【お知らせ】WEB新書は閉店しました。

文化・芸能
朝日新聞出版

小林麻央さん最期のことば 酵素風呂、鍼灸院…快復を祈った海老蔵の愛

初出:2017年7月7日
WEB新書発売:2017年6月29日
週刊朝日

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がんで闘病中だった小林麻央さんが、34歳の若さで亡くなった。「僕を変えた奥さん」と会見で語った市川海老蔵。かつて「やんちゃ」伝説を打ち立ててきた彼にとって、まさに改心の支えだったのだろう。「愛してる」と告げ、幼い子供を残して旅立った妻に、何を誓ったのか。

◇第1章 麻央さんが変えた海老蔵
◇第2章 「わが家は最高の場所です」家族と過ごせた最後の1カ月
◇第3章 もう会えない母の代わりに海老蔵が子供2人にできる


第1章 麻央さんが変えた海老蔵

 2017年6月23日午後。会見に臨んだ歌舞伎俳優の市川海老蔵の目元は、落ちくぼんでいた。乳がんを患った妻・小林麻央さんの闘病生活に寄り添ってきた2年8カ月の時を刻むような、重々しさがあった。
「彼女は、治ったら、多くの人の救いになれるような存在になりたいと、一生懸命闘病していました」
 その思いに応えようと、海老蔵は奔走していた。
 海老蔵が京都で通う酵素風呂の店を、本誌は麻央さんが亡くなる前日、取材していた。
 殺菌力のあるヒノキのおがくずに米ぬかなどを入れて自然発熱させ、その中に入る酵素風呂。・・・

このページのトップに戻る