マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (5)俳優以外やらせちゃだめだと思います。絶対に!!

2016年8月31日更新
写真:河原雅彦=岩村美佳撮影 河原雅彦=岩村美佳撮影

――歌も芝居も大変そうですが、見る側からはそこはそのまま本番への期待や楽しみにつながります(笑)。では、ここからはおふたりの魅力に話題を移しましょう。まずは河原さんが感じる“俳優・橋本さとし”の魅力とは。

河原:あのね、大好きです。簡単に言っちゃいましたが、これまでお仕事させていただいた男優さんの中で好きな方は結構いますが、その中でもかなり大好きです(笑)。

 これまでにも何度か一緒にお仕事させていただいていますが、今回はとりわけ密度が濃く、歌稽古からさとしさんのヴィンセントの作り方を拝見していますが、改めて素晴らしい俳優だと思います。俳優以外やらせちゃだめだと思います。本当に俳優以外、絶対に!!これは大変なことですよ。

――河原さんから見て感じた素晴らしさ、具体的には。

河原:まず、俳優としての繊細な作業をこんなにきちんとされる方だと思わなかったんです(笑)。

橋本:おいおい!!

河原:さとしさんって、野性的だと言われていますが、芝居の作り方はすごく緻密(ちみつ)です。もしかしたらご自身ではそう思っていないかもしれないけれど。

 あとは、これも言葉にすると簡単なことですが、“華”があるんです。こればっかりはどうしようもないですね。表現者、舞台に立とうとする人たちは、いくらか華のある人たちが集まっていると思うんですが、その中でもさとしさんはすごい。たぶん、部族が見ても!

橋本:部族って……、どの部族や!

河原:つまり、たとえば韓国人が見ても、アメリカ人が見ても、部族の方が見てもってこと。

橋本:全然そういうもの(エンタメ)を見たことがない人が見てもってこと?!それで部族か。

河原:僕のなかでの“華”ってそういうものなんです。日本人が見ていいと思う、それを超えている人こそ“華”がある人なんです。さとしさんは、その“華”をもっているから本当にステキだと思います。

戻る 続きを読む