経済・雇用
朝日新聞出版

人気がある駅・ダメな駅 品川が渋谷を抜いた?

初出:週刊朝日2017年8月18日―25日号
WEB新書発売:2017年8月31日
週刊朝日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR東日本がまとめた2016年度の乗車人員数で「異変」が起きた。それまで上位は不動だったが、なんと品川が渋谷を抜いて5位になったのだ(ちなみに1〜3位は新宿、池袋、東京)。東京の新しい玄関口として存在感を高める品川と、鉄道の相互乗り入れなどで地盤沈下気味の渋谷の差が出たのかも知れない。乗降客が増えている駅は他にもある。品川の隣の大崎、秋葉原、北千住、武蔵小杉などだ。首都圏に限らず関西圏や中京圏、またJRに限らず地下鉄や私鉄(民鉄)のデータを分析した。

◇第1章 首都圏/新たな玄関口、品川・秋葉原
◇第2章 関西圏/目立つ郊外駅の利用者マイナス
◇第3章 中京圏/好調な経済、通勤定期の利用増


第1章 首都圏/新たな玄関口、品川・秋葉原

 朝のJR品川駅を歩くと、花火大会終了後の帰り道のような大混雑だった。
 駅西側の高輪口と東側の港南口を結ぶ幅20メートル、長さ200メートル超の自由通路は、通勤客らでいっぱい。線路をまたぐ高架式通路は、人波で揺れを感じるほどだ。
 人の流れは、港南口へと向かう。再開発でオフィス街が形成され、日本マイクロソフトや三菱重工業など数多くの企業が本社を構えている。
 JR東日本がまとめた2016年度の駅別乗車人員ランキング(1日平均、以下同じ)によると、品川は前年比2・9%増の37・2万人。前年比0・2%減で37・1万人の渋谷を抜き、初の5位になった。新宿、池袋、東京、横浜、渋谷の5駅が上位の常連だったが、勢力図が変わった。
 東海道新幹線の駅が03年に開業し、羽田空港とをつなぐ京浜急行との乗り換えにも便利。15年春には、高崎・宇都宮・常磐の各線と東海道線とを結ぶ上野東京ラインも開業した。
 品川は東京の玄関口としての存在感が高まっている。乗車人員を10年前の06年度と比べるとその変化は際立ち、14%減の渋谷に対し、品川は20%も増えた(図)。

 「渋谷駅が終点だった東急東横線と東京メトロ副都心線が13年に相互乗り入れを始め、JR渋谷駅は乗り換え客が減ったと考えられます。また、品川駅の隣の大崎駅との間でも、利用客が増えているようです・・・

購入する

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

人気がある駅・ダメな駅 品川が渋谷を抜いた?
216円(税込)

JR東日本がまとめた2016年度の乗車人員数で「異変」が起きた。それまで上位は不動だったが、なんと品川が渋谷を抜いて5位になったのだ(ちなみに1〜3位は新宿、池袋、東京)。東京の新しい玄関口として存在感を高める品川と、鉄道の相互乗り入れなどで地盤沈下気味の渋谷の差が出たのかも知れない。乗降客が増えている駅は他にもある。品川の隣の大崎、秋葉原、北千住、武蔵小杉などだ。首都圏に限らず関西圏や中京圏、またJRに限らず地下鉄や私鉄(民鉄)のデータを分析した。(2017年8月18日―25日号、6100字)

    スマートフォン、タブレットでも読めます。

    Facebookでのコメント

    このページのトップに戻る