マイコンテンツ
朝日新聞 天声人語・社説

ここから本文エリア

【朝日新聞 天声人語・社説】

「朝日新聞 天声人語・社説」サービス終了のお知らせ

朝日新聞デジタルselectベーシックパックを購読中の方、天声人語・社説を購読されている方は、ログインするだけでご利用いただけます。

ログインする

朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら
社説
詳細をみる
04/02Up!
平成から令和 一人一人が時代を創る
 新天皇の即位まであと1カ月となったきのう、新たな元号が「令和(れいわ)」に決まった。元号はこれまで中国の古典を典拠としてきたが、初めて国書の「万葉…………
04/02Up!
景気息切れ 急変への備えはあるか
 景気の息切れがはっきりしてきた。政府・日銀は予断を持たずに経済動向を見極め、可能な対応策を熟慮すべきだ。  昨日発表された日本銀行の全国企業短期経…………
04/01Up!
20代と考える財政 いびつな足し算から卒業を
 いま20代の人たちが働き盛りとなるころ、国の予算はどのような姿になっているのか。  内閣府が現行の制度を基にはじいた試算では、65歳以上の高齢者の…………
天声人語
詳細をみる
04/02Up!
奈良時代から来た元号
 〈なかなかに人とあらずは酒壺(つぼ)に成りにてしかも酒に染みなむ〉。いっそ人間をやめ、ずっと酒に浸れる酒壺になりたい。突拍子もない願望を歌にした人…………
04/01Up!
開けクマノザクラ
 「ここ一帯では毎春、ヤマザクラが2度咲く。最初は紅色の花、次は白い花」。紀伊半島の南端に近い和歌山県古座川(こざがわ)町では、古くからそう語り継が…………
03/31Up!
元号熱
 だれもが幸せに健康にと願いをこめた「幸健」。被災地の復興を祈る「福光」。福岡県大野城市の公共施設「心のふるさと館」ではいま、来館者が投じた元号案を…………
ひと
詳細をみる
03/29Up!
アートトイで世界に挑む 大久保博人さん
 デザイナーや芸術家がアートとして考案したフィギュア「アートトイ」。滋賀県長浜市を拠点に、作品を世界に送り出している。  2017年にはニューヨーク…………
03/28Up!
大相撲の大関に昇進した 貴景勝光信さん
 幕内最年少で大関の座をつかんだ。普段は強心臓だが、伝達式の前は緊張で汗だくに。重圧から解放されると、「おいしいご飯が食べたい」。土俵では見せない笑…………
03/27Up!
第五福竜丸の映画をつくった米国人監督 キース・レイミンクさん
 第五福竜丸がテーマの映画「西から昇った太陽」を5年かけて完成させた。  1954年、ビキニ環礁で操業中だったマグロ漁船の乗組員23人が米国の水爆実…………