【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

政治・国際
朝日新聞出版

菅首相は本当に掘り出せるのか 特別会計に眠る「埋蔵金」312兆円

WEB新書発売:2010年8月27日
週刊朝日

このエントリーをはてなブックマークに追加

菅首相は本当に掘り出せるのか 特別会計に眠る「埋蔵金」312兆円

 霞が関には「埋蔵金」が眠っている。特別会計という「ブラックボックス」に収まっているのだ。このうち二つの会計を「解体」するだけで、借金返済や財源確保に使える巨額のお金をひねり出せるという。菅直人政権はようやく、ここを「事業仕分け」すると決めた。「危機」に直面する日本財政の再建に向けて、どこまで徹底的に掘り出せるだろうか。




 世の中がお盆休みに入っても、財務省の職員は忙しいようだ。中堅幹部が民主党国会議員のもとを訪ねて、こう訴えたという。
 「消費税率を引き上げさせてください。4%幅で社会保障費を10兆円賄えます」
 この議員はあきれて、こう言い返したそうだ。
 「まだ、そんなことを言っているのか。世論が許すわけない。首相を何人代えれば気が済むんだ」
 財務省は国民の思いがどうあれ、とにかく増税が大事だと考えているのだろう。これに対して、「仕分け人」を務めた九州大学の村藤功教授が言い切る。
 「消費税を上げる必要はありません」
 代わりに何をするのか。
 村藤教授は特別会計に眠る「埋蔵金」の発掘だという。菅直人政権も、10月にも実施する「事業仕分け」の第3弾で特別会計を取り上げることにしている。
 そもそも国の会計は、防衛や警察など基本的な経費を盛り込んだ一般会計と、特定の事業や資金の運用を経理する特別会計に分かれている。「自動車安全特別会計」なら自動車の登録・検査や、無保険車による被害者の救済などを手がける。一般会計とは別に管理することで、その事業や資金の運用が適切かどうかを明確にするのが本来の目的だ。
 だが、『特別会計への道案内』の著者で元民主党国会議員秘書の松浦武志氏は、こう指摘する。
 「特別会計は一般会計より中が見えにくい『ブラックボックス』になっている」
 なにしろ数が多く、規模も巨大だ。09年度末に「特定国有財産整備特別会計」と「国立高度専門医療センター特別会計」が廃止されたが、現在18ある。11年度には「登記特別会計」が一般会計に組み込まれると決まっている。


 特別会計の10年度の歳出総額は、過去最大の一般会計の4倍に達する。「特別」なのに「一般」よりもはるかに大きい。しかも・・・

このページのトップに戻る