【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

政治・国際
朝日新聞出版

菅vs.小沢の民主代表選はアンシャンレジームと破壊者との最終決戦だ

WEB新書発売:2010年9月10日
週刊朝日

このエントリーをはてなブックマークに追加

菅vs.小沢の民主代表選はアンシャンレジームと破壊者との最終決戦だ

 民主党の小沢一郎前幹事長が民主党代表選への出馬を表明したが、マスコミの多くは「反小沢」対「親小沢」との単純化した構図でみる。しかし、この戦いの真の意味は、既存の権力構造の保持者と化してしまった菅政権と、それら既得権を破壊しようとする小沢氏との『最終決戦』だということを忘れてはいけないのだ。




 小沢一郎前幹事長の民主党代表選出馬について、多くのマスコミは「青天の霹靂」と書いていた。果たしてそうだろうか。実は、小沢周辺の動きを取材していれば、今回の出馬はかなりの確度で予測できたものだ。それはラジオ番組やウェブ連載で筆者も指摘してきた通りである。
 詳細については後述するが、今回の菅首相対小沢氏の戦いを、民主党内の単純な政争だと片づけるのは早計に過ぎる。小沢氏が挑むのは、反小沢の御旗を掲げ、「政治とカネ」で対抗する菅政権ではなく、1955年以来、変わらず日本を支配してきたアンシャンレジーム(旧制度)、つまり権力構造そのものだからだ。・・・

このページのトップに戻る