政治・国際
朝日新聞出版

小池劇場第2幕 神のみぞ知る今後を占う

初出:AERA2017年10月23日号
WEB新書発売:2017年10月26日
AERA

このエントリーをはてなブックマークに追加

「小池劇場」は不発だった。2017年衆院選で希望の党を設立、安倍政権にまっこうから挑戦した小池百合子東京都知事。惨敗を喫した先に、「総理への道」はまだ開けているのか。「インシャラー(神のみぞ知る)」と答えた小池氏の心境はいかに。ツイッター上での各政党の人気分析なども踏まえて、小池劇場の第2幕を占います(衆院選前の状況を前提とした記事を元にしています)。

◇第1章 小池総理の道は第2ステージへ
◇第2章 神のみぞ知る「小池劇場」
◇第3章 「草の根」支えるタイムライン


第1章 小池総理の道は第2ステージへ

■政治評論家・田崎史郎さんが読む『選挙後の世界』

 衆院選公示日の2017年10月10日。希望の党の小池百合子代表は自身の選挙区だった、おひざ元の池袋(東京都豊島区)で第一声をあげた。
 「グリーンの物をお持ちください!」
 前日には希望の党の公式ツイッター上で、そんなメッセージも交え、街頭演説会の予定を公開していた。当日、演説場所を見渡してみた。「グリーンの物」を持参する聴衆はまばら。今夏の東京都議会議員選挙のような「風圧」は感じない。
 その約2時間後、駅の反対側で自民党の小泉進次郎・筆頭副幹事長が第一声をあげた。聴衆の数も小泉氏が小池氏を上回っているように見えた。
 「排除発言」以降、急速に勢いを失った小池氏。朝日新聞の序盤情勢調査(10月10、11日)によれば、自民党は単独過半数を大きく上回る勢い。一方で希望の党は伸び悩み、東京都内の選挙区でも苦戦しているようだ。小池氏は出馬することもなく、「女性初の総理大臣」への道も閉ざされたか。
 本誌は「小池総理への道」で三つのシミュレーションを作成、時事通信特別解説委員で政治評論家の田崎史郎氏にも分析してもらった・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

小池劇場第2幕 神のみぞ知る今後を占う
216円(税込)

「小池劇場」は不発だった。2017年衆院選で希望の党を設立、安倍政権にまっこうから挑戦した小池百合子東京都知事。惨敗を喫した先に、「総理への道」はまだ開けているのか。「インシャラー(神のみぞ知る)」と答えた小池氏の心境はいかに。ツイッター上での各政党の人気分析なども踏まえて、小池劇場の第2幕を占います(衆院選前の状況を前提とした記事を元にしています)。(2017年10月23日号、9700字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る