経済・雇用
朝日新聞出版

電通だけじゃない 過労死寸前なのは私だ

初出:AERA2016年11月21日号
WEB新書発売:2016年12月1日
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京大学を卒業し、社会人として一歩を踏み出したばかりの24歳の女性が、過労のためにうつ病になって、命を落とした。「働くのつらすぎでは」「眠りたい以外の感情を失った」という言葉を残して。彼女だけではない。仕事に人生を乗っ取られてしまうかのような過酷な働き方に苦しむ人が、日本中にいる。日本の職場は変わらなければならない。

◇第1章 電通だけじゃない 過労死寸前なの、私だ。
◇第2章 糸井重里さんが語る「働く人のおまじない」
◇第3章 あなたも誰かを追い詰めている/「過剰品質」大国ニッポンの死角


第1章 電通だけじゃない 過労死寸前なの、私だ。

「自分がやらなければ審査が止まり、被災された方に迷惑をかけてしまう。休みたいと考える余裕すらありませんでした」
 一井唯史さん(35)は、傷病休職期間切れで、2016年11月5日に勤務先の東京電力を解雇された。
 2003年に東電に入社。11年9月には原発事故賠償業務の法人部門に、13年2月には法人部門の賠償を統括するチームに異動になった。統括チームは、当初は6人。専門知識、緻密な分析力、論理的な思考力が求められ、ミスが許されないプレッシャーもあった。1人は心神喪失が激しくなり、4人が別の業務を兼務したことで、一井さんの負荷は急激に増えた。
 13年3月の残業時間は89時間。休日の持ち帰り仕事とサービス残業を合わせると169時間。睡眠時間は、1日4時間を切った。6月になると吐き気と視野狭窄に襲われ、布団から起き上がれなくなった。
 7月に賠償業務を離れたが、めまいや記憶障害が続き、9月に「うつ状態」と診断されて休職。一井さんによれば会社は「私傷病」扱いとした。2016年10月下旬、労働基準監督署に労災申請し、労働環境の悪化に歯止めをかけたいと実名での告発に踏み切った。東電は「個別の事案」だとして、取材に詳細を明かさなかった。一井さんは言う。
 「心身がボロボロになるまで働きました。それでも仕事のせいではないと言うのでしょうか」

◎8割超が身近に過労死
 2016年10月7日、母親の幸美さん(53)の記者会見で、電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が2015年、過労の末に自殺していたことが明らかになった。1カ月後の11月7日には厚生労働省が労働基準法違反の疑いで電通を強制捜査。ネットには、「電通だけじゃない」の声があふれた・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

電通だけじゃない 過労死寸前なのは私だ
216円(税込)
  • 著者熊澤志保、深澤友紀、野村昌二、片桐圭子 写真部・東川哲也
  • 出版社朝日新聞出版
  • 出版媒体AERA

東京大学を卒業し、社会人として一歩を踏み出したばかりの24歳の女性が、過労のためにうつ病になって、命を落とした。「働くのつらすぎでは」「眠りたい以外の感情を失った」という言葉を残して。彼女だけではない。仕事に人生を乗っ取られてしまうかのような過酷な働き方に苦しむ人が、日本中にいる。日本の職場は変わらなければならない。(2016年11月21日号、14400字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る