WEB新アクセスランキング

(前日分を集計)

AERA

東芝社長の赤い絨毯 社員とOBの愛と憎しみ
就任直後の社長が事業所に来た日に敷かれた、専用の真っ赤な絨毯(じゅうたん)。あれが何かの始まりだったのか――。経団連トップを二度も輩出した名門企業・東芝。沈まぬはずの「電機の巨艦」が、1兆円超の巨額損失の渦にのみ込まれようとしている。原因は原発事業の失敗。世界に冠たる名門企業で一体何が起こったのか。社員や関係者は、何を見て、どう感じていたのか。総力取材した。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年04月20日
  • 価格216円(税込)
  • 経済・雇用
  • 商品を読む
  • 購読する

週刊朝日

安倍昭恵「主犯説」が浮上 目に余る公私混同?
森友学園をめぐる問題で安倍昭恵・首相夫人に注目が集まっている。同学園の小学校新設に条件付き認可適当の答申をした大阪府の審議会の会長と夫人は面識があったことが判明。経産省出身の夫人付職員は最近、居場所が良くわからないとも言われ、夫人が自民党候補の選挙応援に行った時に夫人付職員が同行したのはおかしいという指摘や、職員の交通費は昭恵夫人がその都度払っているなどという説明は本当なのか、と疑問視する声もある。背景にあるのは、公務員をまるで個人的な召使のように使う昭恵夫人の姿勢だ。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年04月20日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

生きづらい人間は革命家になるしかない 人生を変えた「一語一会」
「毛沢東だって最初は無名、無一文だった。生きづらい人間は、革命家になるしかないんだ」――。リストカットを繰り返していた作家、雨宮処凛さんの生き方を変えたのは、師とあおぐ故・見沢知廉さんのこの一言だった……。一つの言葉が人生を、歴史を変えてしまうことがある。そんな「言葉」のちからを感じさせる体験を、5人の方々に語っていただきました。朝日新聞beの人気連載「一語一会」から収録。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年04月20日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

「バイバイ」笑顔の子、橋から落とした 虐待で奪われる子供たちの未来
「この子がいなくなるしかない」。午後10時過ぎ、娘を両腕に抱いて橋の欄干に立たせた。娘はにこっと笑い、「バイバイ」。手を離し、車まで走った。翌日、遺体が見つかった。3歳の誕生日を迎えたばかりだった――。全国の児童相談所が児童虐待を認知する件数は年約9万件。その背後には、何があるのか。奪われた小さな命を、救う手立てはなかったのか? 児童虐待の現状を追う連載「小さないのち 奪われる未来」を電子書籍化しました。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2016年10月27日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

悪女になったお嬢さま 都会の夜の男と女
「ワンモア」。東京・六本木で通勤中に米軍の黒人男性を見かけた30代前半の女性社員。一カ月後には食事をし、一夜を共にした。長崎で育ち、キリスト教系の女子校に進んだ「お嬢さま」だったが、そんな自分が嫌だった。別の20代の女性は、初めて一夜を過ごした男性に「相当遊んだな」と言われ、男が怖くなった。「悪女」と言われた女性たちには、さまざまな顔があった。夫との関係が冷え切っている50代の妻、新幹線に乗って東京のパーティーに参加する東北の女性ら数人を取り上げる。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2016年12月01日
  • 価格216円(税込)
  • 世相・風俗
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

ニトリはなぜ強いのか 家具のユニクロ・圧倒的な収益力
1972年秋、その家具店は売上が大幅に減少、倒産の危機に立たされていた。転機になったのは米国視察。メーカーや問屋主導で商品が開発されていた日本と違って、消費者のニーズを敏感に感じ取る小売が主導権を握って商品を作り出す米国市場。価格も日本と比べて安い。その光景を目の当たりにした経営者は、それまでの家具業界の常識を覆すチェーンストアづくりに乗り出した――。北海道に発し、一代で全国チェーンを築き上げた「ニトリ」成功の秘密を、2016年末のレポートと07年の社長インタビューで探ります。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年03月30日
  • 価格216円(税込)
  • 経済・雇用
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

ある日突然、足が動かなくなった ギラン・バレー症候群と戦う
「風邪でも引いたかな」。だがその数日後、全く違う異変が起きた。歩こうとすると、足先が重い。初めての感覚だった――。ギラン・バレー症候群は、筋肉を動かす末梢(まっしょう)神経(運動神経)に障害が起きて手足などが動かなくなる病気だ。人口10万人当たり年間1人程度が発症すると推測され、年齢に関係なく発症する可能性がある。実際の患者の例を元に、予防法や治療法を紹介する。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2016年09月01日
  • 価格216円(税込)
  • 医療・健康
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

夫が亡くなったら、妻は何をするべきか 遺産相続「3つの締め切り」
夫(妻)が亡くなったら、まず何をどうすべきか、ご存知でしょうか? 預貯金の名義変更などの手続きを、どう進めたらいいのでしょう。その心構えやポイントについて、5つに分けてノウハウを伝授します。[掲載]朝日新聞
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2016年05月12日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

老いる巨龍 年50万人が行方不明の中国高齢化社会
経済発展の道をひたすら走り、負担となる人口の抑制を厳しく行ってきた大国・中国が、その道のりの必然の結果とも言える「国の老い」を迎えつつあります。その渦中で起きている事件を通して、少子高齢化の大波に翻弄(ほんろう)される社会と人々の姿を伝えます。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年04月20日
  • 価格216円(税込)
  • 政治・国際
  • 商品を読む
  • 購読する

週刊朝日

時代は転職バブル 働き方改革で会社も変わる
新年度が始まると転職市場が盛り上がる。リーマンショックで落ち込んだ求人はその後回復、今や「空前の売り手市場」だ。民間調査によると、人気企業の第1位はグーグル、2位はトヨタ自動車。転職にあたっては、キャリアアップより家庭や子育ての環境を重視する傾向がある。ペットと一緒に出勤できたり、「サッカー休暇」があったり、社員への「やさしさ」を重視する会社も増えた。「働き方の多様化」「ワーク・ライフ・バランス」などと言われて久しいが、それは働く側だけでなく企業にも影響を与えている。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年04月20日
  • 価格216円(税込)
  • 経済・雇用
  • 商品を読む
  • 購読する

このページのトップに戻る