WEB新アクセスランキング

(前日分を集計)

AERA

トランプ英語に学ぶ 脱「惜しい」英語
真剣に英語を勉強したのは高校、大学時代まで。以後はその蓄積でなんとなく英語を話してきた。そんな人に多いのが「惜しい」英語。意図した内容とは異なる意味で受け取られている可能性がある。「単語選び」「あいづち」「発声」、そして、トランプ大統領の演説から、ちょっとしたコツを学んでみよう。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年02月16日
  • 価格216円(税込)
  • 教育・子育て
  • 商品を読む
  • 購読する

週刊朝日

早稲田は文科省の出先機関か 怒り狂う大学関係者
文部科学省のOBが早稲田大学に天下り(再就職)していたことが発覚した。ありがちな話のようにも聞こえるが、「在野精神」を校風とする学校だけに、大学関係者に激しい怒りと衝撃が広がっている。少子化で大学間の競争は厳しく、一方で私学助成金は巨額。学生の人気が高い早稲田も、その例外ではなかったということか。他の省庁に比べ天下り先が少ないなど、文科省特有の事情も背景にあるようだ。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年02月16日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

1万円のリゾートマンション 負動産の街・越後湯沢を歩く
新潟県・湯沢町は、全国のリゾートマンション(リゾマン)の2割近くが林立する集中地区。多くはバブル期に建てられ、大浴場やカラオケルーム、プールなどもある豪華物件です。しかし、バブル崩壊後にはマンション価格が大きく下落、「負動産」とも揶揄(やゆ)されました。いまどうなっているのでしょうか。今後都市部で起きる問題を先取りしているとも言えるリゾマンの現状を探ってみました。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年02月16日
  • 価格216円(税込)
  • 経済・雇用
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

夫婦の限界 不妊・中絶・離婚…耐えられなかった二人の言い分
助手席に座った夫に、妊娠を打ち明けた。「おれの子か」「あなたの子じゃなかったらだれの子よ」。夫の運転で産院に行き、3回めの中絶をした。「お願いだから、もう解放してください」。結婚19年目だった――。不妊、中絶、育児の悩み。さまざまな理由から危機に陥った3組の夫婦を別々に取材、お互いの言い分を聞きました。2002年連載「つないだ手は 夫婦になって 不妊/離婚/再婚」の電子書籍化。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年02月16日
  • 価格216円(税込)
  • 世相・風俗
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

なんとなくシングル 彼女が結婚しない理由
「あなた、遊ばれてるのよ。いつか捨てられるってことがわからないの」。電話口で母親のかん高い声が響いた。あまりの言葉に涙が止まらなかった――。結婚ってなんだろう、家庭ってなんだろう、子供を産み育てるってなんだろう、幸せってなんだろう。恋愛、不倫、同棲、浮気、離婚、見合い、女性だけの共同生活、男と女の友情、マンション購入、セカンドシングル、シングルマザーなどをテーマに、自分らしい生き方を求めて模索するシングル女性たちを描いて大きな話題を呼んだ、1993年の連載「なんとなくシングル」を電子書籍化しました。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年02月02日
  • 価格216円(税込)
  • 世相・風俗
  • 商品を読む
  • 購読する

週刊朝日

俺たちに老後はない 死ぬまで現役という悪夢
何歳から「老人」か。江戸時代は40代、昭和の高度成長期は50代、最近では「65歳」が一つの目安だったが、これを「75歳」に引き上げる案が出ている。寿命が伸びるのはとりあえずいいことには違いないが、「生涯現役」は本当に幸せなのか。「老後」はますます遠のく。年を取ったら隠居して日々是好日……などというのはもはや夢物語なのだろうか。
  • 出版社朝日新聞出版
  • 発行日2017年02月09日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

「バイバイ」笑顔の子、橋から落とした 虐待で奪われる子供たちの未来
「この子がいなくなるしかない」。午後10時過ぎ、娘を両腕に抱いて橋の欄干に立たせた。娘はにこっと笑い、「バイバイ」。手を離し、車まで走った。翌日、遺体が見つかった。3歳の誕生日を迎えたばかりだった――。全国の児童相談所が児童虐待を認知する件数は年約9万件。その背後には、何があるのか。奪われた小さな命を、救う手立てはなかったのか? 児童虐待の現状を追う連載「小さないのち 奪われる未来」を電子書籍化しました。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2016年10月27日
  • 価格216円(税込)
  • 社会・メディア
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

時代はシェアリング・エコノミー 資本主義が変質してきた?
かつて自宅に「百科事典」をそろえるのがステータスだった。それが小さなチップに入るようになり、やがてクラウドになって、必要な時に回線を通じて調べるようになった。その情報も、プロが報酬をもらって書くのではなく、その分野に詳しい人が無償で提供する。クルマも、高級車に1人で乗るのは無駄で格好が悪く、みんなで「シェア」する。能力に応じて提供し、必要に応じて分配を受ける時代。提供した分に応じて分配を受けるのが資本主義の正義だったのだが……。「民泊」や「カーシェアリング」以外にもいろいろある「シェア」の最前線を見た。[掲載]朝日新聞
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年02月16日
  • 価格216円(税込)
  • 経済・雇用
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

帯状疱疹は疲れた時に 体内に潜む水ぼうそうウイルス
水ぼうそうのウイルスは、治った後も体内に潜んでおり、ストレスや疲れ、加齢などで免疫力が低下すると、ウイルスが再び活性化、皮膚に発疹や水ぶくれの症状をもたらす。水ぼうそうにかかった人は、誰でも帯状疱疹を発症する可能性があるのだ。強い痛みを放置しておくと、神経が傷つき、慢性的な痛みが残ることも。左腰にチクチクとした痛みを感じた46歳男性の体験をもとに、対処法などを紹介する。
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年02月09日
  • 価格216円(税込)
  • 医療・健康
  • 商品を読む
  • 購読する

朝日新聞

学校農園で働いて貧困脱出 子ども支援、米国のまちから
米国南部アラバマ州の高校。放課後、敷地内の畑で生徒たちが農作業に励む。普通の課外活動と違うのは、時給が10ドル支払われることだ。運営するNPOは、小学校とも連携し、子どもらが育て、収穫した野菜を近隣の住民らに販売する。子どもたちは活動に参加することで、自信をつけ、自己肯定感が高まるという。カフェの運営、病院やコミュニティーセンターなどで働く職業プログラム……「大切なのは賃金が支払われること」だ。試行錯誤する米国NPOの取り組みをリポートする。[掲載]朝日新聞
  • 出版社朝日新聞社
  • 発行日2017年02月16日
  • 価格216円(税込)
  • 教育・子育て
  • 商品を読む
  • 購読する

このページのトップに戻る