医療・健康
毎日新聞社

人生が激変 副交感神経を高める10の習慣

2011年08月12日
(4000文字)
サンデー毎日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 私たちの意思とは関係なく働き、「体の危機管理システム」といわれる自律神経。その自律神経の副交感神経の働きを高めると健康人生が送れるという。だれでもできる10の習慣を紹介しよう。





 「健康を保つだけでなく、仕事やスポーツで『ここぞ』という時に能力を全開にできる方法があります。それは自律神経の一つ、副交感神経の働きを高めることなのです。バランスを意識することですべてが良い方向に変わり、人生が激変します」

 そう話すのは『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(サンマーク出版)の著者で順天堂大の小林弘幸教授だ。小林教授は30代の頃、小児外科医として手術や当直と徹夜が何日も続く激務を続けていた。頭痛や不整脈があり、常にイライラして怒りっぽかったという。

 「当時は疲れのせいと思っていました。しかし、自律神経の研究を進めていくうちに、そうした症状は交感神経が極端に優位になっていたからだと気づきました」

 自律神経は交感神経と副交感神経の2種類で成り立っている。

 アクティブな日中は交感神経が支配し、夜は副交感神経が優位になりリラックスモードになる。ブレーキとアクセルに例えられることが多いが、一方が高くなると、もう一方が低くなる関係ではない。交感・副交感の両方が高い場合、片方だけが低い場合、両方低い場合がある。

 「最も心身の状態がいい時は、交感・副交感神経の両方とも高いレベルで活動している時です。30代の頃の私の不調は、交感神経が過剰に優位だったことが原因でした。交感神経が優位になると血管が過剰に収縮して血圧が高くなり、頭痛が起きたり心拍数が多い状態が続いて不整脈を誘発するのです」(小林教授)

男は30歳、女は40歳から急激に低下


 現代人のほとんどは小林教授と同じように交感神経の活動が高く、副交感神経が低い状態にあるという。小林教授らの研究グループが5年ほど前に行った調査によると、副交感神経の働きは加齢に伴って低下することが分かっている。・・・

この記事の続きは、WEB新書でお読みいただけます。

人生が激変 副交感神経を高める10の習慣

私たちの意思とは関係なく働き、「体の危機管理システム」といわれる自律神経。その自律神経の副交感神経の働きを高めると健康人生が送れるという。だれでもできる10の習慣を紹介しよう。[掲載]サンデー毎日(2011年8月14日号、4000字)

スマートフォン、iPadでも読めますこの商品のアドレスをメールで送る

Facebookでのコメント

ご利用上の注意

  • WEB新書は、インターネットにつないだパソコン、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどインターネットブラウザを搭載した情報端末からの閲覧に対応しています。携帯電話からの閲覧には対応していません。
  • WEB新書は、著作権保護のためパソコンのローカル環境への保存はできない仕様となっています。あらかじめご了承ください。
  • WEB新書の購読には指定の料金が必要です。料金は商品のご購読時に1回発生します。ご購読後は何度でも繰り返しご覧いただけます。商品の閲覧権は1年間保証されます。ただし、著作権者や出版社などの事情により、販売停止や閲覧停止になる場合があります。
  • WEB新書の料金のお支払いはクレジットカードでの決済となります。朝日新聞社が提供する課金・認証サービス「Jpass」への会員登録および、購読手続きが必要です。
  • WEB新書の購読に伴う取引は、「Jpass」を運営する朝日新聞社とお客様との間のお取引になります。
  • 購読手続きが完了した商品は、商品の記事を全文閲覧することができます。購読期間中は「マイWEB新書」に保存され、何度でも閲覧することができます。マイWEB新書へのアクセスおよび、商品の閲覧には「Jpass」へのログインが必要です。
  • WEB新書のサービスの内容や購入手続きに関して不明な点は、こちらの問い合わせ窓口よりお願いいたします。

このページのトップに戻る