【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

世相・風俗
朝日新聞出版

家庭を壊していく 「産後セックスレス」の脅威

初出:2011年2月11日号
WEB新書発売:2011年2月10日
週刊朝日

このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭を壊していく 「産後セックスレス」の脅威

◆夫はいらない子供が一番大事
◆アツアツ夫婦の陰に「夫の協力」

 世界一セックスしない国、ニッポン。特に出産後のカップルの3割がセックスレスに陥っているとか。その原因は男性だけにあらず、むしろ女性の気持ちにあるという。「今さら妻となんかできないよ」と言う夫の陰で、「こっちの台詞(せりふ)や」と言いたげな妻。子宝を授かった喜びが暗転しかねない産後セックスレスの脅威とは──。




 夫婦間におけるセックスレス問題はよく、夫に原因があるように思われがちだ。
「妻とはもう何年もやっていない」
 そう言う夫たちの中には、
「子どもができたら妻が母親になり、女として見られなくなった」
 と口にする人が多い。しかし、口にはせずとも「やる気」が失せるのはむしろ妻側のようだ。
 厚生労働省の研究班が16〜49歳の男女3千人を対象に実施した「第5回男女の生活と意識に関する調査 2010」によると、結婚しているカップルのうち「この1カ月間セックス(性交渉)をしていない」と答えた人は40・8%に達した。少子化にあえぐ日本ならではの数字だ。
 理由のトップは、「出産後なんとなく」(20・9%)で、その割合は男性(18・9%)より女性(22・1%)のほうが上回った。つまり、子どもを産んだ多くの妻たちが、セックスに気が向かなくなっているのだ。
 調査を担当した社団法人日本家族計画協会クリニック所長の北村邦夫婦人科医はこう説明する。・・・

このページのトップに戻る