科学・環境
朝日新聞出版

サバにマグロを産ませる秘策 資源確保の切り札になるか

WEB新書発売:2010年4月20日
週刊朝日

このエントリーをはてなブックマークに追加

資源確保の切り札になるか サバにマグロを産ませる秘策


「禁輸否決」でもくすぶる火種――

 マグロは1回に数十万個の卵を産むが、自然界では成魚になれるのは限りなく0に近い。しかし、もし水槽で1年ほどで育つサバにマグロを産ませることができれば、マグロの稚魚を大量にしかも安く得られる。養殖に役立つだけでなく、海に放流すれば取りすぎた天然マグロを絶滅から救うことができる。・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

サバにマグロを産ませる秘策 資源確保の切り札になるか
216円(税込)

クロマグロ禁輸の動きが強まっている。国際取引を禁止しようとしたワシントン条約の締約国会議は何とかしのいだが、いつ再燃するかわからない。トロが食べられなくなるのも時間の問題かと覚悟していたら、意外な救世主がいた。なんと、サバにマグロを産ませて増やそうというのだ・・・。[掲載]週刊朝日(2010年4月2日号、2500字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る