社会・メディア
朝日新聞出版

65歳からのハローワーク 俺たちに老後はない!仕事はある!

初出:週刊朝日2017年8月18日―25日号
WEB新書発売:2017年8月31日
週刊朝日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンビニや飲食店の店員が意外なほど高齢で、最初は驚いたがすぐになれた、という人もいるだろう。高齢化が進む日本。もともと勤労志向が強い上に最近の人手不足も手伝い、高齢の人材は引く手あまただ。働き方の多様化が言われる現在。新卒で正社員として会社に就職し、定年まで勤めて老後は悠々自適――といったイメージそのものが古いのかも知れない。労働市場は、もはや戦後ではない?

◇第1章 65歳からのハローワーク
◇第2章 職種や勤務内容はいろいろ、経験を生かして高収入を
◇第3章 報酬よりやりがい重視、シルバー人材センター
◇第4章 過去のこだわり捨てて、大きな視野で選ぶ仕事


第1章 65歳からのハローワーク

 高齢者は自宅でノンビリ過ごすもの。こんなイメージがなくなって久しい。65歳以上の5人に1人が働いていて、その割合はドイツの4倍近く。仕事の内容も、小売りから製造業、福祉関連まで幅広い。「死ぬまで現役」社会はすぐそこまできている。あなたも仕事探し、始めませんか。

 「いらっしゃいませ。店内でお召し上がりですか」
 入ると元気な声で迎えてくれるファストフード店。店頭では女子高生らに交じって、65歳以上の女性が活躍している。大阪市の女性(66)は、4年前から大手チェーンのパートタイマーだ。妹が働いていたこともあり、関心を持った。履歴書を店舗に持っていき、常識を問うペーパーテストや面接を経て採用された。
 「高校生や外国人のスタッフもいるが、高齢者も多い。70歳が1人、69歳が2人、68歳が1人と、私より年上の人も頑張っている。体力的にきつい人は、1日4時間勤務でもいい。少しでも稼ごうと、他の仕事と掛け持ちをしている人もいる。私は親の介護で1カ月休んだこともあった。自分の都合に合わせて働くことができる」
 ファストフード店では調理や片付けなど、さまざまな役割がある。若い人に交じって働くためには、コミュニケーション能力も求められる。
 「業務が忙しいときは同僚と協力しないと、店がまわらない。スタッフ間の雰囲気が悪くならないよう、年齢に関係なく話しかけるようにしている」
 ファストフードに限らず飲食業界は、人手不足が深刻だ。女性だけでなく男性も採用しており、働くチャンスは高まっている・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

65歳からのハローワーク 俺たちに老後はない!仕事はある!
216円(税込)

コンビニや飲食店の店員が意外なほど高齢で、最初は驚いたがすぐになれた、という人もいるだろう。高齢化が進む日本。もともと勤労志向が強い上に最近の人手不足も手伝い、高齢の人材は引く手あまただ。働き方の多様化が言われる現在。新卒で正社員として会社に就職し、定年まで勤めて老後は悠々自適――といったイメージそのものが古いのかも知れない。労働市場は、もはや戦後ではない?(2017年8月18日―25日号、5400字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る