【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

教育・子育て
朝日新聞出版

命かけた『SOS』握りつぶす 子どものいじめ自殺「ゼロ」統計の欺瞞

初出:2011年3月11日号
WEB新書発売:2011年3月11日
週刊朝日

このエントリーをはてなブックマークに追加

命かけた『SOS』握りつぶす 子どものいじめ自殺「ゼロ」統計の欺瞞

 子どもがいじめに悩んで死を選ぶ。遺書でいじめを告発する──そんなニュースが絶えない。しかし、学校や文部科学省は、子どもたちが命をかけて訴えた声を握りつぶし、「いじめ自殺」を認めない。役人は「隠蔽はない」と言うけれど、あまりにおかしな統計の数字が、その欺瞞(ぎまん)を明らかにしている。




 この数字を知ってほしい。
 文部科学省の統計によると、2000年度から04年度の5年間で、子どもの「いじめを主たる理由とする自殺件数」は「0」件となっている。では、実際にその5年間でいじめ自殺は起こっていないのか? そんなわけはない。
 00年、福岡県の男子高校生と中学生が同級生などからの恐喝や暴行を苦に自殺。埼玉県の中学生が2人、長崎県の男子中学生、長野の男子高校生、千葉県の女子中学生……など、この1年だけでも10件以上の「いじめ自殺」が、報道からは確認できる。
 また、警察庁の発表によると、00年に自殺した19歳以下の人は、598人にものぼる。1日に1人以上の未成年者が自ら命を絶っていて、いじめ自殺の報道が後を絶たないこの現状で、文科省の統計の数値が、あまりに現実離れして見えるのはなぜか。
「文科省のいじめ自殺の統計は、学校が作った報告書をもとにしているため、学校が隠してしまうと統計に上がらないのです」
 と説明するのは、『わが子をいじめから守る10カ条』の著者で、いじめ問題に詳しい武田さち子さんだ。
「自殺は報道されないケースも多々ありますし、警察が自殺と認定しても、学校と教育委員会が事故死として扱う場合もあります。私が見てきたケースの中には、生徒への調査で『いじめ』が明らかだという結果が出ると・・・

このページのトップに戻る