WEB新アクセスランキング

(前日分を集計)

朝日新聞

クレプトマニア 万引きがやめられない人々
「頭では取ったらいかん、取ったらいかん、と思うけど、体が動く。頭と体が違う感じになって」――。衝動を抑えられずに万引きなどの窃盗を繰り返す「クレプトマニア」(窃盗症)と呼ばれる精神疾患がある。群馬県渋川市の赤城高原ホスピタルは、その治療の先駆的な病院として全国的に知られている。再犯は防げるのか。病院の取り組みなどから考える。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年09月21日
  • 価格108円(税込)
  • 医療・健康

AERA

お化けマンション大量発生 タダでも売れない老化マンションの深刻最前線
住居も住人も老化、管理人は管理費を持ち逃げ、修繕や管理もいい加減なそのマンションは、近所でも「お化けマンション」として有名だった――。日本にマンションが誕生して60年以上。今も年に10万戸ずつ増えている。だが一方で、居住者の高齢化や運営管理への無関心などにより、荒廃するマンションが急増している。何が起きているのか。防ぐ方法はあるのか。都心部の老朽化マンション、タダでも売れないリゾートマンションの実態、逆に組合を立て直し、荒廃を食い止めた事例をレポートする。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年06月01日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア

週刊朝日

婚約した眞子さまのユニクロ愛 ひと味違う着こなし
秋篠宮家の長女眞子さまと、大学時代の同級生・小室圭さんが婚約を正式に発表し、列島はお祝いムードに包まれている。眞子さまのファッションは富裕層に愛される「レリアン」のブランドが多いが、プライベートではユニクロも着こなす。ただ、着こなし方はさすがだという。一方の小室さん。ファッションデザイナーのドン小西さんは、スーツのボタンを下まで留める姿に「まじめで几帳面な性格が伝わる」としつつ、髪形には辛口の評価だ。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年09月14日
  • 価格108円(税込)
  • 文化・芸能

週刊朝日

あの健康器具は健康に悪い 通販「個人の感想です」のワナ
健康づくりの器具が売れている。だが、要注意。「使ったらやけどをした」「骨折した」などの苦情が少なくないのだ。器具の多くは法的には「雑品」で、大っぴらに効果・効能をうたうことが許されない。そのためか、宣伝では「個人の感想です」と断りながら体験談を紹介し、実質的に効果・効能をイメージさせることがあるが、規制は強化される方向にある。これらの器具でけがをした場合、消費者は製造物責任法(PL法)などで争う方法もある。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年09月21日
  • 価格108円(税込)
  • 医療・健康

朝日新聞

2021年、大学入試はこう変わる 大学入学共通テストを理解する4章
大学入試が大きく変わります。現行の大学入試センター試験に代わって、2020年度(現在の中3が高3のとき)から「大学入学共通テスト」が始まり、マークシート式の問題に記述式が加わります。また、英語は「読む・聞く」に「話す・書く」を加えた四つの技能が評価されます。なぜ、制度は変わるのか。変更点と実施までの課題は何か。全4章で紹介します。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年09月21日
  • 価格108円(税込)
  • 教育・子育て

朝日新聞

1万円のリゾートマンション 負動産の街・越後湯沢を歩く
新潟県・湯沢町は、全国のリゾートマンション(リゾマン)の2割近くが林立する集中地区。多くはバブル期に建てられ、大浴場やカラオケルーム、プールなどもある豪華物件です。しかし、バブル崩壊後にはマンション価格が大きく下落、「負動産」とも揶揄(やゆ)されました。いまどうなっているのでしょうか。今後都市部で起きる問題を先取りしているとも言えるリゾマンの現状を探ってみました。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年02月16日
  • 価格216円(税込)
  • 経済・雇用

AERA

あなたの身近な炎上人 感情決壊はなぜ起きるのか?
「炎上」という言葉がこれほどまでに一般化したのは、いつの頃からだろうか。人間関係にトラブルはつきものだが、ネットの普及で、発言のミスや、思惑のすれ違い、個人や集団間のいさかいがあっという間に世界中に広がり、収集がつかなることが多くなった。それを見る方も、SNS上で怒りを増幅させる。怒りが怒りを呼ぶ、悪循環をストップする方法はあるのか。会社、社会、ネット、ご近所、政治、家庭……などなど、さまざまな場面で起こる「感情決壊」を防ぐ方法を考えてみた。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年09月21日
  • 価格108円(税込)
  • 社会・メディア

週刊朝日

熟年離婚、実例で見る対処法 妻はあれを覚えている
「カーテンを替えようか」。長年連れ添った夫婦。夫の提案に妻は思わず腹を立ててしまう。20年前に自分の提案が無視されたことを思い出し、何を今さら、と思ってしまうのだ。自分の浮気を妻は許してくれた、などと思いこむのは夫の一人よがり。妻が完全に許しているわけがない。熟年離婚が珍しくない時代だが、離婚したい側のほとんどは妻、回避したい側のほとんどは夫らしい。夫側の「熟年離婚・危険度チェックシート」と合わせ、夫婦関係を修復する方法などを探った。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年09月07日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア

週刊朝日

僧侶残酷物語 年収3万円・副業に飛び回る住職・朽ち果てた寺…
関東地方のある住職は、昼間はあまり寺にいない。生活のため清掃のアルバイトに出かけているからだ。ひそかに袈裟を着替え、他宗派のお経を勉強して法要をしたこともある。一般にはあまり知られていないが、経済的に厳しい僧侶が珍しくない。人口減や地方の過疎化、寺と檀家の関係が変わったことなどが背景にあるようだが、寺が一種の「既得権益」と化して社会の変化についていけてないのではないか、との指摘もある。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年07月13日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア

AERA

実は別世界・東日本と西日本 こんなに違うものなのか
「マクドナルドの略は『マクド』やろ」。電子ニュースの見出しで「マクドナルド」を「マック」と略すと、西日本のユーザーから文句が来たりする。最もポピュラーな肉は豚肉、出汁はカツオ、ネギと言えば白いネギ……。実はこれ、東日本の常識に過ぎない。味覚だけではない。名字その他、東西で大きな違いがあるものは少なくない。血縁的なつながりが強い東、地縁的なつながりが強い西、といった研究もある。人気スナック菓子「カール」はなぜ東日本だけで販売停止なのか? 西日本では売れ続けているのか? そもそも東西の境界線はどのあたりなのか? いろいろ調べてみた。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年08月31日
  • 価格216円(税込)
  • 文化・芸能

このページのトップに戻る