WEB新アクセスランキング

(前日分を集計)

朝日新聞

整備新幹線はこの先どうなるのか FGTから並行在来線まで
北海道(青森市―札幌市)、東北(盛岡市―青森市)、北陸(東京都―大阪市)、九州(福岡市―鹿児島市、福岡市―長崎市)の5線は「整備新幹線」と呼ばれる。整備新幹線は大都市と地方都市を結ぶため、巨額投資に見合う経済効果への疑問、公共事業への納税者の厳しい目もあり、着工はゆっくり進んだ。だが、近年、風向きが変わりつつある。東日本大震災後、災害対策に役立つ公共事業の再評価が進む中、再び国の積極姿勢が目立つようになってきた。果たして、これ以上の新幹線整備に問題はないのか? 地方創生、並行在来線、フリーゲージトレイン、着工基準など、整備新幹線のしくみや課題を読み解きます。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年01月19日
  • 価格216円(税込)
  • 政治・国際
  • 商品を読む
  • 購読する

AERA

邦画を復活させた五つの決断 映画は職人芸からビジネスへ
日本映画が絶好調だ。アニメやTVドラマがらみの作品も多いとはいえ、30年に及ぶ「どん底」を抜け出したのは間違いない。背景には、良くも悪くも監督らの「個人の思い」が強かったのを改め、他の産業と同様に「プロデュース」や「マーケティング」を重視したことがあるようだ。そして、小さな「決断」を積み重ねた末の五つの大きな決断があった。しかし、まだまだ課題も多い。日本映画の最先端を見た。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年01月19日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

なぜ拒むの?女は答えを探した セックスレスの肖像〜つないだ手は
「結婚すればセックスレスじゃなくなると言ったけど、何も変わらないじゃない」「お前って頭の中はそればっかりだな。そんなにいうなら外ですればいい」。寝室に駆け込んだ。ベッドの上で涙があふれた。新婚3カ月目だった――。愛し合って結ばれたはずなのに、なぜ「レス」になってしまうのか。人にはなかなか言いづらい夫婦の事情をうかがってみました。若者、高齢者などを主人公に「性を通して変容する家族」を描いた長期シリーズ「つないだ手は」の一編を電子書籍化(2001年7月紙面掲載)。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年01月12日
  • 価格216円(税込)
  • 世相・風俗
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

「死ぬまでセックス」は勘弁してほしい 男性誌の見出し・女性の見方
男性誌の広告を飾る「死ぬまでセックス」「死ぬほどセックス」といった見出し、どう思いますか? 男性誌の性愛特集について、女性読者に話し合ってもらいました。一方で、女性の悩みに寄り添い、創刊100年を迎えた雑誌「婦人公論」の性愛体験手記は、なぜ広範囲な世代の支持を集めるのかについても考えてみます。2016年の恋愛、性愛を振り返る読者からの投稿を紹介する「私の恋愛事件簿」とあわせ、人気連載「女子組 オトナの保健室」の最新記事を電子書籍化しました。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2016年12月28日
  • 価格216円(税込)
  • 世相・風俗
  • 商品を読む
  • 購読する

AERA

汗と涙のダイエット50年史 惨敗の歴史は繰り返す
美容健康器「スタイリー」、紅茶キノコ、ぶら下がり健康器、美白ブーム、エアロビ、ビリーズブートキャンプ、ベストセラー「いつまでもデブと思うなよ」「タニタの社員食堂」…。減量やスタイルの良さ、美容・健康を求める潮流は、寄せては返す波のように何度も現れる。同じことの繰り返し? でも、やせたい。失敗を繰り返しながらも、我々は少しずつ賢くなっている―と信じたい。最新のダイエット・健康情報を紹介する。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年01月12日
  • 価格216円(税込)
  • 医療・健康
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

日本人の働き方は変わるのか? 安倍政権「働き方改革実現会議」を読む
過労自殺や過労死、非正社員らの貧困、介護離職……。私たちの働き方をめぐる様々な問題が深刻になるなか、安倍政権は「働き方改革実現会議」を2016年9月に立ち上げました。政権は私たちの働き方をどう変えようとしているのか。11の視点から深掘りしてみました。[掲載]朝日新聞
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年01月12日
  • 価格216円(税込)
  • 経済・雇用
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

日本会議をたどって〔2〕 建国記念、教科書、女系天皇を経て現在まで
安倍政権を支える有力な政権基盤の一つとなった「日本会議」の、源流をたどる連載第二弾。今回は、建国記念の日の式典、歴史教科書運動、教育基本法改正、そして陣営の意見が分かれた女系天皇問題について取り上げます。[掲載]朝日新聞
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年01月12日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア
  • 商品を読む
  • 購読する

週刊朝日

がん対策、できている県・いない県 主要がん47都道府県ランキング
胃・肺・大腸・子宮・乳の主要がんについて、47都道府県の対策ランキング・ベスト10、ワースト10をまとめた。死亡率と検診(精検)受診率から算出したもので、たとえば受診率が高くて死亡率が低ければ対策が功を奏しているのだろう……といった推測による。検診は都道府県でなく市区町村単位で実施していたり、そもそもがんの発生率に地域差があったりと、ランキングの見方には要注意な点もあるが、上位に入っている宮城県には「がん検診の父」と言われる医師がいたりなど、それなりの合理性もある。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年01月12日
  • 価格216円(税込)
  • 医療・健康
  • 商品を読む
  • 購読する

週刊朝日

今や東大は中国人だらけ 爆買いの次は爆留学?
中国人観光客の「爆買い」はもはや過去の話になりつつある。今の潮流は「爆留学」や「爆就職」。低成長・デフレ基調・人口減と元気のない日本だが、なぜかアメリカより日本をめざす中国人が増えているらしい。今や東京大学の留学生数の圧倒的1位、半数近くは中国からだ。「中国人エリートは日本をめざす」(中公新書ラクレ)などの著書があるジャーナリスト・中島恵が実情を探った。(本文・中島恵)
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年01月05日
  • 価格216円(税込)
  • 教育・子育て
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

お父さん女つくって逃げちゃった 娘は父をどう見ているか〜シリーズ家族
「お父さんの話? 私いないからできない。中ニのとき、女つくって逃げちゃった」――。人生で一番多感な時期を過ごす10代の女子は、「父親」をどう見ているのでしょうか。15歳から19歳までの10人の少女に聞いてみました。その答えは――。1997年の新聞連載「父さんは何してる シリーズ家族」を電子書籍化。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年01月19日
  • 価格216円(税込)
  • 教育・子育て
  • 商品を読む
  • 購読する

このページのトップに戻る