WEB新アクセスランキング

(前日分を集計)

朝日新聞

圏央道で遺跡がザクザク 埼玉にはこんなにある
首都圏を環状に結ぶ首都圏中央連絡自動車道(圏央道)。首都高速の都心環状線や中央環状線などよりずっと外側、横浜市から千葉県木更津市までを結ぶ総延長約300キロの高速道路だ。埼玉県内には1万カ所以上の遺跡があり、盛んに発掘調査が行われているが、圏央道の予定地から見つかる例も目立っている。その現場を歩いた。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2018年01月18日
  • 価格108円(税込)
  • 文化・芸能

AERA

お化けマンション大量発生 タダでも売れない老化マンションの深刻最前線
住居も住人も老化、管理人は管理費を持ち逃げ、修繕や管理もいい加減なそのマンションは、近所でも「お化けマンション」として有名だった――。日本にマンションが誕生して60年以上。今も年に10万戸ずつ増えている。だが一方で、居住者の高齢化や運営管理への無関心などにより、荒廃するマンションが急増している。何が起きているのか。防ぐ方法はあるのか。都心部の老朽化マンション、タダでも売れないリゾートマンションの実態、逆に組合を立て直し、荒廃を食い止めた事例をレポートする。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年06月01日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア

AERA

2018年はこれが来る! ネクストブレイクを徹底調査
AIによる人間拡張、地域通貨、自動運転、ライドシェアやパーソナルモビリティー……。技術の進化が、今までも想像もしなかったような未来を切り開こうとしています。2018年の日本は、世界はどうなるのか。大胆に予測しました。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2018年01月18日
  • 価格108円(税込)
  • 科学・環境

朝日新聞

オバマ大統領と天声人語 天声人語傑作選〔2〕
アフリカ系初のアメリカ大統領、バラク・オバマを、天声人語はどのように見守ったのでしょうか? 2008年の大統領選挙から、大統領就任、歴史的な広島訪問、そして退任後の動向まで、天声人語のオバマ関連コラムを集めました。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2018年01月18日
  • 価格108円(税込)
  • 文化・芸能

朝日新聞

報告・パラダイス文書〔2〕 アフリカに見る収奪の実態
アフリカで鉛の採掘を進める欧州の巨大商社。その鉱山で働いていた地元の男性は、時給90円以下だった。一方、同社が英領バミューダ諸島の法律事務所に支払う手数料は時給換算で8万円超。同社のためにバミューダ諸島に用意された部屋には誰もいないが、書類上は膨大な利益を上げたことになっている。同諸島などタックスヘイブン(租税回避地)の実態に迫るシリーズ第2部は、多国籍企業の税逃れでしわ寄せが及ぶアフリカの実情を現地から報告する。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2018年01月18日
  • 価格108円(税込)
  • 社会・メディア

朝日新聞

1万円のリゾートマンション 負動産の街・越後湯沢を歩く
新潟県・湯沢町は、全国のリゾートマンション(リゾマン)の2割近くが林立する集中地区。多くはバブル期に建てられ、大浴場やカラオケルーム、プールなどもある豪華物件です。しかし、バブル崩壊後にはマンション価格が大きく下落、「負動産」とも揶揄(やゆ)されました。いまどうなっているのでしょうか。今後都市部で起きる問題を先取りしているとも言えるリゾマンの現状を探ってみました。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年02月16日
  • 価格216円(税込)
  • 経済・雇用

週刊朝日

次に消えそうな大学はここだ 定員70%割れが続く私大名を公開
少子高齢化で18歳人口は減る傾向にある。一方で大学の数は増える傾向にある。消える大学が出るのは必然とも言え、すでに再編の動きが出ている。大学を誘致したい地方の自治体と、経営を安定させたい大学側の思惑が一致した「公立化」の動きも顕著だ。ただ、財政健全化や学問の独立性などの観点から疑問視する声もある。大学経営にいま何が起きているのか、これから何が起きるのか、まとめてみた。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年11月02日
  • 価格216円(税込)
  • 教育・子育て

週刊朝日

男の「朝立ち」入門講座 熟年女性の性リトライも
「『朝立ち』なんてなくて当たり前。もうトシだし」。そう思っている男性も多いかも知れないが、大きな間違い。年齢を重ねても朝立ちは重要だし、復活させる方法もある。「朝立ち」についてコラムニストの石原壮一郎がリポートする。これとは別に、還暦前後(アラ還=アラウンド還暦)の女性が、夫やそれ以外の男性と愛を深める姿も見た。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年08月03日
  • 価格216円(税込)
  • 世相・風俗

朝日新聞

中古マンションはなぜお得なのか? Q&Aで徹底チェック
新築マンションの高騰がこれほど話題になると、比較的求めやすい中古マンションに目を向ける人も多いことでしょう。ただ、山ほどある物件の中から、何を基準に、どう選んだらいいのか。最低限押さえたい点を4章で解説します。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年11月16日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア

朝日新聞

負かした力士に手をさしのべなかった北の湖 「屈辱だよ」
大相撲で「憎らしいほど強い」とまで言われた元横綱北の湖(前理事長・故人)。負けた力士に手を差しのべないことでも知られた。「屈辱だよ。負けて手を借りたい力士なんていない」。その理由を本人は後年、こう話した。大相撲をめぐるさまざまな話を紹介する「角界余話」。今回は北の湖のほか、体重288キロを記録したロシア出身の大露羅(おおろら)、絶品と言われる国技館の枝豆、力士の日焼け対策などいろいろな話題を取り上げる。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年10月19日
  • 価格216円(税込)
  • スポーツ

このページのトップに戻る