教育・子育て
朝日新聞出版

東大法学部は砂漠だ 将来が見えない、授業が苦痛で逃げ出す学生たち

初出:AERA2017年3月27日号
WEB新書発売:2017年4月6日
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

東大法学部の人気凋落――そんな声が近年ささやかれている。官僚も政治家も弁護士も魅力がない。だったら法学部に行かなくてもいい。意識の高い学生が逃げ、法学部にはやる気のない学生がたまっている、というのである。実態はどうなのか。日本の最高学府を取材してみると、意外な実態が浮かび上がった。

◇第1章 東大法学部は「砂漠」だ/それでも咲く志の花がある
◇第2章 プロレスも弁護士も/逆境にこそ燃える、異色さ際立つOBたち もがく東大法学部
◇第3章 「超東大」留学生、キャリアの作り方/日本の学歴を飛び越えた学生たちは今


第1章 東大法学部は「砂漠」だ/それでも咲く志の花がある


 〈「文1→法」の人気低迷に迫る 授業・試験に不満? 「つまらない」「一方通行の講義」〉
 週1回発行される学生新聞「東京大学新聞」の2016年9月6日号1面の見出しだ。
 次の表にもあるように数多くの官僚や政治家、法曹関係者が輩出する東大法学部。三権と金融にまんべんなく人脈が広がる日本のエリートの代名詞だ。


 日本の文系学部では最難関の東大教養学部(前期)文科一類(文1)に入学した学生の多くが、3年次に法学部を「進学」先としてきた。だが、その様相が近年変わり、記事によれば文1から法学部以外を志望する学生が、2008年度の19人から2017年度は76人と4倍に膨れ上がったのだ(第1段階第1次志望時)。文1の定員は約400人だから、4分の1近くが法学部以外に進学を希望していることになる。



◎受講が苦痛な授業も
 明治期は後進国だった日本にとって、国を引っ張る役割を果たしてきたのは官僚だ。その養成機関の役割が与えられてきた東京帝国大学→東京大学法学部。だが高度成長期が終わり規制緩和の時代になってから官僚の地位は下がり、東大法学部の輝きも失われた――『東京大学 エリート養成機関の盛衰』などの著書がある京都女子大学客員教授の橘木俊詔さんは、こう分析する。
 「天下りが難しくなり、官僚から政治家というコースも、首相は宮澤喜一以降出ていない。それだけ、官僚になるメリットが減ったわけです・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

東大法学部は砂漠だ 将来が見えない、授業が苦痛で逃げ出す学生たち
216円(税込)
  • 著者編集部 福井洋平、高橋有紀、石田かおる
  • 出版社朝日新聞出版
  • 出版媒体AERA

東大法学部の人気凋落――そんな声が近年ささやかれている。官僚も政治家も弁護士も魅力がない。だったら法学部に行かなくてもいい。意識の高い学生が逃げ、法学部にはやる気のない学生がたまっている、というのである。実態はどうなのか。日本の最高学府を取材してみると、意外な実態が浮かび上がった。(2017年3月27日号、9500字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る