経済・雇用
朝日新聞出版

マクドナルドはなぜ復活できたのか 社長独占インタビュー

初出:AERA2017年7月3日号
WEB新書発売:2017年7月13日
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年夏に浮上した協力工場での期限切れ鶏肉使用問題。15年1月には異物混入問題も発生し、日本マクドナルドHDは15年12月期、連結決算で上場以来最大の347億円の赤字に転落した。しかし、16年12月期には53億円の黒字を達成し、V字回復。消費者に謝罪するはずの記者会見で「私たちも被害者」と述べて批判された社長のサラ・カサノバとマクドナルドは、いかにしてあのどん底から抜け出したのか。社長インタビューと、対策に奔走した当事者の証言で浮かび上がる「企業復活の条件」。

◇第1章 「茨城の8人」からの出直し/日本マクドナルド社長、サラ・カサノバ独占インタビュー
◇第2章 公開に次ぐ公開ですべてを見える化した/日本マクドナルド本社の1200日
◇第3章 本社と現場をもっと近くに/気づきさえすればやれることはある


第1章 「茨城の8人」からの出直し/日本マクドナルド社長、サラ・カサノバ独占インタビュー

 2014年夏に浮上した協力工場での期限切れ鶏肉使用問題。
 15年1月には異物混入問題も発生し、日本マクドナルドHDは15年12月期、連結決算で上場以来最大の347億円の赤字に転落した。しかし、16年12月期には53億円の黒字を達成し、V字回復。消費者に謝罪するはずの記者会見で「私たちも被害者」と述べて批判された社長のサラ・カサノバとマクドナルドは、いかにしてあのどん底から抜け出したのか。

 店舗での写真撮影が終わると、専属通訳の女性がサッと、ハンバーガー形の小さなポーチをサラ・カサノバ(52)に手渡した。カサノバはそこからポテトの無料券を取り出すと若い男性客に歩み寄り、日本語で「すみません」。ポテト券を手渡しながら、英語で続けた。
 「騒がしくしてすみません。お食事どうでした? Good?」
 親指を立てて、屈託のない笑顔。戸惑っていた男性客もつられて笑顔になり、親指を立てて応じた。こんなふうに来店客に話しかけるのは、珍しいことではないという。
 「サラさん」
 社員はもちろん、クルーと呼ばれるアルバイトからも親しみを込めてそう呼ばれる。気さくでコミカル。それが、日本マクドナルドホールディングス(HD)社長兼CEO、サラ・カサノバの印象だった。だが、こんな笑顔を見られるようになったのは、最近のことだ。



◎私の言葉足らずでした
 13年に原田泳幸の後を継いで日本マクドナルド社長兼CEOに就任。1年後の14年7月、中国の協力工場が期限切れの鶏肉を使用していた問題が発覚した。あの鶏肉そのものが、どの会社のどの商品に使われていたのかはいまもわからない。だが、日本マクドナルドがこの工場から、チキンナゲットの2割を仕入れていたことは事実だった・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

マクドナルドはなぜ復活できたのか 社長独占インタビュー
216円(税込)

2014年夏に浮上した協力工場での期限切れ鶏肉使用問題。15年1月には異物混入問題も発生し、日本マクドナルドHDは15年12月期、連結決算で上場以来最大の347億円の赤字に転落した。しかし、16年12月期には53億円の黒字を達成し、V字回復。消費者に謝罪するはずの記者会見で「私たちも被害者」と述べて批判された社長のサラ・カサノバとマクドナルドは、いかにしてあのどん底から抜け出したのか。社長インタビューと、対策に奔走した当事者の証言で浮かび上がる「企業復活の条件」。(2017年7月3日号、11600字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る