ちょっとした不調なら、薬局で買う薬で済ませている。
 「平日に仕事を抜け出して病院に行くのは難しいし、会社近くで夜間も開いているクリニックも増えてはきたけれど、混んでいます。病院に行っても診察はあっという間のことが多くて、待ち時間を考えれば、風邪くらいなら薬局で薬を買ったほうが断然、コスパがいいんです」
 医薬品は医療用、一般用に分けられる。医療用は、医師が自ら使うか、処方して患者に出す薬で、効き目が強いが、時に重大な副作用を起こす可能性がある。一般用は市販薬とも呼ばれ、処方箋なしに買えるが、効き目は穏やかで、副作用も比較的少ないとされる。
 全国の薬局の数は約5万8千。コンビニエンスストアより多い。忙しい働く世代にとっては、病院やクリニックに行くよりも、近所の薬局やドラッグストアで手に入る手近な市販薬のほうが使い勝手がいい。

◎よく効く市販薬増加中
 その上、市販薬の質も良くなってきている。
 「医療用医薬品の成分が市販薬に転用され、薬局などで買えるようになってきました。市販薬の質は、かつてとは全く変わったといっていいでしょう」
 薬剤師で、慶應義塾大学教授の山浦克典さんが言う。
 解熱鎮痛薬「ロキソニンS」、胃腸薬「ガスター10」……。
 薬局やドラッグストアにずらりと並ぶ市販薬の中でも、ひときわ目立つ扱いのこれらの薬は、かつて医師が処方していた薬だ。それらが、薬局でカウンター越し(Over The Counter)で買えるようになったことから「スイッチOTC医薬品」と呼ばれる。
 これまでに承認されたスイッチOTC医薬品の成分数は82。ここ10年で急増し、薬局などに並ぶ市販薬全体の1割以上を占めると見られている。
 医療用医薬品に負けず劣らず、よく効く市販薬が増えてきたのだ。だが当然、その分リスクも高まる・・・

続きを読む

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

病院より市販薬? 「かかりつけ薬剤師」の時代
216円(税込)

 市販薬を服用したり休養したりして1週間ほどでよくなる体調不良は、医療機関にかかる必要はない、代わりに薬局へ――。こうした考え方の背景にあるのが、政府が成長戦略として推進する「セルフメディケーション」だ。普段から自分で健康を管理し、軽い体調不良なら薬剤師などを活用して自分で治すことを推奨している。2017年1月からは特定の市販薬を年間1万2千円以上購入した世帯への医療費控除が始まる。「かかりつけの薬剤師」を普及させようと、診療報酬も新設された。クスリとの付き合い方は変わりつつあるのか。(2016年11月7日号、7200字)

    ビューアで読む

    スマートフォン、iPadでも読めますこの商品のアドレスをメールで送る

    Facebookでのコメント

    ご利用上の注意

    • WEB新書は、インターネットにつないだパソコン、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどインターネットブラウザを搭載した情報端末からの閲覧に対応しています。携帯電話からの閲覧には対応していません。
    • WEB新書は、著作権保護のためパソコンのローカル環境への保存はできない仕様となっています。あらかじめご了承ください。
    • WEB新書の購読には指定の料金が必要です。料金は商品のご購読時に1回発生します。ご購読後は何度でも繰り返しご覧いただけます。商品の閲覧権は1年間保証されます。ただし、著作権者や出版社などの事情により、販売停止や閲覧停止になる場合があります。
    • WEB新書の料金のお支払いはクレジットカードでの決済となります。朝日新聞社が提供する課金・認証サービス「朝日ID」への会員登録および、購読手続きが必要です。
    • WEB新書の購読に伴う取引は、「朝日ID」を運営する朝日新聞社とお客様との間のお取引になります。
    • 購読手続きが完了した商品は、商品の記事を全文閲覧することができます。購読期間中は「マイWEB新書」に保存され、何度でも閲覧することができます。マイWEB新書へのアクセスおよび、商品の閲覧には「朝日ID」へのログインが必要です。
    • WEB新書のサービスの内容や購入手続きに関して不明な点は、こちらの問い合わせ窓口よりお願いいたします。

    このページのトップに戻る