マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (2)ハードでしたねえ。今なら無理。お断りします(笑)

2016年9月26日更新
写真:凰稀かなめ=岸隆子撮影 凰稀かなめ=岸隆子撮影

――宝塚を退団して1年半、女子生活には慣れましたか?

 それが、宝塚時代からあまり変わりがないというか……。こういう爪であったり、靴がヒールだったりとか、ちょっとしたことが違うだけで、普段の生活はあんまり変化していないかもしれません。ただ、よく眠れるようになりました。睡眠時間は大きいですね。自分の時間が持てるようになったのも、かなり大きいです。

――いつもすてきなネイルにされていますが、今日のテーマはなんですか?

 9月に入ったので、秋色にしてみました。こういうのもやっと楽しめるようになったんです。宝塚時代は深爪になるくらいまで切っていたので、伸ばすところから大変で、最初はものをつかむのもぎこちなかったのですが、ようやく慣れてきました。でも爪が伸びるのは大丈夫でも、髪の毛はガマンできないんですよ。

――そういえばごく最近までボブでしたよね。

 そうなんです。今回のお稽古でも長い前髪をおでこで結わいてパイナップルみたいにしてたんですけど、もう限界。「いやー! 耐えられない!」と、先週、切りました(笑)。伸びるのにガマンできなくて、たぶん一生、ロングヘアは無理……です。

――じゃあ、凰稀さんの髪が肩を超えたとき、また一つ何かを乗り越えたって証拠になりますか。

 長いと洗うのも大変じゃないですか。だって今なら、シャンプーをワンプッシュして、ガーッで終わりですよ。だからロングは無理です……が、挑戦はしますね。

――ちょっと想像してた以上に男前です(笑)。食生活の変化はありましたか?

 宝塚時代に比べて動かなくなったので、なるべくバランスの取れた食事にして、取りすぎないようにしています。今は食べたら食べた以上に太っちゃいますからね。

――太る体質だなんて、なんだか意外です。

 そうなんです。めちゃくちゃ太るんですよ。ものすごく食べるので、1週間あったら10キロとか平気で太っちゃう。だから現役中も気を付けてはいましたね。トップになると、食べる時間がなかったっていうのもありましたが、今はちゃんと食べられるようになったので、きちんとコントロールしないと。

――当時は食べたくても食べられなかったんですね。

 現役中はよくあの生活をやっていたなあと思います。忙しくて本当に時間がなかったので、公演中なんかは、朝に食べたらもう、2回公演が終わるまでは食べられなかった。せいぜいチョコレート一つとか、舞台袖へはけたときにパクッと。それくらいでしたね。

――トップ時代って精神力だけで生きていたようなものですか。

 あんなに重い衣装を着て、朝から晩まであれだけの歌とダンスとお芝居を覚えて……ハードでしたねえ。今なら無理。お断りします(笑)

――しかし、得たものも大きかったでしょう。

 そうですね。いろんなことを経験させてもらったし、感じられるようになったし。応用がきくというか、回転は速くなったなと思います。たとえば「こう決められていたけど、こう変えてしてほしい」と言われたときに、「わかりました」と素直に切り替えられる。さらに「じゃあ、こうしてはどうでしょう?」などの案も出せるようになりました。

――それがどんなむちゃぶりでも?

 むちゃぶりでも大丈夫ですよ。対応できます。

――では、今回のTETSUさんの要望にもバッチリですね。

 うーん、それはこたえられているのかどうかわかんないです、今は必死すぎて(笑)

戻る 続きを読む