社会・メディア
朝日新聞出版

防災の専門家が住む家に学ぶ 危ないのに人気の街に注意

初出:AERA2017年3月13日号
WEB新書発売:2017年3月23日
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本大震災から6年がたつ。被災地の復興は道半ばで、「余震」とされる地震も続く。2016年には最大震度7の地震が2度、熊本を襲った。だが、不動産の値動きを見る限り、震災の記憶は薄れていると言わざるをえない。その代表例が東京だ――。防災の観点から、人気の住宅地をチェック。専門家の住まいにも学び、拠点としての「駅」にも注目しつつ、最新の防災事情をさぐるレポート。

◇第1章 危ないのに人気の街/東京23区危険エリアに128万人
◇第2章 今度は「駅」が頼りになる/首都直下なら490万人、4大都市圏の帰宅困難者対策
◇第3章 防災の専門家が住む家に学ぶ/地震、建築の専門家が実践する備えや、自宅を公開


第1章 危ないのに人気の街/東京23区危険エリアに128万人

 東日本大震災から6年がたつ。被災地の復興は道半ばで、「余震」とされる地震も続く。2016年には最大震度7の地震が2度、熊本を襲った。だが、不動産の値動きを見る限り、震災の記憶は薄れていると言わざるを得ない。その代表例が、東京だ。

 たどり着いたのは、2016年に日本で一番有名になった「階段」だった。
 1400人(17年3月現在)が暮らす東京都新宿区須賀町。須賀神社など寺社が多いこともあり、都心とは思えないほど静かで、古い町並みが残る。ドラマや映画のロケにも使われ、16年に大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」で主人公2人がすれ違うシーンのモデルになったのが、須賀神社の境内に続く階段だった=写真。いまや国内外からファンが訪れる「聖地」となっている。


 ここが、東京23区で最も「危険度が高いのに値上がりしている人気の街」だと知ったら、聖地巡礼中の観光客も驚くだろう。
 有史以来、数々の大地震に見舞われてきた東京都は、1975年から「地震に関する地域危険度測定調査」を行い、都内の市街化区域5133町丁について、地震で建物が倒れる危険性、火事が燃え広がる危険性をランクづけしてきた。「町丁」とは市区町村内の住居表示に用いられる区分のことで、地盤が弱かったり液状化の可能性があったりして建物が倒れやすい地区は建物倒壊危険度が、燃えやすい木造住宅が狭い路地を挟んで密集している地区は火災危険度が高くなる。
 最新の13年調査によれば、両ランクを総合的に見て、災害時の救助の難しさを考慮した総合危険度で、5段階のうち「危険度最高」「危険度高」と分類された368町丁はすべて東京の中心である23区内にある。そのエリアに、128万人(15年時点)が暮らす・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

防災の専門家が住む家に学ぶ 危ないのに人気の街に注意
216円(税込)
  • 著者福井洋平、作田裕史、野村昌二、長倉克枝
  • 出版社朝日新聞出版
  • 出版媒体AERA

東日本大震災から6年がたつ。被災地の復興は道半ばで、「余震」とされる地震も続く。2016年には最大震度7の地震が2度、熊本を襲った。だが、不動産の値動きを見る限り、震災の記憶は薄れていると言わざるをえない。その代表例が東京だ――。防災の観点から、人気の住宅地をチェック。専門家の住まいにも学び、拠点としての「駅」にも注目しつつ、最新の防災事情をさぐるレポート。(2017年3月13日号、10900字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る