政治・国際
朝日新聞出版

二階幹事長・菅官房長官が初対談 不仲説はどこまで本当?

2017年02月23日
(5700文字)
週刊朝日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍晋三政権を支える二階俊博・自民党幹事長、菅義偉官房長官の2人が初めて対談した。トランプ米大統領、小池百合子東京都知事、解散・総選挙……。不仲説も取り沙汰される2人に縦横無尽に語ってもらった。司会は作家・大下英治氏。

◇第1章 70分の初対談
◇第2章 解散タイミング、今まで失言せず


第1章 70分の初対談

 
大下 トランプ米国大統領が誕生して、安倍総理の訪米が予定されています。難しい交渉になるでしょうね。

菅 なかなか、手ごわそうです(笑)。いろんな情報を収集していますが、メディアで言われているような単純な考えの人ではなさそうです。2016年暮れにトランプ氏に最も近いと言われる人物が来日したので1時間ほど会ったのです。彼が言うには(トランプ氏は)結果が出ることを、まず先にやるんだということです。


大下 政治家みたいに長い布石は打たないんですね。

菅 まず成果が出ることを先にやり、それを国民に見せる。そして既存メディアは信用していない。だからツイッターを使うんです。ツイートする時は戦略的、戦術的に考えた上でツイートしていると言うんですよ。例えば、選挙中にツイッターで「メキシコ国境に壁を造る」と打っていましたね。これは、メキシコとの関係では、不法移民問題が蔓延し、麻薬の問題もあり、何とかして欲しいと思っている人が多数いた。それに対し、トランプ陣営として何を有権者に示すのがいいかと考え、「壁を造る」と発信した。これで、有権者は、トランプ候補は自分たちの抱える問題をよくわかっていると思うのです。自分の意思がツイッターなら伝わると思っているようですね・・・

続きを読む

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

二階幹事長・菅官房長官が初対談 不仲説はどこまで本当?
216円(税込)

安倍晋三政権を支える二階俊博・自民党幹事長、菅義偉官房長官の2人が初めて対談した。トランプ米大統領、小池百合子東京都知事、解散・総選挙……。不仲説も取り沙汰される2人に縦横無尽に語ってもらった。司会は作家・大下英治氏。(2017年2月17日号、5700字)

    ビューアで読む

    スマートフォン、iPadでも読めますこの商品のアドレスをメールで送る

    Facebookでのコメント

    ご利用上の注意

    • WEB新書は、インターネットにつないだパソコン、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどインターネットブラウザを搭載した情報端末からの閲覧に対応しています。携帯電話からの閲覧には対応していません。
    • WEB新書は、著作権保護のためパソコンのローカル環境への保存はできない仕様となっています。あらかじめご了承ください。
    • WEB新書の購読には指定の料金が必要です。料金は商品のご購読時に1回発生します。ご購読後は何度でも繰り返しご覧いただけます。商品の閲覧権は1年間保証されます。ただし、著作権者や出版社などの事情により、販売停止や閲覧停止になる場合があります。
    • WEB新書の料金のお支払いはクレジットカードでの決済となります。朝日新聞社が提供する課金・認証サービス「朝日ID」への会員登録および、購読手続きが必要です。
    • WEB新書の購読に伴う取引は、「朝日ID」を運営する朝日新聞社とお客様との間のお取引になります。
    • 購読手続きが完了した商品は、商品の記事を全文閲覧することができます。購読期間中は「マイWEB新書」に保存され、何度でも閲覧することができます。マイWEB新書へのアクセスおよび、商品の閲覧には「朝日ID」へのログインが必要です。
    • WEB新書のサービスの内容や購入手続きに関して不明な点は、こちらの問い合わせ窓口よりお願いいたします。

    このページのトップに戻る