無料無料商品一覧

  • 経済・雇用
    朝日新聞社

    今の日本はさらっとしすぎ DDI、イー・アクセス創業者がたどった「狭き道」

    • 発行日2015年07月16日
    • 著者安井孝之
    • 出版社朝日新聞社
    • 出版媒体朝日新聞

    日本電信電話公社が30年前に民営化され、通信の自由化が始まった。その間、千本倖生さんは電電公社から新規参入した通信会社、第二電電(DDI、現KDDI)に移り、自由化の中核を担った。自らブロードバンド会社を起業し、育てた会社をソフトバンクに売却するという離れ業も演じた。自由化に揺れた通信業界で、常に変化をリードし続けてこれた秘訣はなんだったのか? 60年代から70年代と比べて今の日本は「さらっとしすぎ」というベンチャー起業家が、これまでの経験を振り返るとともに次代に贈る熱いメッセージ。[掲載]朝日新聞

  • 社会・メディア
    朝日新聞社

    【無料】砂上の原発 どうする地震列島に57基

    • 発行日2013年02月15日
    • 著者佐々木英輔
    • 出版社朝日新聞社
    • 出版媒体朝日新聞

    3・11の巨大地震と大津波は福島原発に大打撃を与え、未曾有の環境破壊をもたらした。だが、津波の危険性は以前から指摘されていた。国、電力会社、原子力の専門家らはなぜ、津波を軽視したのか。なぜ、耐震設計と過酷事故対策は結びつかなかったのか。地震が多発する日本列島に多くの原発建設が建設されたルーツと科学や人間の限界をたどりつつ、後手後手にまわる地震対策のあり方を問い直す。

  • 社会・メディア
    朝日新聞社

    〈耕論〉裁判員に守秘義務は必要か

    • 発行日2011年08月12日
    • 著者山口栄二、山本亮介
    • 出版社朝日新聞社
    • 出版媒体朝日新聞

    裁判員制度がスタートして2年。日本弁護士連合会が「裁判員の守秘義務を緩和すべきだ」と法務省に提言した。守秘義務は本当に必要なのか。それぞれの立場から論じてもらった。[掲載]朝日新聞

このページのトップに戻る